garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

すてきな人

土曜日の食卓~韓国料理

敬愛するお菓子作家-KAYANO さんが主宰する土曜日の食卓 ( 2/23 ) は『韓国料理』です。 まず全体像を この日の午後、KAYANOさんは『キムチ教室』をしたそうです。 で。 キムチを漬ける日の夕食は、韓国では必ず『ポッサム』なんだそうな。 ⤴ これ、KAYANOさ…

ベッタリさんたち

ウィーンから1年ぶりに、斉魚 ( えつ ) 姐さんが帰国しました。 斉魚姐さんは、7年ほど前にオーストリアに渡り向こうで生活しています。 年に一度、帰国する姐さんの愉しみは古墳を巡ること。 「何でいつも寒い時期に?」と聞いたら、 「熊とスズメバチがい…

4つの『A Star Is Born』

今年の初め、『アリー スター誕生』を観ました。 今頃、感想文というのも何ですし、 過去に公開された3作も全部見ていたので、 比較しながら 4つの『A Star Is Born』のお話しをできたらと思います。 スター誕生は、筋がき設定が決まっています どんな設定…

『同潤会アパート生活史 「江戸川アパート新聞」より』

今、一番のマイブームは《同潤会》のこと。 全部購入していたらとんでもないことになります。 家も狭いし、お金もないし。。。 同時に読み進んでいますが、 今、一番面白いと思うのが『同潤会アパート生活史 「江戸川アパート新聞」より』です。 大塚女子ア…

こころ溢れるもの 名品と名産と名物

素敵なひとから、またまた素敵なものを頂戴しました。 この柄を見て、ピンとこられる方は、 「サユリスト」でも「コマキスト」でもなく、←古っ 正真正銘の「マミリスト」です。 凄いでしょ? 凄すぎますわ、マミーさんの手作りの品々はいつも。 最新号のマミ…

やっちまいました

歩きすぎということにしたいです。 でも。 整体の院長せんせは「冷やしすぎかもしれません」と言います。 MOURI は「太り過ぎで足が悲鳴をあげたんだ」と言います。 毎日、整体に通っているんですが。 治療して楽にしてもらうと、仕事でまた痛めるの繰り返し…

かつおぶし 焦げた

本日の食卓は野菜が少なっ!! 右上の黒焦げは、鶏のから揚げです。 見た目ほど、焦げ味はありませんが、焦げてることに変わりなし。 原因はかつおぶしです。 テレビで東京・幡谷の中国料理店《美虎》のオーナーシェフ五十嵐美幸さんが紹介していた唐揚げを真…

素敵な人の 素敵なもの

「こたつ猫の森」マミーさんから、凄いものをいただきました。 ポーチとブックカバー もちろんマミーさんの手作り。 マミーさんからは、以前にもフラミンゴの刺しゅうや、ニョロニョロさんの編みぐるみなど、 手作りの素晴らしい作品を沢山いただきました。 …

映画『山の音』

川端康成著『山の音』を読了後、映画にもなったと知り、見てみました。 成瀬巳喜男監督 信吾役 山村聰、嫁の菊子は原節子、信吾の息子-修一は上原謙。 1954年公開作品です、今から65年前。 山村聰、若い。 鎌倉 二階堂あたりの街並みだそうです。 信吾が、さ…

ファイヤーキングのハンドルキャセロール

我が家に一個だけあるキャセロール 猫がご縁で知り合った女性からいただいたものです。 敷いているティータオル (GreenGate ) も、彼女から。 彼女は元・舞妓さん。 大金持ちの旦那さんと離婚して、東京で一人住いをしていたんですが、 何を思ったか、いきな…

人生フルーツ

下高井戸シネマで『特集 樹木希林』が企画されていました。 『あん』は先日、テレビで鑑賞して大泣きたばかり。 『万引き家族』も観たいし、『日々是好日』も観たいが、これはDVDで見られそうな気がする。 絶対に映画館に行かないと見れそうもないのが、 『…

発酵食品を使う 浜納豆

本日の創作料理 最近、発酵食品づいています。 これも二つの発酵食品を使ってます。 ひとつは醤油麹。 もうひとつは浜納豆。 ↑ 黒いのが浜納豆です。 胡瓜とピーマンの炒め物は、ちょっと珍しいかも知れませんが、これがなかなか美味しいのです。 いつもは醤…

真山仁:著 『雨に泣いてる』

夫婦して本好です。 が 「さて何を読むか」という段になると、趣味嗜好が異なります。 主人は、趣味の本以外、必ず売れ筋本を抑えます。← 仕事柄 ('◇')ゞ 最近は落語やジャズに関する本も読み漁っています。 一方 私は明治・大正・昭和の古い文学作品が主で…

古写真

本日はMOURI が飲み会とのことで、ひとりで外食しました。 開店当時一度しか入ったことがない店に、15年ぶりで入店。 このお店は、結構芸能人も来るらしい。 蕎麦屋というより、飲んで蕎麦をすするという店です。 1人なので窓際のカウンターで、ゆっくり食べ…

映画『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』

ずっと気になっていた映画館に初めて訪問。 下高井戸シネマというんですが、とても素敵な単館映画館でした。 今日 ( 1月13日 ) 観たのは『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』でした。 トルストイの『アンナ・カレーニナ』は読もうを思いながらも ずっ…

真似して作ってみたものの

今日も今日とて適当なご飯です。 冷凍庫に少し牛肉が凍っていたので、焼いて、ジンギスカンのたれをかけました。 冷蔵庫にクレソンがあったので、マカロニサラダと合体させました。 豆腐は、先日テレビで紹介していた「新橋魚金総本店の青海苔豆腐」をイメー…

土曜日の食卓~ シードルとガレット

2019年最初の土曜日の食卓は、5日に開催されました。 これはそんな1月5日の朝食。 お節の残りばかりで、あじけない朝食だ。 何とかプラスできたのは、マルシンハンバーグと納豆です (;'∀') でも、夕食は美味しいものが食べられる。 美味しい上、健康的で、た…

ゆうきちゃんのカレー ( しめじカレー )

お正月になると、関東では毎年こんなCMが流れました。 何十年も前から変わらないのがこの二つ。 佐野厄除け大師 佐野厄除け大師は、ずっと変わらないように思っていましたが、 毎年変わっているのだそうな。レトロ感があったので気が付きませんでした。 富士…

新年の大切なお客様

新年 あけましておめでとうございます みなさま 元旦はどのようにお過ごしですか? 我が家は、今年も大いに食べ、大いに飲みでいきたいと思います。 ほんで、第一日目のメニューは、なんとなくお節 なんとなくお節というのは、正月のお節の中から縁起物や決…

アボカドとキューちゃんの大根おろし和え

大晦日の夕餉です さびしい さっきまでお節の煮物や黒豆と格闘してたので、疲れ切ったメニュー ゆでだこ、菜の花、麻婆茄子。 そして右下の緑は、いちやさんの真似っこ「アボカドとキューちゃんの大根おろし和え」 アップの写真がありません。 試作品です。 …

いちやさんで過ごすクリスマスイブ

上田に行くと、必ずといってよいほど食べに行くお蕎麦屋さんがあります。 「そば処 いちや」というんですが、住宅地の中にあって民家をそのまま使って営業されているので、まさに隠れ家的名店です。 お昼はお蕎麦が中心なんですが、夜は予約制でコース料理が…

土曜日の食卓~牡蛎祭り

12月22日 KAYANOさん主催の土曜日の食卓は「牡蛎祭り」です。参加者は6名。 6名の腹ペコさんにKAYANOさんが用意をした牡蛎は、殻付きオイスター100個と剥き牡蛎1kgですと。 1人あたり16個? ムリムリそんなに食べられないですったら。 テーブルの上には、牡…

土曜日の食卓_ケイジャンチキンパエリア

KAYANO さん主催-土曜の食卓、今回のタイトルはケイジャンチキンパエリアでした。 ( 11/22のお話です ) これが全容 凄い。俯瞰も俯瞰、うーんと高いところから撮らないと全体像が写せない。 特に今回は、パエリア鍋っちゅう、でかいお鍋がメイン料理だから。…

新宿 紀州屋

広島に嫁に行った YUKI ねーさんが里帰りするとのことで、新宿でお会いすることになりました。 YUKI ねーさんとは、今年の四国旅行 ( 広島 ) で再会したばかり。 近くにいる同士でも「近々飲もう」と言いながら、なかなか会えないものです。 しかし不思議な…

幸田文『濃紺』を再読

『台所のおと』は、私がこよなく愛する本です。 それぞれの短編の素晴らしさに圧倒され感動したのですが、ずっと紹介できずにいました。 素晴らしいところを抜粋しようと何度か試みましたが、ここもあそこもと全部が捨てがたく、 全文書き写してしまいそうだ…

根津の甚八 

BIKAを出で、まっすぐ帰ろうか どこかに引っかかろうかと路地を歩いていると、 おやおやと目を引く店がありました。 「根津の甚八」と書いてある。 もしやこれ、以前テレビでも紹介していた居酒屋かしら。 根津甚八・・・・ 俳優さんの根津甚八さんでも、真…

スパイスパウンドケーキ

友人からいただいた手作りケーキです。 「腰痛 早く治~れ」とお見舞いに焼いてくださったものです。 胡桃とシナモンとクローブが入った大人のケーキ。 そんなに甘々ではありません。 私の苦手なドライフルーツは入ってない。 好みがわかっているのかな? い…

野菜とお話しする

ずっと作ってみたいものがありました。 例のごとく、どうやって作るか、どんな調味料を使うかは全くわかりません。 教えてもらったのは「コトコトコトコト6時間くらいは煮る」ということと、 「沸騰させないこと」ということ。 具は、椎茸・たまねぎ・じゃが…

『みをつくし料理帖 花だより』を読んで

みをつくし料理帖 特別巻「花だより」を読了。 「みをつくし」は、可哀そうな身の上の少女が料理人として頑張って精進していくお話です。 うわっ ベタな説明じゃ ⤴ 主人公の澪は、料理作りを通して自分の運命を切り開いていくんですが、 それが健気というか…

土曜日の食卓 おでん

土曜日の食卓、2018年12月1日のテーマは『おでん』でした。 なんでも東北沢に有名なおでん屋さんがあって、そのお店のおでんをイメージして作られたとか。 私はそのお店に行ったことはないのですが、 参加された方は全員、「おかめのおでんと同じだ~」と感…