garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

サワコの朝 柳原可奈子

 

 毎週土曜日 あさ7時30分 『サワコの朝』は、欠かさず見ています。

“ 聞き上手 ” と、定評のある阿川佐和子さんの、「この人との対談は、失敗だな」という回はない。
ゲストの話を聞いている時のサワコさんは、キラッキラの目で興味津々、楽しそうにし話を聞く。
あんな顔されちゃ、話し手の方は、“ するつもりのなかった話 ” まで披露しちゃうだろうな。

f:id:garadanikki:20141214030553j:plain f:id:garadanikki:20141214030554j:plain

 

【柳原可奈子さんの回】2012年12月8日OA

日常にいるちょっと気になる人々を彼女ならではの観察眼で表現。
その人間観察の原点となっていたのは、小学生の時らしい。

母親はスナックを経営をしていて、夕方になるとスナック友達が彼女の家に集って、全員で化粧の仕上げをして出陣する毎日だった。
「お化粧してる人たち見てるとね、最近、誰と誰がうまくいってないんだなぁとか、
 あの人のあの一言は余計だったよなとか、わかるんですよぉ」

19歳の時、過保護なくらい溺愛してくれていた母親が亡くなる。それまで父親と直接話す機会もなく、

母親の葬式で、父が泣く姿を始めて見た彼女。
「ああ、この人も可哀相な一人の坊やなんだと、19歳の時に思って。
 この人、私が守ってあげなきゃって思ったんですよね」
それから父と2人暮らしをするようになり「なんて話のあう人だろう」ということがわかったのだそうだ。

≪新ネタ 料理上手な専業主婦 を披露≫

「あっそれ? それはね昨日から下味つけてたの」
「それ? それはね。2週間前からずっとね、オイルに漬けてたの」
「ん? それ? もう1ヵ月前からずっと漬けたの」
「ええっ(笑) お勤めしてたら出来ないよぉ」


笑った、笑った。実際見たこともないのに「いるいる! そういう人」と思わせるから凄い。
これは、彼女の身の回りで本当に起こった話で、泣きながら帰ったんだって。

柳原「すごくね、ちょっとピリっと…久々に毒のある言葉を聞いたなと思いました。

   『お勤めしてたらお料理する時間なんてないよ、それが当たり前、おつとめしてるんだもん』

   って言われて。『こういう普通の生活が一番幸せだよ~』って」
阿川「なんだろう、その女の毒」
柳原「私も悪いこと言ってないし、向うも悪いこと言ってないし。でもグサっと来て。その人大好きよ、

   もの凄く悪く思ってないんだけど、私の自虐的スイッチ入っちゃったから、

   そういう風に思ったんだろうけど。」
阿川「女友達って、自分が幸せだということを、女友達の前で確認したいっていう、本能ないかな」
柳原「ああ~」
阿川「昔から思うんですけれども、例えば私 年頃の頃に、『どうする結婚』とか話してた友達、

   結婚決まりました。『阿川も早く、こっちへおいでよ』って。それってさ

   『幸せな水の中に入っておいでよ、私は今幸せなの』っていうことが言いたいわけって」

なるほど、それもわかるわかる。
そういう人に限って「悪気はなかったのよ~」って(笑)言うんだよね。