garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

観光・見聞

旅土産 菓子 & 器

今回の夏旅のお土産は、以下の品々です。 お土産というよりも自分たち用に買ってきたものばかりですけど。。。 まず、しろえびのポテトチップス。 これは富山の限定販売品です。 昨年富山で見つけて気に入ってしまいました。 今回は富山に寄らなかったので入…

夏旅Vol.21 上田から草津へ

母の家に着いたのは、19時頃でした。 金沢で買ってきた白エビに米粉をつけて揚げました。 「美味しい、初めて食べた」と母が喜んでいます。 仮歯の調子が悪く、まったく噛めないというから、 玉子豆腐や、好物の無花果のほか、口当たりの良さそうなもの手あ…

夏旅Vol.19 金沢 近江町市場

8月26日夏旅行、最終日の朝食 in APA サンドイッチにおにぎりに焼きそば たぁー なんとおバカな炭水化物祭。 本日は、金沢を経って岐阜・高山 (白川郷) 経由で上田の母のところに行きます。 母の所で一泊するので夕飯の食材調達に近江町市場に寄ります。 嬉…

夏旅Vol.18 金沢 Bar spoon と 8番らーめん

ウマい日本酒-黒帯に、丁寧な仕事の美味しい料理の数々と、 気持ちの良いもてなしを受けて「やっぱり金沢に来て良かった~」とご機嫌な2人。 しかしこのままでは帰れない。 もう一軒行きたいところがある。 Bar spoonです。 一昨年来店し、たちまち細田バー…

夏旅Vol.17 金沢 割烹 浜長

2017年夏旅、最終日の宿は、金沢中央アパホテルです。 着いた~。 3年続けて来た金沢の宿はいつも片町にある 金沢中央アパホテル ですの。 金沢市にはアパホテルは6軒あって、その内2軒は片町にある。 一軒はアパヴィラホテル《金沢片町》という間違いやすい…

夏旅Vol.16 舞鶴 引揚記念館

赤れんが博物館を見学してから、 市役所の先の赤れんが倉庫群を見に行こうと思います。 歩いて5分くらいだそうで、真鶴東港に沿って行けばよいらしい。 そういえば。 赤れんが博物館の中に舞鶴港に関係している戦艦の写真が掲載されているコーナーに、 20代…

夏旅Vol.15 舞鶴 赤れんが博物館

小浜のホテルから見えたあの岬、青井岬っていったかな? 気になったので行ってみることにしました。 今日の泊まりは、金沢にしました。 富山も候補にしていたんですが、ホテルが取れません。 もう一日あったら、富山も行きたかったんですけど。。。。 小浜か…

夏旅Vol.14 小浜 ホテルアーバンポート

小浜の「ごえん」に歩いていける距離に宿はないかと、探し当てたのがホテルアーバンポートでした。 な なんと、20平米、バストイレ付、オーシャンビューのツインルームです。 ツインなんて、久しぶりだ。 外でたらふく食べて、飲むだけ飲んで寝るだけだもの…

夏旅Vol.13 小浜 ごえん

今年の夏旅は、去年とほぼ同じコースをたどることになりそうです。 「美味しかったからまた行きたい」という店が沢山 頭に浮かびました。 浜松の貴田之瀬、福井の魚志楼、金沢の猩々。 美味しかったなぁ。 でも、まったく同じお店に行くのでは勿体ない。 涙…

夏旅Vol.12 近江八幡から小浜へ~瓜割の滝

近江八幡から琵琶湖を時計回りに走り、小浜に向かいます。 現在 13:40 まだ早いから、途中で面白そうな所があったら寄ろうと思います。 BGMは、浜松SAで買った「サザンオールスターズの2枚組ベスト」 2枚組だもの、聞きごたえがありますよーん。 サザンの曲…

夏旅Vol.11 近江八幡のヴォーリズさん

八幡堀に来たら、近江牛のメンチカツを食べる。 ⤴ 密かに抱いていた望み、でもお店 とうとう見つかりませんでした。 表通りに戻ってみたらショールームみたいなのがある。 ご自由に。 うーん外は暑いから、少し休ませてもらおう。 そんな不埒な理由で入りま…

夏旅Vol.10 近江八幡~八幡堀

白雲館を出たら、道の反対側の鳥居をくぐります。 真直ぐ進めば、日牟礼八幡宮ですが、今日は失礼して、手前の八幡堀を散策。 ・・・と、その前に。 遊歩道の入口に、興味深い看板がありました。 「近江商人とは」 ちょっと読んでみます。 近江商人とは近江…

夏旅Vol.9 近江八幡~西川

ランチは近江八幡でとりたいと思います。 昨日から決めていたことですが 近江牛ってのが食べたい 長浜から近江八幡に向かう道のりで、色々と検索をかけましたが しゃぶしゃぶ、ステーキ、近江牛串カツ なんかがあるらしい。 昼間から、しゃぶしゃぶというの…

夏旅Vol.8 ラ コリーナ近江八幡

車は長浜から琵琶湖を南下しています。 長浜からこの日の宿泊先-小浜まで真直ぐ行くのであれば、北上した方が近い。 それに半時計回りなら、助手席から琵琶湖が障害物なしに眺められます。 助手席に座っているMOURI には、その方が景色いいでしょうけれど。 …

夏旅Vol.7 長浜の街並み 大通寺参道から豊公園へ

初めにお話しておきまますが、今回はかなり中途半端です。 大通寺は、開門はしていたものの、本殿に入れる時間ではなかった為、正面広場を拝見したのみ。 長浜城も「城」といっても鉄筋コンクリートの博物館だというのでパスしました。 要するに、そこらあた…

夏旅Vol.6 長浜の街並み 朱印地とか

翌朝、出発までの短い時間、長浜の街を散歩することにしました。 ・・・・と、その話をする前に。 ホテルでちょっとしたハプニングがありましたの、聞いてください。 私たちの部屋は、セミダブルの大きなベッドでした。 ベッドの向きの関係で、通路の方に30…

夏旅Vol.5 長浜 長浜浪漫ビール

住茂登を出たのは20時ちょっと前。 ホテルまで細い民家のある道を選んで歩いています。 なんだろう、、、普通のお家? それとも。。。 営業中と書いてあるので、何かだと思いますが。。。 まだ早いから、どこぞにもう一軒ひっかかりたい。 しかし、長浜の夜…

夏旅Vol.4 長浜 住茂登 ( すみもと )

ホテルを出て、ご飯を食べに行きます。 ホテルから居酒屋さんまで15分くらいかな。 さっき車で通った道も、歩きだと色々なものを発見できる、これが面白い。 橋の向うには長浜ビールのレストランがあります。 良いロケーションだわ。 長浜の旧市街は、網の目…

夏旅Vol.3 長浜の街並みと、YESなんとか

ホテルに入るまで、まだ時間があるので、今日行く居酒屋さんの界隈を下見します。 長浜は古い建物が沢山あるなあ。 川べりも美しく、趣きがあります。 ところどころ階段で下に降りられるようになってます。 水深も浅め、川幅を考えると運河というより用水路…

夏旅Vol.2 長浜 ガラス館

長旅のドライブに、サングラスを忘れました。 長時間の運転だと目が日焼けしていまうのに、困ったなあ。 若い頃は、そんなことなかったのにぃ w 天の助けだ。 足柄SAに眼鏡屋さんがありました。 IZONE NEW YORKというお店。 眼鏡の上にカチャッとかけられる…

夏旅Vol.1 浜松 藤田屋

今年の夏旅行は、8月23日( 水 ) ~26日 ( 土 ) の3泊4日で組み立てることにしました。 いつもながら、我が家の旅行は行き当たりばったりで、 2日目福井県小浜の宿しか予約していません。 初日はどこまで行けるか、途中で面白いものを見つけながらの珍道中に…

高麗橋って。。。

前回のお話の、八木昆布店に向かう冒頭にあった写真「高麗橋」についてです。 高麗橋、高麗橋、、、 最近、とこかで聞いたと思ったら「みをつくし料理帖」に出てきた地名でした。 しかも大変重要な場所だった。 みをつくし料理帖は、大阪生まれの澪が皆の力…

八木昆布店

高麗橋を渡って、最終目的地の八木昆布店に到着しました。 あそこだ。 八木昆布店と書いてある。 ワクワクします。 凄い。 弘化二年創業だって。 ※ 弘化二年は1845年、今から172年も前。 老舗も老舗の昆布屋さんなんですな。 では、ごめんください。 桶に昆…

北区 天満・中之島あたりを歩く

老松通りを西天満に向かって歩いていた時、 十字路の右の向うに鬱蒼とした木が見つけまして。。。 曲がってみたところにあったのが長池昆布さんだったんです。 そして、その鬱蒼とした木々とはここのこと。 何やら看板がある。 旧町名継承碑『真砂町』 当町…

宝塚からの帰路

小林一三さんの胸像のあるところから、花のみちを歩き宝塚南口駅に向かいます。 阪急電車の高架線の下に「宝塚音楽学校」の玄関がありました。 新聞と牛乳のポストが可愛く並んでる。 音楽学校って確か寮生活でしたよね、門限ギリギリの生徒はここを出入りす…

小林一三と澁澤榮一

TAKARAZUKA ここが宝塚歌劇団の本拠です。 タクシーで乗り付けている人もいます。 これから公演が始まるのかな、憧れのスターに会えるお客さんワクワクでしょうね。 歌劇団を作ったのはこちらの方。 小林一三さん。 朝倉文夫さんが作った彫刻は、凛々しい中…

宝塚 サンドイッチ ルマン

花のみち 素敵なプロムナードですな。 なるほど、そうか。 小林一三さんが宝塚劇場から少し離れたところに駅を開設したのは意味があったのですね。 電車から劇場が見える→通り過ぎる→駅に着く→劇場に向かって歩く→花のみち これから歌劇を見ようという人にと…

宝塚 喫茶店チェリー

宝塚駅に到着 駅は大劇場から更に先にあるんですね、意外です。 広場には彫像。 「宝塚ゆめの広場」だそうです。 どこかに喫茶店はないかな。 ソリオ宝塚という駅ビルに来ました。広場が市場になっている。 本屋さんの店先には、宝塚の演目に特化したコーナ…

初めての阪急今津線

阪急電車に憧れたのは、 ベタですが 有川浩の「阪急電車」がキッカケでした。 下 ⤵は、2011年当時の 読書感想の記事。 GARA( ホームページ ) http://gara.moo.jp/menu/yondeyo/book/01-con.html その後、映画「阪急電車 片道15分の奇跡」を見て、更に想いが…

憧れの阪急電車 中津から西宮北口まで

「ああ、よく寝た」と思って目が覚めると午前6時。 年を取ると眠りが浅くなるというか、人生が勿体なくなるのか、ホテルでは早くに目覚めてしまう。 行きたいところがあります。 宝塚 乗りたいものがあります。 近鉄電車 阪急電車 憧れの近鉄 阪急電車。あれ…