garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

伝説のにゃんこ先生

 

散歩の途中で立ち寄る “ あるところ ” で、その人に に会った。
彼は沢山の猫に囲まれ、地面に座っていた。 猫たちは食事の真っ最中。

彼は、

晴れの日も、雨の日も、寒くても、暑くても、何年も何年も、同じ時間、同じ場所で、猫にご飯をあげている。

このあたりの猫のことで、知らないことはないという。

風邪っぴきの猫には薬を与え、ふところ抱きして夜明かししたことも一度や二度ではないという。

そんな噂を聞いて、ワタシはずっと彼に会ってみたかったのだ。

                f:id:garadanikki:20140914094317j:plain

猫を見て「可愛い~!」と近寄る人がいるが、野良猫はテンションの高い人間を嫌う。

折角の食事中そういう人たちの為、何度も中断させられた経験もあるのだろう、彼はワタシを迷惑げに見た。

ワタシは、初めての猫に近寄る要領で、数㎝ずつ少し少し彼ににじり寄る。

                f:id:garadanikki:20140914094314j:plain

1時間ほどして。

ワタシは彼と並んで座っていた。

猫の話に花が咲き、話題は文学や仏教にも転じ、あっという間に時間が経った。

猫の愛称も違うから、ワタシが『モミ』と呼ぶ子が、彼にとっては『こかえで』だったり、

『ヨハンさん』が『ボス』だったりする。

猫は、いくつもの名前を持っていて応対してくれてたことに気づいた。

 

           f:id:garadanikki:20140914094325j:plain


彼は、決して猫を呼ばない。
いつも黙々と食事の支度をしていると、猫の方から近寄ってくる。

時間までにやって来なかった猫がいても気にしない。次の日会えれば、それでいいと思っている。
ワタシなら4~5日会えない猫なら「どうしてた~?」と、駆け寄ってしまうけど、

彼は「ああ~、○○さん、おはよう」と、挨拶するだけ。

 

沢山の猫の死にも彼は立ち会ったし、それより多くの人間の迷惑にも晒されてきた。

誹謗中傷や暴力をふるわれたこともある。

しかし。そんな話をしてくれる時、彼は決して、感傷的にも、感情的にもならない。

信じられないような不届者の話も、悲しい別れの話も、腹をかかえる面白い出来事も、

彼は、達観した様子で静かに語る。
彼は仙人のようでもあり。。。いや、やはり彼は『伝説のにゃんこ先生』である。