garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

みをつくし料理帖

『みをつくし料理帖 花だより』を読んで

みをつくし料理帖 特別巻「花だより」を読了。 「みをつくし」は、可哀そうな身の上の少女が料理人として頑張って精進していくお話です。 うわっ ベタな説明じゃ ⤴ 主人公の澪は、料理作りを通して自分の運命を切り開いていくんですが、 それが健気というか…

3種類の昆布

出汁用に使う昆布が払底したのを見て、MOURI がネット注文してくれました。 届いたのがコレ。 北海道ざんまい 日高昆布50×2、羅臼昆布50×1、利尻昆布60×1 昆布の種類と違いに うとい私に、調度良いと思ってくれた模様。 食べ比べ、というか出汁の味比べをし…

最後の朝顔と とんぶりの実

今年最後の朝顔 大輪の、こんな珍しい色でした。 昨年の種に加えて、白系も買い足した今年のベランダは、 元気なのは白い色ばかりで、紫や青やピンクは小ぶりな花づきでした。 色々な柄や色を試してみて、遠目からでも朝顔らしいのはやはり濃いブルー系でし…

夏旅Vol.10 近江八幡~八幡堀

白雲館を出たら、道の反対側の鳥居をくぐります。 真直ぐ進めば、日牟礼八幡宮ですが、今日は失礼して、手前の八幡堀を散策。 ・・・と、その前に。 遊歩道の入口に、興味深い看板がありました。 「近江商人とは」 ちょっと読んでみます。 近江商人とは近江…

久しぶりの旬&下高井戸祭り

やっと日常に戻りました。 8月6日、日曜日の朝食は、釜めし 今回で4回目くらいになります。 お焦げが嫌いなMOURI の為に、極力お焦げが出来ないように火加減を調整してきました。 時間調整、火の加減。 何回かやっていくと微妙な加減が出来るもので、その辺…

高麗橋って。。。

前回のお話の、八木昆布店に向かう冒頭にあった写真「高麗橋」についてです。 高麗橋、高麗橋、、、 最近、とこかで聞いたと思ったら「みをつくし料理帖」に出てきた地名でした。 しかも大変重要な場所だった。 みをつくし料理帖は、大阪生まれの澪が皆の力…

西天満 長池昆布

仕事の集合時間までまだ2時間半ばかりあるので、もう少し、、、 少しじゃないかな 歩いてみます。 目的地は東高麗橋にある「八木商店」さん。 ちまこ通信 (id:chimako-tsushin) のちまこさんが、 「大阪に行くなら夏バテ防止にいい酢こんぶのお店がある」と…

みをつくし料理帖から 酒の肴

「まあ、見てなよ。なんの変哲もない浅草海苔も、こうやって食うと旨いんだ」 ごま油を塗った面に、浅草海苔をもう一枚、貼り付ける。それを七輪の火で丁寧に隅々まで火取った。全体が美しい緑色に変わったところで、海苔を剥がし、接着していた面に焼き塩を…

ウーロン茶で作る冷やし担々麺

おびゴハンで「銀座やまの辺」の山野辺さんが、冷たい担々麺を作ってました。 担々麺のスープに、ウーロン茶を使うっていうじゃないですか。 美味しそう。 早速作ってみました。 作りやすい分量 2人前 (A) たれ ウーロン茶…500㎖、白味噌…100g、にんにく ( …

「う」尽くし・梅土佐豆腐

梅土佐豆腐です。 「みをつくし料理帖」第3巻「想い雲」に収録されている 『豊年星----「う」尽くし』に出てくる一品です。 皿の上で、油を吸った茶色の衣がちりちりと鳴っている。 「こちらの揚げたても召し上がってください。種を取って叩いた梅干しを挟み…

みをつくし料理帖 文庫

買ってしまいました。 「みをつくし料理帖」全10巻 ヤフオクで3,000円で落札!!! 普通に買ったら6,000円だもの、いいお買い物だと私は思う。 4がないのは、読んでいたから。 「今ごろなんで、みをつくし?」とお思いでしょうが、 NHK土曜時代ドラマの放送で知…

失敗から生まれた 忍び瓜

本日の夕食は、上から時計回りに ちびまるポテト、梅土佐豆腐、ホタルイカ、日本一の焼き鳥、忍び瓜 の5皿です。 ちびまるポテトと焼き鳥は、大塚の駅ビル内で買った「日本一」の商品。 先日同様、ちびまるポテトは、半分に切って桜エビと一緒に炒めなおして…

かつおのたたき

本日の夜ごはんは、 かつおのたたき、焼き椎茸、新玉ねぎのサラダ、いぶりがっこ、ハムカツ、オイキムチ ちょっと最近オイキムチに凝っています。 それから、かつおのたたき ところで、NHKで「みをつくし料理帖」というドラマが始まりましたね。 その番組宣…