garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

湯けむりの里に行ってきました

このコンテンツは、2月27日のものです。 高級旅館のような入り口は、スーパー銭湯。 東急田園都市線 宮前平駅からほど近い高台にある『湯けむりの里』という温泉施設です。 ここのところ、水曜日になると 《整体で体をほぐし》→《スーパー銭湯で温まる》とい…

路地好きだもので

代々木上原は、昔から縁のある街でした。 私が育った世田谷から、父の仕事場の港区まで行くのに通る街で、、、 両親の新婚時代は駒場東大というすぐ近くの場所に住んでいたというし、、、、 弟の学校がこの駅にあったからです。 ・・・・自分の縁はひとつも…

ドーナツ屋さん ハリッツ

小田急線 代々木上原に美味しいドーナツ屋さんがあると聞いてやってきました。 こんな路地に。。。 普通の民家を改造して作ったお店のようです。 いつもは外まで並んでいるということですが、、、今日は、お休み? やってました。 でも、玄関の中にはお客さ…

ステーキハウス DANTE

アド街ック天国を見ていたら、赤坂のDANTEが登場しました。 DANTEは41年続く、老舗のステーキ屋さん。 懐かしいなぁ。 バブル期には、よく通いました。 右から二番目の方が、オーナーさん。 元俳優さんで「眼鏡は、顔の一部です。だから東京メガネ」のCMにも…

ある日の外食

出ずっぱりの仕事が少なくなったので、ひとり外食をする機会が減りました。 それでもたまに、こんなの食べます。 ある日は、 ずーっと気になっていた沖縄めし屋さん。 なかなか営業時間に間に合わなくてお初の飛び込み。 まよってまよって トリプル肉そばに…

素通りできない町 下高井戸商店街

下高井戸の商店街には、個性的なお店が沢山あります。 和菓子の三笠屋さん、下高井戸市場の魚屋さん、そしてCOFFEE&ROASTER 2-3。 どのお店も活気があって、いい食材を揃えているので素通りは難しい。 これは、下高井戸の「いずみや」という豆腐屋さんにあっ…

読書用の椅子

シャンデリアの買い替えの為、照明探しを始めました。 しかし、帯に短し襷に流し です。 斜め天井ゆえに吊り下げタイプの照明しかつけられないからです。 こんなの見つけました。 MOURI に写メを送りましたが「今のと変わらないね」と却下。 照明探しで入っ…

日本海庄や

洗濯機が壊れたました。 また大物の交換。去年の後半から今年にかけて、色々な生活家電を買い換えています。 テレビ、ガスレンジ、電子レンジ、掃除機。 そして今回が洗濯機なんですが、新居に移って新しくて買ったものが、同時期に壊れていくのかな。 今度…

東洋文庫ミュージアム

東洋文庫ミュージアムというのがあるのを知り、行ってみたくなりました。 招待券をゲット! 最寄駅は駒込。 駒込といえば六義園も気になりますケド。。 両方はムリなので、今日は東洋文庫ミュージアムだけにしよう。 六義園のあるブロックを通り越して、、、…

根津 BIKAのニラそば

根津にある中華の名店-BIKAにやってきました。 初めて来たのは去年の6月。 その時は独りでお昼に入店しました。 ニラそばが美しくて美味しくて、それをMOURI に食べさせたいとずっと思っていた。 それがやっと かないました。 「落ち着いていい店だね」とMOU…

楽ちんの食卓

腰痛の具合は一進一退で、今日は少し辛い。←これは10月22日の話です。今は完治してます。 昨日はぴんぴんしてたんだけど、低気圧のせいかしら。 そんなワケで、車で下北沢のオオゼキに行くことにしました。 練馬の旬と、下北沢のオオゼキは、良い食材が揃う…

スモーク料理とワイン ゆうばーる

井の頭通りを渋谷から世田谷方面に進み、小田急線・代々木上原の線路をくぐる交差点のところに、 気になる看板があります。 「スモーク料理とワイン」黄色い看板が目立ちます。 一度入ってみたいと思いながら、適当な駐車場がないのでいつも通り過ぎていたん…

四国旅27 伊豆半島珍道中 岩忠

浜松くれたけインは、浜松駅の南口にありました。 昨夜は暗くて見えなかったけれど、右奥が駅。 浜松の南口は少し寂しいです。 ボーッと外を見ているわけじゃないの、ご飯を食べるテーブルなんですの。 くれたけインの朝食は、これまたメニューが豊富。 最近…

四国旅26 浜松の夜 

広島を出て、2時間走ったPAでお昼休憩。 旅の間もっていた天気も、とうとうドシャ降りです。 台風が迫っていますから、私たちは台風をひっさげてお家に帰るという感じ。 旅行中は、魚中心のメニューだったので、 お昼はカロリー満点のお肉料理。 MOURI がき…

四国旅24 広島・なわない、荒井屋、プレジール

本日の宿は、広島 東急REIホテルにしました。 REIホテルにしたのは、松山のREIホテルの朝食が美味しかったからです。 松山が良かったからといって広島が同じかはわかりませんが、朝ご飯 期待してしまいます。 広島 東急REIホテル 〒:広島市中区三川町10-1 T…

四国旅22 尾道・つたふじ~ロープーウェイ

「尾道に来たら絶対に食べて帰れ」と言われた尾道ラーメンの名店があります。 つたふじ 本店 昨晩、20時頃通りかかった時は、もちろん閉まっていましたが、 今日は暖簾が揺れている。 行列あたりまえの人気店ということで、 「並んでまで食べるのは好きじゃ…

四国旅19 尾道の夜 たまがんぞう

しまなみ海道を渡って尾道に上陸。 本日の宿は、ホテル・アルファーワン尾道です。 尾道駅からも近くて、駐車場もホテルの前に平置き。 部屋はツインで、格安といいことづくめ。 窓からは、尾道の山が見えます。 多分、あの山の上から見る景色が映画にも出て…

四国旅17 松山・道後温泉で鯛めし

念願の道後温泉にやってきました。 街中には坊ちゃん列車なるものが走っています。 道後温泉は夏目漱石の坊ちゃんでも全国的に知られるようになり、 私などは「松山・道後温泉といえば夏目漱石」と一番に浮かびます。 でも地元の人にとっては、漱石より正岡…

四国旅 15 松山・たにた~よし井

伊予灘サービスエリアから、松山空港の方角を望む。 その先に瀬戸内海の島々が見えます。 松山市街まで、あと30分くらいでしょう。 陽が落ちる前に、なんとか到着しました。 本日の宿は、松山 東急REIホテルにしました。 松山 東急REIホテル店 〒:愛媛県松…

四国旅 13 高知・いろりや

一夜あけ 快晴。 部屋からの眺めも最高。右手に高知城が見えます。 見え、、、ん? その手前の像はなんだ? 私たちの部屋の角度からは、女神像とお城が見事 どん被りです。 さあ、今日は早く出て見たいものがある。 朝食は、一階のビュッフェで。 このホテル…

四国旅 12 高知・葉牡丹と部屋飲み

本日のホテルは、ツーリストイン高知。 ツーリストってカジュアル感満載の響きですが、 値段の割に安っぽさは全くなし。 ツーリストイン高知店 〒:高知市大川筋1-5-5 TEL:088-820-5151 ホテルは高知駅からも、はりまや橋を中心として繁華街からも便利な場…

四国旅 9 高松から高知へ

ホテル川六の朝食には、うどんがありました。 一応食べ比べのひとつとして、、、これはまあ。うん。 念願の和室でぐっすり寝られたから、体の節々まで伸びた感じがします。 アーケードのそばにある地の利の良いホテルで、清潔で、サービスもゆきとどいている…

四国旅 8 うどんの話

美人亭・ぜにや と楽しんでの帰り道、うどん屋さんを見つけました。 23:00 まだやってるんだ。 そういえば今夜は炭水化物を取っていない。 しかし、こんな時間に食べたりしたら。 ・・・なんて、考え惑っていたのは少しの間で、次の瞬間 暖簾をくぐっていま…

四国旅 7 ぜにや

美人亭を出て、瓦町を右に左にうろつきます。 この辺りは、高松でも賑わう場所と見た。 「金陵」の看板が、もう一軒という気にさせる。 どこに~い~こ~う~かな 今日は多分、これ以上の魚には出会えまい。 でも、どこかもう一軒。。。。 ここはどうかな? …

四国旅 6 高松 美人亭

やっと四国に着きました!!! 3日目にして (;'∀') まずは 高松から。 本日は、ホテル川六エルステージに泊まります。 高松に来るのも、ここに泊まるのも、今日 明石海峡を渡る時に決めたんですが、 宿は三連休最終日なので苦労せずに取れました。 しかも、わー…

四国旅 5 宝塚~淡路島

京都を走り回っていたら、11時が過ぎました。 お昼はどうしよう、急にパンが食べたくなった。 京都の人はパンが好きと聞いていたからでしょうか。 しかし見当もつかない、このまま探し廻っていたも時間がどんどん過ぎてしまう。 思い切って京都を出発して神…

上田にも里帰り

草津から母の住む上田とは車で1時間ちょっとの距離です。 互いの実家が近いのはありがたいことです。 草津に所用の際にはついでに上田に寄り、上田の帰りに草津に寄るといった感じで、 双方の里帰りが一度に出来るのですから。 草津と上田を結ぶのは日本ロマ…

草津への里帰り

MOURI の伯母様が身まかられ、草津に向かうことになりました。 伯母様にはMOURI は勿論私もお世話になり通しで、とても可愛がっていただきました。 面倒見の良い優しい方だったので、多くの方が最後のお別れにみえました。 急な草津。 とるものもとりあえず…

落語・鰻・うさぎ

暑気払いの鰻を食べに上野に来ました。 その前に落語。なんて素晴らしい一日なんでしょう。 鈴本演芸場の昼席には少し早いので、見たい建物に立ち寄り。 はは。 趣味です趣味。 以前、佐多稲子さんの私の東京地図から、この界隈に興味を持ち、 空也というお…

樋口修吉著「老舗の履歴書」元黒門町の空也を読んで

池之端にあった老舗和菓子屋の「空也」さんのことに興味を持ち、 そこから先日お話した福島慶子さんを知ることとなったが、 そのキッカケになったのが、樋口修吉さんが書かれた『老舗の履歴書Ⅰ』でした。 表紙の右上は、銀座の空也の写真でしょう。 残念なが…