読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

旧東京市営店舗向住宅

おでかけ かなり散策 建物

 

清澄庭園と深川江戸資料館を堪能したら、お腹が空いた。
落語会の開演が18時半だから、まだ一時間半もある。
やっぱり、ちょっと早すぎたかね。ってことで腹ごしらえです。
せっかく深川に来たんだもの。深川めし食べたことないから、食うぞぉ~

f:id:garadanikki:20140915190844j:plain


ここにしようかな。

f:id:garadanikki:20140915190845j:plain
ガラッ「こんにちわ」と戸を開けたら、狭いのね。
左にこあがりがあって、7人位座れるかな。右にはカウンターが4席位。
初老のご主人がひとりだけで、口開けだから、お客さんはゼロ。
「何にします」「深川めしください」

待つことしばし、出来上がり~っ!!

f:id:garadanikki:20140915190846j:plain

「あついから、気をつけてね」とご主人優しくアドバイス。
そうよね、あんかけだもの、なかなか冷めないもんね。
猫舌だから。あんかけ丼が冷めるまで、蕎麦茶を飲んで、お新香つまみます。

f:id:garadanikki:20140915190849j:plain

「あの、写真撮らせてもらって、いいですか?」「どうぞどうぞ」
あんかけ丼をおっかなびっくり食べ始めたところに、奥さんが帰ってきた。
「いらっしゃいませ」「おじゃましてます」
…おじゃましてますっていうのも変だったと苦笑いしながら食べてると、ご主人が静かに話し出す。
「どこかで、写真撮れました?」
「清澄庭園と深川江戸記念館に行ったので、一杯撮っちゃいました」

お店は狭いから、ややもすれば圧迫感を感じても不思議ないのに、
なんだろうこの寛げる雰囲気は…。
ご主人も奥さんもニコニコ笑いながら、さりげなく話をするの。もちろん食事の邪魔なんかに決してならない感じで。ワタシの方は、久しぶりに帰った実家にいる気分になって、いろんなこと聞いてみた。

f:id:garadanikki:20140916020440j:plain

まず気になってたあのレトロな建物のこと⇒

あれは、昭和の初めに建てられた東京市の建物なんだって。今では、思い思い屋上部分にプレハブなんか増築してたりするけど、当時は屋上が全部同じ高さでつながってたから、ご主人が子供の頃は、よくあそこで遊んだんだって。

「どうやって屋上に登るかっていうとね、
 清澄庭園の木によじ登って、そこから飛び移るん
 ですよ。でも帰りは大変なの。屋上から木に移るのは、それは苦労したなぁ。それでも広くて楽しいから、
 良く登ったんなあ。大勢でダダダッと走り回るんだもの、下の家の人はうるさかったでしょうね。
 でも優しいよね、一回も怒られなかったもの。」

ご主人は当時の様子を懐かしそうに話してくれました。
あの長屋、実は地下もあるんだそうです。ご主人も、つい最近まで知らなかったけど、タモリ倶楽部で取り上げられて知ったのだそうです。

それからご主人と奥さんから、
「江戸資料館の街並みは、実際にこの先の深川佐賀町の街並みをモデルにしてる」という話や
「木場の河岸は河津桜の名所」だという話も教えて貰いました。

河津桜っていえば、親友MAMAとオネエチャマに『伊豆、河津桜満喫ツァー』に誘われたんだけど、仕事で行けずに残念に思っていたところなの。今度の仕事場は箱崎だから、木場なら見に来れるな。
ということで、お花見の節は、また寄らせてもらいます。ご主人、奥さん、よろしくです。

f:id:garadanikki:20140915190851j:plain


f:id:garadanikki:20140916030931j:plain