garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

自選小説集 『雪の日』 志賀直哉

f:id:garadanikki:20141009100555j:plain f:id:garadanikki:20141009100556j:plain


新潮社版 自選小説集『雪の日』著:志賀直哉
昭和22年11月10日初版の本です。良い字だなあ、題字はなんと谷崎潤一郎

f:id:garadanikki:20141009100557j:plain

流石に天にシミ・日焼けがあって、和紙のカバーもチリチリになってます。
ずっと気になっていた古書で、市場価格にかなりのバラつきがあって、50,000円から1,500円。
その差がちっともわからない。

特にシミ・汚れに抵抗がないので「安いのでいい」と、以前取引したことのあるお店から低価格で購入。

 今日は読書感想じゃなくて、本の感想。
この本のラインナップはこんなところ。

f:id:garadanikki:20141109135109j:plain

全集で既に読んだ作品もあるが、未読のものもあり。
筑摩書店の全集の小さくで二段の文字で読むのと、また違った味わいがあるはずなので、
もう一度はじめから読んでいきたいと思います。