garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

明太子 パスタ VS うどん

なんてことかしら。

二日続けて朝食に明太子を使ってしまいました。

8/3 左は明太子スパゲティー   8/4 右はうどんに明太子

f:id:garadanikki:20180901165030j:plain f:id:garadanikki:20180901165033j:plain

 

明太子パスタの方には、タイムをたっぷりかけてみました。

明太子にタイム、なかなか合うのに驚いた。

f:id:garadanikki:20180901165032j:plain

 

明太子うどんは、生卵をかけて混ぜて、出汁醤油で食べてみました。

f:id:garadanikki:20180901165034j:plain

一応、味が違うので誤魔化せた感はあるんだけど、

最近雑だなあと自分でも思います。

 

夜はこんな感じ

f:id:garadanikki:20180901165035j:plain

マーボ豆腐は、ひき肉ではなくバラ肉を厚めに切っていれるのが我が家流。

マーボ豆腐といえば、ご飯にかけて食べるのが美味しいけれど、

我が家の夜ご飯に白飯はないので、ひき肉ではなく厚めのバラ肉の方が食べやすいからです。

 

かぼちゃのガーリック炒め

f:id:garadanikki:20180901165037j:plain

深緑のお粉みたいなのは、パセリの粉末です。

本当は生パセリの方が美味しいんですが、買い置きがなかったので、

瓶に入った粉末パセリにしてみました。

 

どうしても食べたかったらしく、MOURI が買ってきました。

f:id:garadanikki:20180901165038j:plain

マルエツのこのヒレカツ、結構美味しいんです。

メニューのバランスがおかしいけれど、これが家庭料理っちゅうことでしょう。

もう一品キチンと緑野菜系のメニューがあるとバッチリなんですが、

本当に最近、雑さに磨きがかかりました。 

外食と缶詰の日

MOURI が《大学時代の同級生との飲み会》とのことで、ひさかたぶりの一人飯。

ちょっと気になっていたお店に行ってみることにしました。

私、ひとりご飯屋さんぜんぜん平気です。

さすがにひとり焼肉は出来ないけれど。。。

 

新宿西口にお目当ての店はありました。

f:id:garadanikki:20180831113109j:plain

このお店は つけ麺屋さんですけれど、汁なし担々麺もあるんですね。

三田製麺所 – つけ麺専門店 三田製麺所のホームページ

 

担々麺好きとしてはコレでしょう。

f:id:garadanikki:20180831113018j:plain

 

極太麺ですから、それに合うように味付けもしっかりしています。

私にはちょっと濃かったけれど。。。

辛味と痺れは選べましたが、とりあえず初回なのでノーマルにしました。

f:id:garadanikki:20180831113019j:plain

おおっ、しびれ具合がいい。

カシューナッツもアクセントとしてバッチリ。

 

カロリーを気にするようにしていたら胃が小さくなり、ラーメンやカレーうどんは久しぶり。

決して無理に我慢していたワケでもないのに、

お昼にガッツリ系の食事を摂りたくなる衝動そのものが全くなくなりました。

 

今日は、背徳の一杯ってか?

いやいや、美味しかったけれど、癖になってまた通いたくなると感じにもならないのが

不思議。

カロリーコントロール無理なく継続できそうです。

 

f:id:garadanikki:20150114111049g:plain

 

家に帰ってまったりしていたら、

予定より早めにMOURI がご帰還。

「一杯飲もうか」ということになりました。

お腹は一杯だから何かつまみっぽいものを、ということで、缶詰を出してきました。

 

これはビールに付いていた缶詰

f:id:garadanikki:20180831113020j:plain

ゆず香るチキンだそうです。

f:id:garadanikki:20180831114010j:plain

 

もうひとつは、イカのアヒージョ

f:id:garadanikki:20180831113021j:plain

こういう缶詰を食べる機会はありませんから、

面白がりました。

f:id:garadanikki:20180831113022j:plain

缶詰のイカもチキンも、柔らかい。

そういえば、サンマでもシーチキンでもサバでも、、、

缶詰料理って、普通と違う独特の柔らかさがあります。

 

そのやんわりした感じを楽しみながら

アヒージョならパンだろう

f:id:garadanikki:20180831113023j:plain

KAYANOさんお手製のパンが残っていたので、

ガーリックオイルにつけて美味しく完食。

 

たまにはこういうのもいいです。

ごちそうさまでした。

7月6日夕食に おもう

昨日《退院した話》を書きましたが、

これはそれよりさかのぼること、20日も前のメニューです。

f:id:garadanikki:20180730105004j:plain

病院食のことを

「カロリーは計算されているかもしれないが米が多く野菜が足りないと感じた」

と書きましたが、

私の方がどうかしているのだと、この写真を見て思った次第。

多すぎだわ我が家は・・・

別の日の朝食 ( 7/9 ) を見ても、どうかしているのがわかる。

f:id:garadanikki:20180730233045j:plain

色々な食材を食べるのは、そりゃ幸せなことだけれど、やはりってものがある。

作るのが好きだものから、時間があると、どんどこ どんどこ 作ってしまう。

大家族だとか、食客がいれば手伝ってもらえるでしょうが、2人家族だもの、考えものです。

今更、反省。

 

これなんかさ、何品目入ってるんだろう・・・・。

f:id:garadanikki:20180730105006j:plain

レタス、昆布、押し麦、人参、ひじき、豆などなど。

味はいつもの出汁プラス醤油をちょぴっと。

健康的かもしれないが、やり過ぎは否めない。

 

 

こちらは先日伊豆栄で食べた「ハルピンキャベツ」をイメージしたものです。

f:id:garadanikki:20180730105005j:plain

いつもの出汁にキャベツを入れ、にんにくと唐辛子を加えてひと煮立ちさせ、冷やしました。

しかし本当の「ハルピンキャベツ」とは別物です。

本物は、キャベツの葉の間にニンニクと唐辛子をすりこんで、一夜漬けるらしいです。

これ ⤴ ネットで「ハルピンキャベツ」を検索してわかったことです。

栗原はるみさんのご子息で料理研究家の栗原心平さんが紹介していらっしゃいました。

今度、作ってみます。

栗原さんちの「ハルピンキャベツ」

17:00から夕食って、やっぱりシニアの生活か。。。

《2週に1度の旬通い》というフレーズ、ブログで何回使ったことか、、というところです。

今回は週末の食卓ではありません。

2ヶ月前、主人がセミリタイアをしてから毎日ほぼ日曜日みたいな感じになり。

平日、旬に行ってきました。

そして夕餉の開始時間が早くなりました。 

 

17:10です。ほら、太陽光の夕餉でせう?

こんな時間から夕食、、、これがシニアの生活なのでしょうか。

 

メニューは、まぐろのぶつ、赤エビの刺身、わかめの酢の物、おかひじき。

f:id:garadanikki:20180830101300j:plain

赤エビは、私が食卓に着く前に剥いてくれてました。

 

これは旬の惣菜コーナーで人気の酢の物。

f:id:garadanikki:20180830101301j:plain

店自慢のタコをふんだんに使った酢の物です。

酢の加減も酸っぱ過ぎず、甘すぎず、最高に我が家好みの〆かたです。

 

おかひじきは、さっと茹でてマヨネーズをかけました。

f:id:garadanikki:20180830101302j:plain

健康の為、控えているマヨさんですが、こればかりはヌヌヌーッとかけてしまうのが旨い。

 

旬で《きざみ茎わさび》というのを見つけ、購入。

f:id:garadanikki:20180830101303j:plain

魚屋さんが仕入れたわさびですから、きっと美味しいはず。

 

 

旬の帰りに下高井戸に立ち寄り、三笠家さんで甘いものを調達。

左はシンプルなお団子、右は山帰来。

f:id:garadanikki:20180830101304j:plain f:id:garadanikki:20180830101305j:plain

三笠家さんの和菓子は、いつ食べても、何を食べても美味しいです。

 

日中、家に二人でいてもお互い離れて好きな本を読んだり、パソコンをしたり、

私が仕事に出かけ、にゃんこの集会場に立ち寄っている間に、

彼はジムに行ったりウクレレを弾いたり、音楽を聴いたり、読書をしたり。

そして夕方早い時間から酒盛りが始まる、、、というスタイル。

それぞれやりたいことをする、やりたいことがあるというのは幸せなことだと思います。

朝食の風景

いきなり朝食の風景

ある日

f:id:garadanikki:20180824115851j:plain

 

その次の日

f:id:garadanikki:20180824115852j:plain

 

最近、はまっているもの。

鯖の中に明太子をはさまっているものです。

ひとつで二度美味しい。だけど全部食べたら血圧があがる ('◇')ゞ

f:id:garadanikki:20180824115853j:plain

 

その翌日の朝食

f:id:garadanikki:20180824115854j:plain

 

かぼちゃを細く切って、軽く炒めて甘じょっぱく炒め煮。

ごまをパラリ。

f:id:garadanikki:20180824115855j:plain

 

こちらは長芋を輪切りにした断面に少量の塩をふり、

フライパンで炒めたもの。

f:id:garadanikki:20180824115856j:plain

こんな2品があれば、朝食も少しは《豪華に見える》

 

 

実は、友達が犯罪に巻き込まれて留置されてしまいました。

個人情報、デリケートな問題なので詳しくは言えませんが、

8月に入ってバタバタと大変でした。

 

支援者を募って色々とやっていたんですけれど、

警察署にある留置所の面会室、あれに初めて行きました。

刑事ドラマのセットみたいでした。

 

そんなワケでしたが、なんとか生活の方も日常に戻りましたので

よろしくお願いいたします。 

司牡丹と閻魔とテレビの画像

KAYANOさんのところでは、残った料理を持ち帰ることになっていて、

マイタッパーを持参する者あり、ジプロックや惣菜容器をいただいて詰める者ありです。

本日は欠席者がいらしたので、沢山持ち帰ることが出来ました  ♪

 

そんなワケで翌夕の食卓はこんな豪華に

f:id:garadanikki:20180824111955j:plain

まずは、スパイシー枝豆とこんにゃく

大皿はナポリタン、ラタトゥイユなどてんこ盛り。

司牡丹の豊麗で宴会スタート。

 

第一弾を平らげたところで、お酒を閻魔 ( 焼酎 ) にチェンジ。

f:id:garadanikki:20180824111957j:plain

ラム肉ジンギスカンと、ホンシメジのバターソテーで乾杯。

 

閻魔って、ラベルもカッコいいんす

f:id:garadanikki:20180824111959j:plain

 

ところで。

奥のテレビの映像、綺麗に写ってますわ。

昔のブラウン管テレビは走査線の問題で、写真に写そうとしてもチラチラして、

画像が綺麗な写りませんでしたね。

でも最近の液晶テレビは走査線がないので ( 発光の仕組みそのものが違う ) 、

このようにバッチリ写る。

f:id:garadanikki:20180824111958j:plain

これなら、ちょっとドラマの映像を個人的に ( そうあくまでも個人的にですよ ) 保存しておきたくても、

今までのように録画して、その画面をキャプチャーする必要がない。

テレビそのものをこんな風にパチリと撮ればいいんだもの。

 

いや~、技術の発展でこんなことも出来るようになったのか。

しかし、これだって今に、テレビモニターを写真に撮っても、

複写 (写真) 出来ないようにノイズが入るなんて技術が開発されるのかな。

著作権法も大切だと思います。

しかし、こういった写真に写るテレビの画像は、家庭内の風景とお許しいただきたいものです。