読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

鉄塔の怪人 江戸川乱歩

※ 当Blogの画像はクリックすると大きくなります。

 

f:id:garadanikki:20141228112857j:plain f:id:garadanikki:20141228112859j:plain

 

池袋の古本市で、江戸川乱歩の少年探偵シリーズ『鉄塔の怪人』を見つけました。
裸本で、あまり状態はよろしくなかったけど、500円だったので購入。

江戸川乱歩といえば、ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』第10話でも取り上げられていました。
事件の鍵を握る井上直美という女性が、子供の頃、光文社版とポプラ社版の、どちらで少年探偵シリーズを読んだかが問題になるシーンがあって。栞子さんの話では、光文社とポプラ社とでは、題名が違うものがあるんだって。

f:id:garadanikki:20141228112902j:plain

そんな話を思い出しながら手に取ったのは光文社版。ポプラ社の方は『鉄塔王国の恐怖』というタイトルらしい。
「そういえばポプラ社版、さっきどっかで見たな」と思い、古本市の場内を、もうひと廻りしたけれど見つかりませんでした。気になった古書は、その場で即買わないと二度と手に入らないというのは、何度も経験済みだったのに。。。しっぱい。

古本市の会場には、数か所、レジがあり、各所3人位の古書店主が詰めていて。
その1人の方に「少年探偵シリーズ ありますかね」と聞いてみた。
そしたらすかさず「ポプラ社? 光文社?」と問い返された。
古書店業やってたら、そのくらいは “いろはのい” なのかしらね、やっぱり。
結局、さっき見かけた少年探偵シリーズは見つかりませんでした。

おまけの話…ワタシが買ったのは裸本だったけど、この表紙絵付きなら高額なんだって。

f:id:garadanikki:20141228112858j:plain

 

鉄塔の怪人―少年探偵 (1954年) (江戸川乱歩全集〈10〉)

鉄塔の怪人―少年探偵 (1954年) (江戸川乱歩全集〈10〉)