読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ビブリア古書堂の事件手帖 のサントラを聞く

ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」が終わって ( 2013年3月25日最終回 ) から、

もう1年半以上になるというのに、今でもDVDを楽しんでいます。

舞台が鎌倉だったし、古書をテーマにしているから、どストライクだったのね。

 

放送当時は、主役の2人 ( 剛力彩芽AKIRA ) の滑舌の悪さがさほど気にならなかったのに、

何回も見ている内に「こりゃひどいや」と失笑してしまうようになった。

仕方ないじゃない、モデルさんとパフォーマーさんだもん。

それも個性かと大目にみることにしています。。。

 

もうひとつ気に入ったのが、挿入曲。

メインテーマの「Seaching」は、男女の声をリミックスした面白い歌声に、

キーボードの連打が素晴らしく、いつ聞いても気分が高揚する。 

 

 

もうひとつ「Love to Overflow」 という曲は、

事件が解決して、ゲスト主役がしんみりするいいシーンで流れるんだけれど、感動を盛り上げるのに、こういうシンセ系の曲を使ったのがとても新鮮だった。

 作曲、Flying Grind ( 綾部健三郎 大谷健吾 直樹宇津木 )  

 

メインテーマの「Seaching」は、高速を突っ走るのにいいBGMかも知れないな。

危ないか。