garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

すてきな人

Skyrocket Company 「ご飯のお供」

上田から帰宅する車中で、面白いラジオを聞きました。 スカイロケットカンパニーというんですが、帰京の折に聞く確率が非常に高い番組です。 そういうことありませんか? 何気なくラジオをつけると、でくわす確率の高い番組。 私は他にも、2週に1度の練馬~…

スターを残して…

2014年7月30日からはてなブログに引っ越してきて、5年になります。 当初は JUGEMからの記事を転載し、新しい記事を書き足していました。 やがて、おひとり、おふたりと、素敵な読者さんが読んでくださるようになりました。 相互読者になると、 素敵なコメン…

狂った果実と鎌倉・逗子

石原慎太郎 箸『狂った果実』を読んだのは、 一昨年のこと。 どうせなら初版本で、と入手した古本で読了しました。 「なんじゃ、こりゃ」と放り出したのを昨日のことのように思い出します。 石原慎太郎は芥川賞作家ですから、 既にこの時には、力を持ってい…

aiko が歌う「ひこうき雲」

松任谷由実の楽曲は、色んな人がカバーしてますが、 一番安定しているのは、なんといっても山本潤子さんだと思います。 「卒業写真」も独自の魅力があるし、 「冷たい雨」や「朝陽の中で微笑んで」も素晴らしい。 ユーミンや松任谷正隆さんからも絶大な信頼…

きじまりゅうたの小腹がすきました~ギョーザの皮のとろろそば

NHKで放送している『きじまりゅうたの小腹がすいてませんか?』という料理番組のファンです。 きじまりゅうたさんの綺麗な瞳と明るい雰囲気と、臨機応変に作られた料理に魅了されています。 番組は、きじまりょうたが旗を持って町を歩き「小腹を空かせている…

オムレツに酢 入れるといいんですって

昨日、テレビを見ていたら、どこかの洋食店のオーナーシェフが、 卵農家に来て、そこの美味しい卵でオムライスを作っていました。 見たことのあるお顔でしたが、さて誰だっけ。 途中からだったので、番組名もわかりませんが、料理人が産地で、生産者に彼らが…

露天の八百屋さん

先々週、露天の八百屋さんを見つけました。 新鮮な野菜が安く買えることから、奥さんたちに大人気の様子。 露天の場所は、ご店主の家の前。 自分んちのガレージと 門前の道端に段ボールを並べて販売しています。 開店は午後だけで、品が無くなるとさっさと終…

松任谷由実 YouTubeから

松任谷由実が好きです。 思春期は、松任谷ではなく荒井で育ちました。 今でも、初期の曲が好きだなあ。 特に好きなのが「翳りゆく部屋」と「ベルベット・イースター」 それは誰もが知っている曲でしょう。 最近、こんなメドレー動画を見つけました。 ずっと…

ネコメンタリー猫も、杓子も 「養老センセイとまる」

NHKで放送された「ネコメンタリー 猫も、杓子も」に夢中でした。 6人の物書きの先生とその猫たちのドキュメンタリー 、もといっ!ネコメンタリーでした。 どの猫の暮らしぶりも興味深かったのですが、私にとって「養老センセイとまる」は特別でした。 初回25…

長文 「プリンセストヨトミ」について

万城目 学さんの「プリンセス・トヨトミ」を読みました。 だいぶ前ですが ⵈⵈ そして 鈴木雅之監督の映画「プリンセス・トヨトミ」を観ました。 少し前に ⵈⵈ 原作者 万城目さんの作品も、監督 鈴木雅之さんの作品も、私は大好きです。 特に私は鈴木さんの大フ…

尾崎亜美 ざんまい

先日、ビリー・ジョエルの「New York State of Mind」を歌っているのを聞いて思いました。 やっぱりわたしは尾崎亜美が好きなんだ 彼女のヒット曲は、もちろん好きです。 でも、彼女の洋楽のカバーが凄いと思う。 ハスキーな声と英語の発音にしびれる。 そん…

New York State of Mind を歌う貴女 ( ひと )

MOURI のスマホから流れてきた曲です。 オリジナルは、ビリー・ジョエルさま。 ニューヨークを歌わせたら、右に出るものはないおひとだわい。 MOURI が聞いていた New York State of Mind は、女性が歌っていました。 あまりのウマさに私も聞き惚れた。 「巧…

ダニーボーイ

NHKのドラマ「みかづき」つながりのお話です。 ドラマで使われていたダニーボーイという曲がとても好きでした。 心にしみるメロディーで、昭和の感じがよく出ていた気がします。 この曲を選んだ音楽の佐藤直紀さんは、いつもながら凄い。 佐藤直紀さんの名は…

まいどっの蕎麦屋

かかりつけの整体の先生によく聞かれるのが、 「どこかランチで美味しいところありませんか?」というセリフ。 整体というのは柔道整復師と整体師の二つがあるんですって。 その先生は、柔道整復師の資格を持っているそうで国家試験なんだそうです。 私、柔…

居酒屋「魚 魚 魚 ( ととうお ) 」

今回の映画 (「ドント・ウォーリー」) は、1人じゃなく、BOSSとKING兄と観ました。 観終わって、お茶をして、それから居酒屋さんに連れていって貰いました。 「魚 魚 魚」と書いて「ととうお」と読む、気になっていたお店です。 口開けの店内には、お魚がず…

映画『ドント・ウォーリー』

下高井戸シネマで、映画「ドント・ウォーリー」を観ました。 この映画は、実在する風刺漫画家のお話。 《どんな話か》 ジョン・キャラハン ( ホアキン・フェニックス ) は、重度のアルコール依存症。 酒が原因の大事故で、 首から下に麻痺が残り車椅子生活に…

みかづきを読んで みかづきを見て

遅ればせながら、、、、 ほんとに今ごろになって「みかづき」のお話を。。。 感じることが多すぎて、なかなかまとまらなかったから、今ごろです。 一年半ほど前になりますか、よんばばさんが本を紹介されていて、 今年の1月でしたか、よんばばさんがドラマを…

冷たいものばかり食べては、いけません

今年の夏は短いながら、酷暑はすさまじく、 我が家の冷たい料理の数も、例年より多かったと思います。 特に多かったのが、冷やし中華でした。 キンキンに冷やした中華麺に、酢醤油はのど越しがよく、食べやすい。 冷そうめんや、冷やしざるそばに比べて具も…

土曜日の食卓~肉三昧

久々に伺ったKAYANOさんの食卓。 今回は肉三昧だそうな。 ところせまし並んだお料理がゲストを待つ。 綺麗に盛りつけるなぁ。 トマト、ズッキーニ、カリフラワー、赤ピーマン、なす。 私の好物ばかりだ。 こっちも大好物の二品。 すなぎものフリッターと、川…

お気に入りの場所 ふたつ

お気に入りの場所をふたつ。 ひとつは映画館。ここは下高井戸シネマです。 大抵こんな感じで空いていて、封切り映画じゃない映画が観られます。 客層も年齢が高いので、冷房も弱めかな。 高井戸シネマで映画を観たあとは、かならず寄ってしまうのが、COFFEE&…

『ジジ』と『マイフェアレディ』

先日、コレット著『ジジ』をアップした折、 たまうきさんから、こんなコメントをいただきました。 ni-runi-runi-ru 映画Gigiの副題にA new fair lady とありますが、My fair lady もヘップバーンだったような、、。 そうなんです。 『ジジ』と『マイフェアレ…

ローカル路線バスの旅 Zを見て 最上川別邸

旅番組が好きです。 旅行の参考にもなるし、出演者の人となりが露見するから面白い。 旅も長くなれば、最初、仲良さそうにしていても地が出るものです。 実際の旅だって、そうだと思います。 疲れてくれば、人に優しくできなかったり、不機嫌になったり、自…

上田 地酒屋 宮島

上田ですっかり定宿になったのが、駅前の相鉄フレッサイン長野です。 今回の部屋は高層階。眺めが違います。 駅の向こう側の景色まで見える。 赤い橋は、上田電鉄別所線。 あれに乗ると別所温泉まで行かれます。 上の階もいいけれど、 駅が間近に見える低層…

姪の結婚式

上田の母のところから、某市に移動し一泊。 本日は姪の結婚式です。 おめでとう! 一番幸せな君は、一番綺麗だ。 披露宴はかなりの招待客。 ひとりひとりに新郎新婦からメッセージが添えられていました。 「おじさんへ」と「おばさんへ」泣かせるじゃぁない…

きこりんさんちの庭

長野と群馬を往復する3日間。 まず長野・上田で母の入院先を訪れました。 昼食は二回目の「きこりん」さん。 天ぷらとそばセットと、 もりそばを注文。 天ぷらはシェアするのに丁度よい。 これが凄いの、蕎麦の実のゼリーです。 美味しい。 下の白いのが蕎麦…

当たり、、じゃない前田のクラッカー

前回 のんちさんの記事を見て、私もずっと気になっていました。 「あたり前田のクラッカー」のこと。 ・・・そして。 同世代の方が、皆さん大興奮されているのを見て《はてな》って凄い、素敵だなあと思っていました。 そんなのんちさんが、見つけられたよう…

コレット『ジジ』

『ジジ』を読了しました。 Gigi は、フランスの女流作家 シドニー=ガブリエル・コレットが1945年に発表した小説です。 二見書房刊 コレット著作集 No.11『ジジ』高木進訳で読んでいますが、かなり難解でした。 理由は、当時の暮らしぶりがイメージしにくいこ…

アスパラとチーズの春巻き焼き

アスパラとチーズの春巻き焼きにハマって、また作りました。 春巻きといえば《とろみをつけた具材を綺麗に包んで揚げる》というのが本当ですが、 違う食感にしたくて棒状の巻き方にしました。 端を包まないので、チーズがとろけて出てくることを期待したんで…

三宅裕司さんの妻

三宅裕司さんの奥さまの天然は有名ですよね。 ちょっと気分が落ち込んでいる時には、思い出すと笑えます。 義母に手紙で「暮も近づきまして」を「墓も近づきまして」と書き間違い。 三宅裕司が「今、ビールを飲んでいるところだから、ビーフジャーキー買って…

映画『コレット』を観る

新宿バルト9での「コレット」が本日最終日だと聞き、 飛んでいきました。 よかったです。 最も美しく華やかだったベル・エポックの時代を駆け抜けた 女流作家シドニー=ガブリエル・コレットの半生が、魅惑的に描かれていました。 私はこの作品をキッカケに、…