garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

松本・上田

上田の恵み カモミールなどなど

例のごとく、上田からの帰りに「ゆとりの里」で買い求めた食材のいろいろ。 平茸なんかは、東京ではなかなか買えない。 野菜はどれも新鮮で柔らかい。 一度食べたら癖になる味です。 今回は、こんな珍しいものもありました。 カモミールにブルーベリー、そし…

手打ちそば「きこりん」と「南大門ホルモン館」

約3週間ぶりの上田です。 心臓の具合が落ち着いた母は、リハビリ目的の病院に転院することになりました。 ・・・といっても。 実際に母が転院した日 ( 5月20日 ) に、ギックリ2日目でどうにも動けず、 転院の付き添いは、上田の母の友達にお願いしました。 …

5月2日 上田の話

綺麗な花だ。ワンちゃんも楽しそうだ。 お庭にこんな椅子を置いてコーヒーを飲んだり、本を読んだり、、、いいなぁ。 ここはどこ わたしはだーれ ←古っ!!! ここは横川サービスエリアの、 「軽井沢・信州へのプロローグ YOKOKAWA ハイウェイガーデン」 横川SA…

4月24日の上田の話

上信越自動車道では、横川SAを過ぎたあたりから左に 奇妙な山が見えてきます。 隆起したのか、崖崩れで残った跡なのか、岩山が特徴的。 母の住む長野県上田市に行く時には、この景色が楽しみです。 でも、運転手なので写真は撮れずにいました。 今回は、高速…

上田 EMPIRE そのほか

母の入院で上田に来ています。 昨日今日とホテルに泊まり、入院手続きとかこまごました雑用をすすめています。 一泊目は、駅近のホテルに宿泊。 部屋は綺麗なのですが、予約が入っていて連泊できないとのこと。 朝食もちょっと寂しいので、二泊目の宿は違う…

上田で過ごしたXmas

母の住む上田で思いがけないXmasを迎えました。 一昨日、雪景色をアップしたところ、 よんばばさんから、母のことをご心配いただきました。 よんばばさん、ご心配かけてすみません。 いえね、今回は病気とか急な心配ごとではありませんでしたの。 すみません…

ホワイトクリスマス

たぶん、いやあったかな、うーんなかった 初めてです。 25日 Xmasに雪景色を見るのは。 東京ではなかなかホワイトクリスマスってないでしょう。 今年は、急に上田に行くかということになり、こんな景色を経験しました。 写真ではわからないですが、雪が舞っ…

上田にも里帰り

草津から母の住む上田とは車で1時間ちょっとの距離です。 互いの実家が近いのはありがたいことです。 草津に所用の際にはついでに上田に寄り、上田の帰りに草津に寄るといった感じで、 双方の里帰りが一度に出来るのですから。 草津と上田を結ぶのは日本ロマ…

ちょっと母のこと ちょっとぴ~のこと

5月6日のぴ~の死から1か月が経ちました。 何を見ても、まだまだぴ~を思い出し泣く日々が続いていますが、 日常生活、仕事に加え、母の病院のことで東京と上田を行ったりきたりする日々を過ごしている内に、 大泣きする回数は少し減りました。 そして。 母…

BOOKS & CAFE NABO

上田の魚屋さんの脇に、凄く気になるお店を見つけました。 「小島紙店」と書いてあるんだけれど、中には本棚とお茶を飲んでいる人が見えます。 脇へ廻ってみたら「BOOKS」と書いてあります。 脇から入るみたいだ。 入ってみよう。 入口には「100円」コーナー…

ぴ~の里帰り 上田

上田の母のところに行ってきました。 上田のポケモンは、雪景色でした。 母の家のインテリアは、また変わってる。 流木を渡して和紙をかけてライトを仕込んでたり、、、 部屋の中がちょっと明るくなっていました。 母はこういう模様替えが大好きなんです。 …

出先で潤う 我が家の食卓

つくづく思いますの、私の献立は 行った先の食材で潤っているのだと。 大阪梅田~はがくれの生じょうゆ 風 私はもちろんのこと。 MOURI も気に入ってしまったようです。 アトリエ・ド・フロマージュで見つけたものたち その一 きゅうりメロン 5個しかないの…

アトリエ・ド・フロマージュの美味しかったもの

アトリエ・ド・フロマージュで買ってきて 美味しかったもの これなら大丈夫と思って購入したパウンドケーキ 開けてみる 切ってみる 食べてみた うわっ 美味しい❤ 正式には「ケーク・クリーム・プレーン」というらしい。 お店のホームページを見たら、通販で…

上田から アトリエ・ド・フロマージュと百体観音

ぴ~を上田の母のところに連れて帰ることになりました。 その話は、既に8/17にしましたが、今日は帰り道や食べたもの話です。 抜歯の治療中の母は、今月は流動食。 なので私は、途中で買った駅弁で済ませます。 高崎名物 〇〇めし 御弁当 ・・・・読めない。…

上田 バスで一泊

上田の母のところに行くことになりました。 今回は病院のドクターとちょっとした相談だけなので一泊です。 いつもは車か新幹線で行くのですが、 前々から気になっていた高速バスを利用してみたいと思います。 上田行きは、 新宿バスタからだと一日一便夜だけ…

うどのきんぴら ~上田いちや風

うどのきんぴらを作りました。 これでなんと、うど一本分です。 先日、上田に行った折、そば処いちやさんにお邪魔をしたのですが、 その時にMOURI のお酒のつまみに配されたのがこれでした。 ( ´艸`) 「これでした」ではない。 これは私が真似して作っただ…

にんじんのいぶりがっこ

本日の夕食は、この五品。 いつもよりちょっとヘルシーです。 肉っていうものがないもの。 中学生的感覚の私としては、何か物足りないが、家人によるとこれでいいらしい。 そうかな。。。 これは昆布の煮たもの 切り昆布をごま油でさっと炒めて、唐辛子の輪…

折角、行楽地に行ったのに。。。

ゴールデンウィークに、草津~上田をまわり、いろいろな名所に行ったのに、 写真を撮りそびれてばかりでした。 酷い話です。例えばこの写真。 フェンス越しのお店と、トラクターの写真だけではなんだかさっぱりわかりませんな。 残念なので、お店の写真をお…

上田に行ってきました

上田の母に会いに行きました。 今回は一人なので電車で行きました。( 4/19のお話です ) 必要となれば現地でレンタカーを調達するつもりで。。。 駅で道草 電車だと、どうしても寄ってしまうの、駅ビルの立ち食い蕎麦屋の「ちくま」さん ※ 立ち食い蕎麦といい…

上田のごちそう

上田から帰ると、我が家の食卓が少し変化するようです。 上田って野菜が美味しくて安いんですよ。 前回は、セロリのスプラウトを上田で見つけて大量買いしました。 今回は、むかご・小松菜を買ってきました。 大きくて新鮮な小松菜だったので、油揚げと豚肉…

弾丸 上田ツアー

年末から正月にかけて、上田の母を呼ぶことにしました。 そのために必要になるのが、お医者さんの手配。 母は透析患者なので、2日に一度人工透析をしなければいけなくて、、、 上田の病院から東京の病院に情報を伝達してもらわなきゃならない。 事務作業が苦…

上田 そば処 いちや 再び

上田の弾丸訪問。 ( 2016年12月9日のお話です ) お世話になっている方々を訪問したり、 母に今後の話や家探しの途中経過を話したり、 文鳥のぴーの相手をしたりして一夜あけました。 15年以上も使っていた “らくらくホン” もそろそろ寿命みたいだし、 「新し…

忙しい一日

今日は、忙しくなりそうなのです。 ( 2016年12月8日のお話です ) だから朝は、キチンと食べます。 にんじん、ごぼう、大根、椎茸、レタス、きゅうり、玉ねぎ、筍。 タンパク質はタコ 卵焼きもあるから、栄養面は合格か。 上田の母を東京に呼び寄せたいと思っ…

松本 6 あがたの森ってなに?

夕食までのつなぎのサンドイッチを買いに走ります。 走るったって、トボトボ歩きながらネットでリサーチしたお店に向かうだけのこと。 結構、遠い。 お目当ての店に向かう道の突き当りに気になるスポットが。。。 あそこ、気になる。 とりあえず先にお店に行…

松本 5 四柱神社と金つば

松本を歩いていると、至るところに水場があります。 母が住む長野県上田もそうですが、山に囲まれた長野県は雪解け水が川となり、 美味しい飲み水となります。 水の流れって、ずっと見ていても飽きません。 火もそうだし、洗濯機が回っているのを見てるのも…

松本 4 松本丸の内ホテル

本日のお宿は、松本丸の内ホテルです。 昨夜、霧の中到着した時にはそのレトロ感に驚きました。 でもこの建物、正確にはホテルに隣接している「レストラン棟」だったんです。 ホテルのフロントは、レストランの脇にあります。 スロープになっている ( ような…

松本 3 霧の松本城

一夜あけ、ホテルの部屋から外をみてみました。 楽し 雪とか霧とかって、テンション上るのはどうしてだろう あの壁画、クール。 鉄の扉も赤く塗ってオシャレ。 あんな屋上で珈琲飲んだり、煙草をふかしたりするのいいだろうな。 ・・・タバコ吸わないケド(笑…

松本 2 濃霧

仕事を終えて外に出たら、松本の夜が凄い事になっていました。 タクシーの運転手さんも「こんなことは初めて」だと驚いていました。 昨日の雨、今日のばか陽気でこんなになってしまったようです。 BOSSとホテルに一旦戻った後、ちょっと散歩をしてみようと思…

悲しくても腹は減る

仕事場をぬけて、義父の葬儀に向かっています。(2016.10.26) 悲しい気分で山を見るのはつらい。。。 人工透析を終えた母をピックして、まず昼食。 「少し痩せたね」 「そうかしら」 透析を受けながら夫の看病 (病院通い) をしていたんだもの、さぞ疲れたこと…

おひさま ~ 大切なあなたへ

10月25日、義父が他界しました。 余命1年と言われた癌の闘病生活でしたが、2年7ヵ月頑張りました。 享年69。母の再婚相手である義父は、母よりもずっとずっと年下の人でした。 癌を宣告された時、義父は「一生の不覚!」と吐露したといいます。 母を残して逝…