読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

新潮 1945年 ( 昭和20 ) 11月号

古書 本をよむ 島木健作

f:id:garadanikki:20140918103149j:plain 新潮。
69年前の11月号です。
昭和20年というと終戦の年。
島木健作さんは終戦の日の2日後、8月17日に亡くなりました。42年の生涯でした。


この号には、島木健作の追悼のページが組まれてます。
f:id:garadanikki:20140918103155j:plain

※ 当Blogの画像はクリックすると大きくなります。
島木さんと親交が深かったということで、川端康成亀井勝一郎、森山敬の三氏が文章を寄せてます。
そして、島木さんの遺作として『黒猫』。

f:id:garadanikki:20140918103150j:plain

川端さんの追悼文には、島木さんが入院された日と亡くなった日の様子が書かれます。
川端康成、久米正夫、中山義秀小林秀雄高見順といった鎌倉の友人たちが、
扇ヶ谷の島木家 ⇔ 八幡宮の参道にあった病院を、担架で運んだようです。
当時、島木さんが住んでいたのは鎌倉の扇ヶ谷。
そこから八幡様の参道にあったという鎌倉養生園 ( 現・養成院 清川病院か? ) に運んだっていうから、
距離として1km強。↓

f:id:garadanikki:20141008164401j:plain

川端さんが提灯を持ったという資料が残っているけれど、
担架の方は交代だったのかな。さぞ大変だったことでしょう。

f:id:garadanikki:20140918103151j:plain

「追悼」川端康成 は、左線をクリックすると参照できます。