garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

大佛次郎

赤屋敷の女 著:大佛次郎

「赤屋敷の女」読了。 この本は確か、鎌倉の公文堂書店で見つけたんだと思います。 真四角な本が珍しいので手に取って、たまには大佛さんの大衆文学もいいかなと購入しました。 しばらく積読になっていたのを読み始めたのは、丁度、横浜の大佛次郎記念館に行…

港の見える丘公園から中華街

大佛次郎記念館を出て、右手に進むと高台から港が望めます。 「唱歌 港」の石碑があります。 音譜も書いてある。 どれどれ「♪ 空も港も夜ははれて 月に数ます船のかげ~」 ああ、知ってる知ってる。この港という唱歌は日本初のワルツなんですって。 作曲した…

大佛次郎記念館

記念館に入ると、市毛良枝さん似の品の良い女性に出迎えられました。 まだ息が上がっているあたし。 「谷土坂を登ってきて、まだ息が切れてるんです」 「あ~ら、それはきつかったですね。 昔はあの坂を登って来るしかなかったんですけど、駅からエレベータ…