garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ドラマ

ビブリア古書堂の事件手帖  扉子と不思議な客人たち

「みをつくし料理帖~花だより」と並行して「ビブリア古書堂の事件手帖」の新刊を読みました。 ああ、ヤダ。 映画の帯が付いてる。。。ヽ(`Д´)ノプンプン ビブリア古書堂の事件手帖は、 北鎌倉のビブリア古書堂の店主-篠川栞子が、古書にまつわる事件を解決して…

新しいテレビがやってきた!!!

プラズマテレビが壊れました。 FIFAワールドカップが始まる3日前のことです。 15年も使っていて、画面の右に赤い線が出始めたのですが、だましだまし使っていたんですが、 今週 ( 6/10 ) に入り、電源をつけてから画面が映るのに時間がかかるようになり、、…

悪い天気って・・・

梅雨ですね。 うっとおしい雨が続いています。 何気に撮ったスマホの写真をGIFにしたら、ずっと降り続く映像になりました。 カーテン越しに雲を見ていたら、ドラマ「カルテット」を一場面を思い出しました。 こんなセリフがありました。 すずめ ( 満島ひかり…

この声をきみに

NHKドラマ「この声をきみに」をやっと観終わりました。 撮りためていたものを、大事に大事にもったいないものを観るように時間をかけました。 こんな風に時間をかけて観たのは初めてかもしれない 好きな世界でした このドラマを大切に観ようと思ったのは、よ…

お正月の美味しかったもの ベスト5

去年の暮から今年にかけて、、、お正月休みの楽しみは「食べる」「飲む」ことでした。 それじゃあ、いつもと変わらないだろうと、自分で言っておきますが。 「食べる」では季節ならではのものが色々と食べられて幸せでした。 お煮しめも、割といい感じに出来…

古い雑居ビルと 光クラブ

代々木の駅で、古い雑居ビルを見かけました。 凄い。 レトロだ。上層階は廃墟化しています。 唐突ですが。 このビルを見ていて、ずっと昔に放送されたドキュメンタリードラマを思い出しました。 もう一度見たいと思っていたドラマで、タイトルがわからなかっ…

大原千鶴さんの 韓国風麻婆豆腐

本日の夕食は、以下の四品 食べる順番は、枝豆→切り干し大根サラダ→子供洋食→麻婆豆腐かな。 麻婆豆腐は辛っ辛なので、最初に食べたら、他の味がわからなくなるもの。 食べるのは最後だが、先に紹介する。 これが酒の肴に最高の、大原千鶴さんの韓国風麻婆豆…

夏旅Vol.2 長浜 ガラス館

長旅のドライブに、サングラスを忘れました。 長時間の運転だと目が日焼けしていまうのに、困ったなあ。 若い頃は、そんなことなかったのにぃ w 天の助けだ。 足柄SAに眼鏡屋さんがありました。 IZONE NEW YORKというお店。 眼鏡の上にカチャッとかけられる…

失敗から生まれた 忍び瓜

本日の夕食は、上から時計回りに ちびまるポテト、梅土佐豆腐、ホタルイカ、日本一の焼き鳥、忍び瓜 の5皿です。 ちびまるポテトと焼き鳥は、大塚の駅ビル内で買った「日本一」の商品。 先日同様、ちびまるポテトは、半分に切って桜エビと一緒に炒めなおして…

かつおのたたき

本日の夜ごはんは、 かつおのたたき、焼き椎茸、新玉ねぎのサラダ、いぶりがっこ、ハムカツ、オイキムチ ちょっと最近オイキムチに凝っています。 それから、かつおのたたき ところで、NHKで「みをつくし料理帖」というドラマが始まりましたね。 その番組宣…

池之端・BIKAの美味しそうなキュウリ

林家正蔵の「今日も四時から飲み」という番組を見る機会がありまして、、、 「旅チャンネル」というCS放送なので、ご存じない方が多いと思いますが、正蔵さんが地元根津界隈を中心にした下町や、銀座あたりの行きつけのお店を紹介していく番組です。 正蔵師…

鎌倉で道草 (2012,08,25)

今回は「涼しくて人のいない所がいい」ということで『朝夷奈切通』を選んだのに、いきなり道草です。 同行者は、私の散策 ( 徘徊ともいう ) 好きに輪をかけた人物で、すごい健脚の持主なの。 【道草1-甘いもの】 「切通で、甘いもの食べたい」と、長谷の『…

暮しの手帖で作る 唐揚げ

とと姉ちゃん、終わっちゃいますね。 NHKの朝ドラは、日本の色々な場所を舞台にしてドラマを作っていますから、 OAされている時には、大河ドラマ同様その場所が盛り上がるらしいですね。 観光地なら尚更のこと、お客さんが増えて助かるんだそうです。 オリン…

暮しの手帖 88 里見弴

NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」を見ていたら、 続いて「『とと姉ちゃん』と、あの雑誌 」というドキュメンタリーが始まりました。 ナビゲーターは、ドラマの小橋姉妹の恩師--東堂 チヨを演じていた 片桐はいりさん。 彼女が訪ねた先は、大橋鎭子さんが生前暮ら…

広岡浅子の実家-三井家 ( 小石川家 )

「あさが来た」の主人公-あさのモデルとなったのが広岡浅子。 彼女は数奇な運命を抱え、明治という時代を生き抜きました。 ( なんてテレビ調子な台詞だろ ) その原点ともいうべき彼女の実家、三井家について調べてみました。 ドラマのあさの父親-今井忠興 ( …

鬼平外伝 正月四日の客

≪あらすじ≫ 枕橋のたもとに「さなだや」という蕎麦屋があった。 初老の夫婦が切り盛りするこの店では、毎年正月三が日を休み四日から店を開けるのだが、 その正月四日に限っては故あって「さなだそば」というものだけしか出さなかった。 さなだそばとは、ね…

「花燃ゆ」の久保田磨希さん

今年の大河「花燃ゆ」をまとめ見し初めています。 ・・・もう年末だというのに ww 「花燃ゆ」は、一番好きな時代の話。江戸から明治にかけての面白い人物が沢山出てくるでしょう。主人公の井上真央ほか、いい役者さんたちが好演しているにも関わらず、視聴率…

タイのお土産

MOURI が同僚からタイ土産をいただきました。 こういうのって、楽しい。 あとり? 最後のひらがな、、、り? し? これ美味しいです。 煎餅のコーティングが、あまじょっぱ醤油のおかきに見えるけど、 全然違う味。全然違う世界が広がりますの。 醤油、、じ…

羊さんの タマリンド

吉田羊さんが大好きです。 「たべものがたり 彼女のこんだて帖」では、料理上手のアラフォーOLを好演していました。 「彼女のこんだて帖」という角田光代さん原作のドラマ化でしたが、 一話の脇役が、二話目の主役となっていくというように、人間関係が繋が…

朝からたのし「あまちゃん」再放送

NHK BSプレミアムで「あまちゃん」の再放送が始まりましたね。 ワタシの予想では「おひさま」だったんだけど、はずれ。 わが家の朝ドラデビューはものすごく遅くて、「あまちゃん」からでした。 「あまちゃん」が始まった当時は、「KYON2が朝ドラに出る」と…

ガレットデロワのフェーブ

フェーブのことを知ったのは「真夜中のパン屋さん」で でした。 ガレットデロワというのは、紙の王冠がのったパイ。アーモンドクリームが入ったパイ菓子の中に、フェーヴ(fève、ソラマメの意)と呼ばれる陶製の小さな人形が一つ入ってて。。公現節 (1月6日…

「問題のあるレストラン」のロケ地を探す

ちょっと気になるドラマが始まりました。 「問題のあるレストラン」 ワタシの場合、気になるのはそのロケ地。 舞台となっているのは、裏原あたりにある古いマンションの屋上で、 ゴミためのような屋上が、女たちの手で心温まるビストロになっていくドラマの…

彼女のこんだて帖~「かぼちゃの宝蒸し」

NHK で放送していた『彼女のこんだて帖』を、当時楽しく見ていて、 昨日は原作本を早稲田で手に入れたので、パラパラと…。 そうでした。 このドラマを見て、中華ちまきを作るようになったんだわ。 よしっ!!! 今日は久喜桃子のこんだて帖から、かぼちゃの宝蒸…

あさイチ 落合さんの “ ピリ辛アボカドドレッシング ”

「暑いわね~」っていう挨拶、何回したかしらという今日この頃ですが、流石あさイチ。夏にピッタリのピリ辛レシピの特集をしていました。夢の3シェフ競演は毎回勉強になるけれど、今回は特に落合さんが紹介してらした、アボカドドレッシング”にロックオン。…

真夜中のパン屋さん

NHK BSプレミアムドラマで、放送していた『真夜中のパン屋さん』楽しく観終りまして ( 一昨年のお話 ) 、大沼紀子著『真夜中のパン屋さん~午前0時のレシピ』を楽しく読了しました。 気に入ったドラマに共通するのは何かって考えたら、 「そのドラマの世界に…

漱石全集で、「それから」 を読む

夏目漱石の「それから」を、38年ぶりに読みました。高校時代に読んだ時は、「親のすねをかじっている男が、親友の奥さんを好きになり、親からも親友からも絶縁される」という筋のどこが面白いのか、登場人物の誰にも思いを寄せられず、さっぱりだった。 再読…

あるよ~

本町で買って来た塩豆。 塩豆だけで食べるとしょっぱく感じるもの。 味のバランスは大事。やっぱり甘いものと組み合わせた方がいいみたい。そんなこんな言いながら、いいだけ呑んだその後に、「豆かんが食べたいね」ということになった。 流石に寒天は無いが…

ビブリア古書堂の事件手帖 第6話

毎週、楽しみにしていたビブリアですが、正直言うと3、4話はダレた感じがしてました。1、2話に比べてテンポが違うって言ったらいいのかな。しかも鎌倉ロケも少なかったしね。ところが6話で盛り返してきた。 「こんな役で、この人、何かありそう…」と睨んでい…

中華ちまきを作ろう

≪ テレビに映った食べ物を見ると、食べたくなる ≫ という悪い癖があります。 一緒にテレビを見ていたMOURI には わかるらしい、今日の食卓に乗るものが何か が。 「扱いやすい視聴者だな」とよく言われます。 『たべものがたり~彼女のこんだて帖』で、五香…

ビブリア古書堂の事件手帖 3話

今週の一冊は、ヴィノグラードフ・クジミンの『論理学入門』。この本を売りに来た男(中村獅童)は、ニット帽にサングラスという怪しげないでたちで、外のパトカーのサイレンの音を気にしながら本を預けて立ち去る。男の本の最後のページに「私本閲読許可証」…