garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

お母さんのクリームシチュー

※ 当Blogの画像はクリックすると大きくなります。

 

「おふくろの味って何?」

 MOURI に聞いたら、凄く考えて「シチューかな」と答えた。

 彼の家は、男の子は一度外の飯を食わせるという方針らしく、MOURI も弟も高校は親許を離れ下宿生活だった。

 結局MOURIは、そのまま大学も就職も東京だったから、

「おふくろの飯より、もう、まるさんの飯の方が長い」という。

 

 でもさあ “一応長男の嫁って奴” だから、何かひとつでも継がせてもらいたい、

 (笑) それがシチューかどうかはおいといて。。。そう思ったわけ。

 

 翌年、帰省した時、お母さんに作り方を教えてくださいとお願いしたのね。

「なぁに、教えるほどのもんじゃないわよう」

 お母さんはそう言ってコロコロと笑ってたけど、作ってくれることになった。

 ところが翌朝、起きたら既にシチューは出来上がっててね、

「お母さ~ん、作るとこ見たかったのになあ~」と突っ込んだら、またアハハと笑っておしまい。

 

 そんな明るくて優しいお母さんも、もういない。

 結局、お母さんのシチューは分からずじまいだけど、

 鶏肉じゃなくて、豚ロースの薄切りで作るお母さんのシチュー、

「こんなだったかなあ」と思いながら作っています。

 

なんちゃってお母さんのシチュー

f:id:garadanikki:20141130120905j:plain