garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

古書

『勇者たちへの伝言~いつか来た道』 増山実:著

今年の夏 ( 7月29日 ) 仕事で大阪に行った折、憧れの阪急電車に乗りました。 その思い出をブログに書いたところ、 山猫 id:keystoneforest さんから、メッセージを頂戴しました。⤵ いつのひかきたみち・・・ とても気になって読んでみました。 初めての作家…

古書のテキスト化、OCRはどのくらい

昨日、富貴摟お倉の本の話についてアップした際、 (id:watto) さんから以下のコメントを頂戴しました。 実は私も常々考えていたことです。 「富貴摟お倉」が貴重かどうかはさておき、青空文庫にあったら良いのにと思う本は沢山あります。 個人的には、島木健…

富貴摟お倉 村松梢風

村松梢風さんを知ったのはごく最近です。 横浜にあった富貴摟という料亭の女将--お倉について調べていて、この小説に出会いました。 村松梢風さんは昭和初期の大衆文学の大家で、かなり多く出版していらっしゃるようです。 しかし、現存する古書は大変少ない…

夏旅Vol.9 近江八幡~西川

ランチは近江八幡でとりたいと思います。 昨日から決めていたことですが 近江牛ってのが食べたい 長浜から近江八幡に向かう道のりで、色々と検索をかけましたが しゃぶしゃぶ、ステーキ、近江牛串カツ なんかがあるらしい。 昼間から、しゃぶしゃぶというの…

高麗橋って。。。

前回のお話の、八木昆布店に向かう冒頭にあった写真「高麗橋」についてです。 高麗橋、高麗橋、、、 最近、とこかで聞いたと思ったら「みをつくし料理帖」に出てきた地名でした。 しかも大変重要な場所だった。 みをつくし料理帖は、大阪生まれの澪が皆の力…

伸びゆくもの 朝顔と小説

我が家のベランダ、、、といっても、これは6月22日現在の風景です。 ここのところ、仕事でバタバタとしてしまい、書きたいことや写真がたまり放題。 ゆえに、朝顔観察日記も3週間遅れ とほほほ 今年仲間入りしたあさがおが一番先に咲きました。 「雪」という…

徳川慶喜の墓

御穏殿坂の再訪につづき、先日は時間がなくて行けなかったもうひとつの場所に行きます。 澁澤榮一さんに深く関係のある方のお墓。 徳川慶喜の墓。 徳川慶喜、最後の征夷大将軍です。 徳川慶喜 (1837~1913 ) は、水戸藩主 徳川斉昭の第七子で、はじめは一橋…

御穏殿坂について

先日、日暮里から根津に向かうのに偶然通った「御穏殿坂」を再来。 前回はBIKAの営業時間に間に合うようにと、急ぎ通り過ぎた場所でした。 「坂」というほどの傾斜ではないと思っていたのですが、 なるほど、左の方はなだらかな坂道だ。 左 ) 御穏殿坂 右 ) …

みをつくし料理帖 文庫

買ってしまいました。 「みをつくし料理帖」全10巻 ヤフオクで3,000円で落札!!! 普通に買ったら6,000円だもの、いいお買い物だと私は思う。 4がないのは、読んでいたから。 「今ごろなんで、みをつくし?」とお思いでしょうが、 NHK土曜時代ドラマの放送で知…

ブックカバーの楽しみ方

私の趣味は一応「読書」ということになるのでしょうが、、、 里見弴や島木健作の古い作品を、できれば古書で読むのが好きです。 漱石、太宰など人気の初版本は、とんでもない値段がつきますが、 私が好きなちょっと渋目の作家さんの初版本は、手が届く値段で…

本を拾いました

ゴミ捨て場の簀の子の上に、ひとくくりに縛った本が置かれていました。 今日は午後から大雨が降るという予報。 「もういらない」ということなのでしょうが、 このままにしておいたらずぶぬれで二度と読むことができなくなります。 どうしても、そのままに出…

藤田好三郎さんの中野のお家

先日お邪魔した千駄木の「旧安田楠雄邸庭園」を建てた藤田好三郎さんに興味をひかれました。 藤田さんは普請道楽だったそうで、千駄木のお宅にはわずか数年住まわれただけで、あっさり ( がどうかは? ) 引っ越してしまったようです。 理由は、子供たちが遊…

澁澤榮一傳 幸田露伴著

敬愛する幸田露伴先生が、渋澤栄一さんのことを書かれていたので読み始めました。 例により古本。昭和14年発行。書込み多々あり(笑) 渋沢栄一といえば、 飛鳥山に行っ青淵文庫、晩香爐、渋沢史料館を見学してきました。 史料館の入口には渋沢さんに等身大 ( …

「本を所有する」 ということ

随分前の話になりますが。 「こたつ猫の森」のマミーさんが、2回に渡って興味深い本の紹介をされていました。 最初はこちら。 「エリカ 奇跡のいのち」素晴らしい本であると予感させます。 本を読まれたマミーさんの捉え方、コメントがあまりにも感動的だっ…

大川を歩く 長命寺から 北十間川まで

本郷から歩き始めて一時間半くらいになります。 今いるのは万世橋のたもと 橋の上から左を見るとマーチエキュート。 右側の家、いいなぁ。窓から神田川が見えるなんて。 今日の最終目的地は、向島です。 それは最初から決めてました。 距離的にはまだまだあ…

マーチエキュートに昔、橋があったらしい

太田姫稲荷の元宮のご神木、結構大きかったんですね。 離れてみて驚きました。 駅前だというのに凄く落ち着くのは、ご神木だからかな。 名残惜しいけど、先にすすむことにします。 回れ右して、大阪を下ります。 私、写真を撮るとお月さまが入っていることが…

山の上ホテル物語 / 山の上ホテルの流儀

※ これは、 旧GARADANIKKI (JUGEM) にアップした2014年05月28日19 34:付のコンテンツです。 hatenaへの引越しに伴い一日だけ先頭にアップし、後日 作成日へ以降する予定です。 先日 ( 2014/05/06 ) に、山の上ホテルの辺りを歩いてから、ずっと気になってい…

マロニエの花が咲く 山の上ホテル

※ これは、 旧GARADANIKKI (JUGEM) にアップした2014年05月06日付のコンテンツです。 hatenaへの引越しに伴い一日だけ先頭にアップし、後日 作成日へ以降する予定です。 あたりに教えてくれそうな人…あっドアマンさん。 「綺麗な花ですね、なんていう木です…

御茶ノ水~穂高の古地図からぁの、山の上ホテルがあった場所

大好きなブログお友達、けだまとりこさんが、お声をかけてくれました。 とりこさん、今度は「御茶ノ水、穂高」に出没されたらしい。 www.kedamatoriko.com なんなんだろう。不思議でならぬ。 とりこさんがいいなぁと思い、紹介される場所は、私も大好きな場…

大田区役所から堀之内を歩く

先日 ( 22日 ) 梅屋敷に行きまして。 趣味が高じて、帰りに図書館で沢山資料を借りてしまいました。 ・・・借りたものは返さねばならぬ そんなワケです。 資料を返しに大田区アゲインですの。 前回借りたのは、梅屋敷の近くにある図書館でしたが、 返却は、…

梅屋敷東通り 道標を目指して~

梅屋敷、ぷらもーる梅屋敷と反対側の商店街に入りました。 あら、こちらのうどん屋さんも気になる。 うめやストアー、いいですね 昭和だ。 とりこさんがコーヒーフロートを飲んだお店がここですね。 残念。 こちらも今日はお休みです。 また海苔屋さんだ。 …

里見弴 『山ノ手暮色』

10月06日 早稲田の穴八幡宮で購入した里見弴さんの本 を、楽しく読みすすめています。本日読了したのは『山ノ手暮色』里見さんが、昭和4年2月12日に書かれた作品。初版本は、小村雪岱木版画装で、春陽堂から発売されましたが流石に手に入らず、これは生活社…

八丁堀~稲荷橋について

10月17日に新川を散歩した時、目にとまった「稲荷橋」の石標、 調べてみたら凄い所だったとわかりました。 まず、石標といいましたが正しくは橋標というようです。 そして。 ここに本当に橋があったんです、しかも凄い橋が。 古地図を見てください。 江戸切…

赤屋敷の女 著:大佛次郎

「赤屋敷の女」読了。 この本は確か、鎌倉の公文堂書店で見つけたんだと思います。 真四角な本が珍しいので手に取って、たまには大佛さんの大衆文学もいいかなと購入しました。 しばらく積読になっていたのを読み始めたのは、丁度、横浜の大佛次郎記念館に行…

芥川龍之介 『クラリモンド』

【あらすじ】 幼い頃から僧侶を志すロミュアルは、僧侶になる記念すべき授位式の日に、美しい女性に一目惚れをする。女性の名はクラリモンド。遊女であるクラリモンドに恋こがれるロミュアルだが、その愛欲を封印し、僧侶として生きていく覚悟を固める。やが…

芥川龍之介 『孤独地獄』

『孤独地獄』は、芥川龍之介が(義)母から聞いた話を短編小説にしたものですが、元々は義母の叔父にあたる細木香以が体験した話なのだそうです。 香以は、幕末の芸人や文人の間に知己の数が多い大通人で、河竹黙阿弥は、「江戸櫻清水清玄」で紀國屋文左衛門…

大佛次郎記念館

記念館に入ると、市毛良枝さん似の品の良い女性に出迎えられました。 まだ息が上がっているあたし。 「谷土坂を登ってきて、まだ息が切れてるんです」 「あ~ら、それはきつかったですね。 昔はあの坂を登って来るしかなかったんですけど、駅からエレベータ…

鎌倉参上!! ガッカリしたり ホッコリしたり

実は、9月20日から12月初旬までちょっと忙しくなるんです。 年に一度の用なんですが、BOSSの大仕事のお手伝いに馳せ散じることになりまして。 BOSSは大仕事なんですが、私は小仕事。 運転をしたり、食事の心配をしたり、ニコニコしてたりそんなこと。 それで…

早稲田に古本を買いに行きました

先週の水曜日、高田馬場でバインミーを食べましたが、癖になり。 また行ってきました。 ダメだ、中毒かも。。。 今回は、パクチー追加できました。 こんな パクチー嫌いが、一気にパクチー好きに。 折角、高田馬場に来たんだもの、早稲田まで足を伸ばして古…

暮しの手帖 88 里見弴

NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」を見ていたら、 続いて「『とと姉ちゃん』と、あの雑誌 」というドキュメンタリーが始まりました。 ナビゲーターは、ドラマの小橋姉妹の恩師--東堂 チヨを演じていた 片桐はいりさん。 彼女が訪ねた先は、大橋鎭子さんが生前暮ら…