garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

人生フルーツ

下高井戸シネマで『特集 樹木希林』が企画されていました。

『あん』は先日、テレビで鑑賞して大泣きたばかり。

『万引き家族』も観たいし、『日々是好日』も観たいが、これはDVDで見られそうな気がする。

絶対に映画館に行かないと見れそうもないのが、

『神宮希林 わたしの神様』『モリのいる場所』『そして人生フルーツ』か。

f:id:garadanikki:20190204112320j:plain

 

『人生フルーツ』はなんとしても観たい。

樹木希林さんがナレーションするこの作品は、津端夫妻のドキュメント映画。

おふたりのことは、テレビで偶然拝見し、たちまちくぎ付けになったんです。

 

これだけは絶対に観たい。

f:id:garadanikki:20190204122140j:plain

 

津端修一さんと英子さんご夫婦のことを知ったのは、2013年のことでした。

何気なくつけたテレビでお二人のことを放送していたんですが、途中からでした。

その時の記事がこちら⤵

本も買いました。料理のレシピも載っていて宝物。

f:id:ガラダニッキ:20190204122207j:普通

 

 

下高井戸シネマは、しぶい映画を上演している単館映画館です。

『人生フルーツ』は、朝10:00の回だけで、5日間の短い開催なので急がないと。。。

 

あれっ? なんか人がいっぱい。 

f:id:garadanikki:20190204112303j:plain

 

10時5分前に、入り口に行列が出来ています。

f:id:garadanikki:20190204112304j:plain

行列の最後尾は、階段下まで続いています。

定席はすでに満席で、補助席がいくつ出せるかやってる最中らしい。

ダメ元で並んでみました。

 

私の3人前までで補助席が終了。

「あとは御立見になりますが」とのこと。

どうしようか・・・・な

今日はめまいがないので出かけてきたけれど、どうしようかな、立って見られるかな。

私の後ろには70代の男性も並んでいます。

おじいさまも立ち見? それなら私も・・・頑張るか。

 

1時間半くらいだからまあ、なんとかなるか

f:id:garadanikki:20190204112305j:plain

 

 

 

観終わりました。

静かな感動につつまれました。ムリしてでも観てよかった。

f:id:garadanikki:20190204112310j:plain

観客は、年配者が多かったです。

津端さんご夫婦の、チャーミングなシーンになると会場から「うふふ」と笑い声があがります。

 

そして。。。

実は修一さんは、このドキュメンタリー映画を撮っている時 ( 2015年6月 ) に永眠されまして、

そのことに触れたシーンになると会場のあちこちから、すすり泣きが聞こえました。

もちろん私もその中のひとり。

 

観客はみんな、このご夫婦が愛しくて愛しくてたまならないみたい。

憧れなんだと思う、本当に素敵なカップルなんだもの。

 

 

ここが、津端さんの家。

f:id:garadanikki:20190204112312j:plain

愛知県の高蔵寺ニュータウンの一隅にある、雑木林に囲まれた平屋。

建築家の修一さんが、師であるアントニン・レーモンドさんの自邸に倣って建てたものだそうです。

 

修一さんは日本住宅公団のエースとして、この高蔵寺ニュータウンの都市計画を携わられました。

彼のコンセプトは「風の通り道となる雑木林を残し、自然との共生を目指したニュータウン」でした。

しかし時代はそれを許さず。

結局、完成したニュータウンは修一さんの理想とはほど遠い無機質な大規模団地でした。

 

修一さんは自ら手掛けたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育て始めました。

自分たちが山を切り崩し開発した土地を、もう一度緑豊かな場所に戻したかったからです。

それから50年。

津端夫妻は、コツコツ、ゆっくりと土地を耕し、肥沃な土を作ってきました。

f:id:garadanikki:20190204112313j:plain

 

この映画は、津端さん夫婦の日常を、2年の歳月をかけて記録したもの。

多くの方が注目しているのは、キッチンガーデンの素晴らしさもあるけれど、

その野菜や果物で作る英子さんの手料理の見事さも魅力だし、

修一さんのイラストの愛らしさも魅力です。

 

修一さんは日に何通も、こんな絵はがきを送られるそうです ⤵ 

f:id:ガラダニッキ:20190204112317j:普通

手紙の送り先は、魚屋さんだったり肉屋さんだったり。

英子さんが町に出て買ってきた魚や肉を、

美味しかったですとか、こんな風にして食べましたと書いて送る。

嬉しいだろうなぁ、こんな素敵な礼状をいただいたら。

 

修一さんが書いた二人のイラスト⤵

f:id:garadanikki:20190204112311j:plain

 

修一さんは、菜園に立てる木札を黄色いペンキで作ります。

f:id:garadanikki:20190205231851j:plain

どれも可愛い。

f:id:garadanikki:20190205232335j:plain f:id:garadanikki:20190205231917j:plain

 

本編に、のっぽの修一さんが棘のある枝に頭をぶつけてしまうシーンがありました。

英子さんが「もっとかがんで」と言って、修一さんの頭から枝を払ってました。

次のカットに、椅子に座らされてる修一さんの頭に、マキロンを塗ってる英子さん。

 

とても可愛いのです。

大先輩に可愛いなんて失礼ですが、本当にお二人のしぐさが可愛いのです。

 

英子さんの作る朝ごはん⤵ 

f:id:garadanikki:20190204112316j:plain

野菜があまり好きでない修一さんは朝からうなぎだったりする。

朝食は修一さんは和食。英子さんはパン食。

好きなものを食べるのが健康の秘訣だそうな。

 

鯵のひものの下に、近所のにゃんこ⤵ 

f:id:ガラダニッキ:20190204112318j:普通

 

心にしみる映画でした。

立ち見だったけれど、あっという間に思えました。

お二人を見習って、コツコツと何かをやっていこうと思いました。

 

 

 

おまけの写真

世田谷線

f:id:garadanikki:20190204112309j:plain

 

ドラマ「家政婦は見た」の大沢家政婦紹介所として使われていたお家。

f:id:garadanikki:20190204112308j:plain

 

因みに。

『人生フルーツ』は自主映画会をする団体 ( 人 ) を募集してました。

f:id:garadanikki:20190204112319j:plain

 

もうひとつ因みに⤵

私の愛してやまない場所、阿佐ヶ谷住宅は、津端修一さんが手掛けられたものでした。

f:id:garadanikki:20190204121347j:plain

f:id:garadanikki:20190204121343j:plain

今はなき、阿佐ヶ谷住宅は、それこそ「風が吹き抜ける素敵な空間」でした。

PHOTOBAKO VOL.14

阿佐ヶ谷住宅のお話はまたの機会に、是非聞いてください。

 

 

追記

人生フルーツのテレビ放送は今のところない模様ですが、

YouTubeで予告編がありましたので貼り付けておきます。

 

人を敬う心

昨日に続き、連続テレビドラマ「まんぷく」の一場面です。

f:id:garadanikki:20190202183144j:plain

写真は、昭和33年頃。

主人公の橘福子 ( 安藤さくら ) が学校に行く子どもを送り出すシーンです。

福子は「先生のおっしゃることをよくきいて、お勉強するんですよ」と言います。

 

そうそう、昔のお母さんは必ずそういったものだった。

「先生のおっしゃることを良くきいて」と。

 

母親がそれを言わなくなったのは、いつ頃からだろうか

先だって、高校教師が生徒に暴行する動画がネットで拡散され騒ぎになりましたが、

教師が暴力に至る前段として、生徒とそのグループによるネット上での炎上を狙った挑発行為もあり、動画の撮影者と思われる仲間の生徒が「ツイッターで炎上させようぜ!」と話している音声も残されていたことがわかりました。

 

一連の騒動に各局が飛びつき、タレントやコメンテイター、教育評論家から様々な意見が上がりました。

多くが「暴力をふるった教師は悪い」としながらも、

教師を必要以上にからかい、ワナにハメた被害生徒とそのグループを批判しました。

 

その中で、安藤加津さんの話が心に刺さりました。

正確ではないですが、安藤さんがおっしゃっていたのはこんな趣旨でした。

「最近の子どもは学校の先生に対しての尊敬の気持ちがない。

 それは子どもたちの親に、教師に対する尊敬の念がないからだ」

全く同感です。

「あの教師、ちょっと生意気だから絞めてやろうぜ」

これは尊敬どころではない、教師を自分よりも下にみた言い方です。

 

先生は尊く怖い存在だった

信じられないでしょうが、学校の先生は怖い存在でした。

誰よりも尊敬される立場でした。

 

私が子どものころはまだ先生に権威というものがありました。

中学になると、友達同士は先生をあだ名で呼びましたが、

ご本人を前にしてあだ名で呼ぶ人はいませんでした。

家で両親が先生の悪口を言うことはなかったと思います。

少なくとも子どもの目の前では、絶対に。

親同士で先生の悪口はあったでしょうが、子どもの前ではなかったです。

 

しかし昨今では

これは、ドラマ『3年A組』のワンシーンです。 

f:id:garadanikki:20190311164120j:plain

生徒たちは、担任の柊一颯(ひいらぎいぶき) (菅田将暉) のことを「ブッキー」と呼び、ため口は当たり前。

殴る、蹴るも、当たり前の世界です。

これが普通なんですかね、今では。。。

 

子どもが教師を敬わなくなったのは大人のせい

それは絶対に大人のせいだと思います。

30代の親が、大学出たての新米教師を頼りなく思うのは当然です。

私が子どものころだって、親はおそらくそう思っていたはず。

しかし今と絶対違うのは、子どもの前で教師を批判しなかった。

 

親が子どもの前で平気で担任教師の悪口を言う。

「あの先生が頼りない」とか「もう少しましな教師はいないものか」とか。

そう言う親をみて、子どもは先生を尊敬できるでしょうか。

いい気になった子どもは先生を呼び捨てし、対等の立場だと錯覚する。

そんなことが許されて育った子どもが、やがて親になり、

その親に育てられた子どもたちが、先生を敬わないのは当たり前じゃないかしら。

 

昔の親は先生を敬ったのか?

では昔の大人は、みな教師を敬ったかというと、そうでない場合もあるでしょう。

井上靖の「しろばんば」でも、師範学校を卒業した教師と代用教員に対する世間の評価は違いました。

主人公の洪作は、わけあって血のつながらないおぬい婆さんに育てられます。

おぬい婆さんは、洪作の曾祖父のおめかけさんでした。

「洪ちゃは、村で一番偉くなる子だ」

「村で袴を穿いていいのは洪ちゃだけじゃ」というのが口癖。

そんなおぬい婆さんにかかれば、師範学校出ではない代用教員はぼろくそです。

「とんだ先生に洪ちゃを預けたもんだ」

「あの若い先生は、ひとの子をなんと思っているずら」となる。

 

これはひとつのレアケース、

世間全体でみたら、今の教師より昔の教師の方が地位は高かったでしょう。

今より高学歴者が少なかったから余計です。

ただ学歴云々という話だけでもないかも知れません。

自分にないものを相手に見出して、リスペクトする精神

これがどんどん欠けてきた結果ではないでしょうか。

敬意を払う相手は、教師に対してだけでなくもっと大勢いたと思います。

 

リスペクトは、アーティストだけにすることじゃない

人をこきおろしたり、ディスることがカッコいいことじゃない。

本当にカッコいい人は、隣の人の素敵なところを見つけて、それを見習おうとか、

そうなれるように努力しようとか、そういう精神を持つ人だと思います。

ディスるよりリスペクトだと思うんだがなあ、誰に対しても。

牡蛎の栄養

先日、土曜日の食卓でKAYANOさんから牡蛎の効用を聞きました。

海のミルク~牡蛎は、元気の源なんだそうです。

解毒作用があったり、ストレスや病気を跳ね返す力をくれるんですと。

コレステロール値は中性脂肪の高い人、つまり私のことですが、牡蛎に含まれるタウリンがその改善にも一役買うらしい。


そんな話を聞いて以来、牡蛎があると買ってしまいます。

だって、今の時期しか食べられないもの。

f:id:garadanikki:20190307011224j:plain

 

食べ方はシンプルに、茹で牡蛎。

f:id:garadanikki:20190307011225j:plain

茹でる前に、大根おろしで牡蛎を洗うと綺麗になりますよ。

お試しくだされ。

 

先日、「チコちゃんに叱られる」で、

昆布は何故海の中で出汁が出ないかというのを解説してました。

「なんでだろ~なんでだろ~」のネタにもなっていましたけど、

生きている内は、出汁の成分が細胞の中にあって外に出ないのだそうです。

その昆布が死ぬと細胞が壊れるので、はじめて出汁が外に出る。

教授曰く、出汁が出たあとの昆布も栄養がいっぱいあるので捨てるのは勿体ないとのこと。

f:id:garadanikki:20190307011226j:plain

それ以来、なかなか昆布は捨てられない。

里芋さんの上の昆布も、どんこも出汁をとった残りのお宝です。

 

本日のデザートは、下高井戸の三笠家さんの和菓子。

MOURI はお団子

f:id:garadanikki:20190307011227j:plain

私は道明寺

f:id:garadanikki:20190307011228j:plain

三笠家さんには、道明寺桜餅と、長命寺桜餅とありますが、

どちらかというと道明寺の方が美味しいようです。

江戸なのに、( ´艸`)

 

ウルトラ蒸し生姜 ふたたび

待ちに待った食材がやっと店頭に並びました。

根みつばです

根みつばは糸みつばと違い、風味付けにちょっと添えるといった使い方でなく主役になります。

理由はその食感と風味。

白くて太い茎がシャキシャキと気持ちの良い食感になり、風味も強いからインパクト大なのです。

 

栽培方法もそれは大変なんですって。

6月頃に種を撒いてある程度成長させ、冬に地上部の葉が枯れると根元に土寄せして

根元を遮光した状態で軟白栽培し越冬させる。

2~3月に、ビニールなどのトンネルで覆って伸びてくる新芽を寒さから守り、

春になったらやっと収穫。

9ヶ月もかけて出来上がった根つきのみつばのなんと美味しいことか。

でも、こんなに手間がかかるんじゃ、生産者が減りつつあるのも当然です。

 

根みつばが店先に並ぶと、小躍りして買い占めます

こんなに貴重な根みつばです。店先に並ぶ頻度も期間もはなはだ少ない。

なのでどうしても買い占めてしまうのです。

 

根みつばが手に入ると、作りたくなるのが牛肉海苔巻き。

根みつばと牛肉を甘辛く煮つけた具で作る海苔巻きは、最高なんですよ。

 

根みつばは、風味も良く食感もいいので、パスタに使っても美味しいです。

いつものシーキチンのパスタも、根みつばが加わると 大馳走に格上げ。

シーチキンとマヨネーズとちょこっと醤油に、根みつばは絶対です。

f:id:garadanikki:20190303170038j:plain

 

 

ウルトラ蒸し生姜を作ろう

先日、テレビを観ていたら、またまたウルトラ生姜の効能を解説していました。

以前、NHKのあさイチで紹介されていた時から、作り置きするようになりましたが、

そういえば最近食べてないなあ。

 

ウルトラ蒸生姜で作る鍋は最高ですが、最近は専ら大根&にんじん&バラ肉の鍋ばかり。

たまにはウルトラ蒸し生姜の鍋もいいかも知れません。

 

調理法によっては体を冷やす生姜

《体を温める》といわれる生姜も調理法によって逆効果で《体を冷やす》ことにつながるそうです。

例えば生姜湯。

生姜をすってお湯に入れて飲むと指先は温まるけれど、体の深部体温が下がってしまうらしい。

じゃ、どうやって体を温めるかって?

もっと効果的な方法がウルトラ蒸し生姜なんです。

 

普通の生姜を食べて測定したところ、深部体温はさがってしまうのだそうですが、

生姜を蒸して乾燥させると、ジンゲロールがショウガオールという成分に変わります。

ポイントは、100℃以下の温度で、じっくり熱を入れること。

茹でてしまうと折角のショウガオールがお湯に流れ出してしまうので、蒸すのがいいそうです。

 

そのショウガオールが、新陳代謝を良くしたり、

胃腸の壁を直接刺激して、血流を高めてくれる。

作り方は簡単。

大量に生姜を買ってきて、ひたすら輪切りにする。

f:id:garadanikki:20190303170042j:plain

輪切りにした生姜を、蒸す

f:id:garadanikki:20190303170041j:plain

蒸上がった生姜を、干す。

f:id:garadanikki:20190303170044j:plain

あとはお日様の力を借りる。

良いお天気なら、1~2日でカラっカラの生姜が出来上がります。 

f:id:garadanikki:20190303170045j:plain

こうして出来たアルトラ蒸し生姜で食べる鍋は、最高に美味しくて体の芯からポカポカにしてくれます。

 

鍋の作り方はコチラ ⤵

縁を感じる場所・・・

テレビをボーッと見ていましたら、コブクロ20周年の記念番組をやっていまして、

記憶に残る風景が映し出されました。

f:id:garadanikki:20190307003517j:plain

f:id:garadanikki:20190307003514j:plain

小渕さんの実家が宮崎であることは知っていたんですが、まさかここだとは。。。

f:id:garadanikki:20190307003518j:plain

 

2016年に仕事で宮崎に行って、朝意味もなくバスに乗って着いた所から歩いた道⤵

f:id:garadanikki:20161124132004j:plain

ほら、これ同じでしょう?

 

私が歩いた遊歩道は、小渕さんの子供の時の通学路&遊び場だったんですと。

f:id:garadanikki:20190307003516j:plain

 

 

初めての場所に来た時「縁を感じる」こと、ありませんか?

私はよくあるんです。

幼稚園の遠足で芋ほりに来た道が、15年後に短大生として通うことになる道だったとか。

初めて友達の家に行く時に迷い込んだ路地に、18年後に住むことになったりとか。

後付けの記憶でしょうと言われれば、そうかも知れませんが、

初めて行った場所で「びびび」と感じるような予感のような感覚。

 

宮崎の遊歩道も、私にとってはそんな場所でした。

 

なんかね。

こんなこと。

私以外の人にとっては《どうでもいい》《なんでもない》ことですが、

ひとりで勝手にえにしを感じながら、感動した瞬間でしたの。

 

宮崎で歩いた遊歩道は、なんの予定もなく迷い込んだ場所だったし、

たぶん二度と行くことがない場所だろうと思ったところだったから。 

太田和彦のぶらり旅 いい酒いい肴 62 福井

福井で行ってみたい店。

太田さんの番組で紹介されたお店は、なかなか。

今年の夏旅行は、、、北陸から福井~鳥取なんていいかも。

 

これはそんな時の為の備忘録

一軒目は、花子の家

f:id:garadanikki:20190303155103j:plain

 

大皿が並ぶ、カウンターに座る。

f:id:garadanikki:20190303155106j:plain

 

女将の小谷妃奈子さんのかっぽう着姿がよい。

f:id:garadanikki:20190303155105j:plain

 

大皿料理は、216円から972円也

f:id:garadanikki:20190303155107j:plain

大根の皮のオイスターソース炒め。

これは絶対に美味しそうです。

f:id:garadanikki:20190303155117j:plain

さつま揚げと、これは、、椎茸かな、一緒に炒めたら絶対に美味しいはず。

近い内にやってみたいと思います。

 

茄子とにしんの炊き合わせ

f:id:garadanikki:20190303155108j:plain

糀が入っているようです。

里芋も揚げ茄子も美味しそうだ。

 

目移りするような大皿が並んでいます。

こんにゃくも白と黒を両方使って、さらにちくわも入れて。

f:id:garadanikki:20190303155109j:plain

 

ナムルは渋い色になりがちですが、妃奈子さんの作る料理はどれも色鮮やか。

f:id:garadanikki:20190303155110j:plain

こういうの好きです。

去年、高松に行った時も、こういう方言の額がかけてありました。

旅先の言葉を覚えるのも面白い。

f:id:garadanikki:20190303155111j:plain

 

旅に行ったら、地酒を飲むのがいい。

気候にあった地酒で飲む、地の肴は最高に相性がいいでしょうから。

f:id:garadanikki:20190303155112j:plain

酒蔵の情報もありがたい。

機会があえば、直接地酒の酒蔵もまわりたいもの。

f:id:garadanikki:20190303155113j:plain

 

 

栃木揚げならぬ、福井で有名な谷口屋さんの厚揚げ。

福井県の名産・名物 大きな油揚げ・谷口屋の「竹田の油揚げ」

f:id:garadanikki:20190303155115j:plain

かるく焼いて、醤油をちょこっと垂らしたら、もう何もいらない。

f:id:garadanikki:20190303155116j:plain

f:id:garadanikki:20190303155114j:plain

花子の家
〒:福井県福井市順化1-10-15
TEL:0776-30-1190
定休日:日曜日
営業時間:11:30~14:00(L.O.13:30)
16:00~翌1:00(L.O.24:30)

 

2軒目 かっぱ

f:id:garadanikki:20190303155118j:plain

 

女将さん、美しい。太田さん、にやける。

f:id:garadanikki:20190303155120j:plain

f:id:garadanikki:20190303155121j:plain

 

一本義も美味しいお酒です。

f:id:garadanikki:20190303155122j:plain

明治35年創業、一本義久保本店

f:id:garadanikki:20190303155123j:plain

4月~8月の期間のみ見学可能。

一回の来場は20人まで。

事前に電話で予約とのこと→0779-87-2500

見学内容は、蔵見学→試飲→土産販売→終了

https://www.japansake.or.jp/tourism/contents/fukui/719.html

 

涼しげな一品 あおさ、、、ですかね

f:id:garadanikki:20190303155124j:plain

 

何食べたい? やっぱり地物のさざえかな。 

f:id:garadanikki:20190303155125j:plain

 

いかの沖漬けは自家製

f:id:garadanikki:20190303155126j:plain

 

こうやって切るもよいが、

f:id:garadanikki:20190303155127j:plain

縦に切って、

f:id:garadanikki:20190303155128j:plain

こんな風にするのは、かっぱ流

f:id:garadanikki:20190303155129j:plain

イカの肝を醤油に溶いたものに付けて食べる。

f:id:garadanikki:20190303155131j:plain

 

ずっと下を向いているご店主。

f:id:garadanikki:20190303155132j:plain

 

かじきの昆布〆

f:id:garadanikki:20190303155133j:plain

おーおー、美味しそうだ。

f:id:garadanikki:20190303155134j:plain

f:id:garadanikki:20190303155135j:plain

 

どじょう唐揚げ

f:id:garadanikki:20190303155136j:plain

岩塩で食べる。

f:id:garadanikki:20190303155137j:plain

居心地の良さそうな店ですな、行ってみたいものです。

f:id:garadanikki:20190303155138j:plain

かっぱ
〒:福井県福井市順化2-19-16
TEL:0776-23-4556
定休日:日・祝休み
営業時間:17:30-24:00