garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

佐賀町を歩く ~ 佐賀稲荷神社

 

仕事の合間にちょっと時間があったので、歩きます。
日本橋箱崎から隅田川大橋を渡って佐賀町を散策することに。

f:id:garadanikki:20140916015636j:plain


隅田川大橋から、スカイツリーが見える。

f:id:garadanikki:20140916015639j:plain


歩くコースは、こんな感じになると思う…

f:id:garadanikki:20150128102017j:plain


何故 佐賀町散策かというと、
先日 深川江戸資料館に行った時、江戸時代の街並みが佐賀町をモデルにしていると聞いたから。
実際に佐賀町を歩いて、古地図と比べてみたいと思った。

f:id:garadanikki:20150128105523j:plain


まずは、お稲荷さんを訪ねよう。
寺社は、昔から建立されている可能性高いから、古地図で良い目印になるから。

f:id:garadanikki:20150128105524j:plain


それに案内表示板とかも必ずあるでしょう?
あれねぇ、結構タメになる。

f:id:garadanikki:20150128105526j:plain


あったあった表示板。
いいねこの字。町会長さんの直筆なんだ。
佐賀町住民の心意気と誇りが感じられる素敵な碑だなぁ。

f:id:garadanikki:20140916015644j:plain

 江戸時代初期の深川は、小島の点在する遠浅の海であったが、寛永六年(1629) 永代島付近の埋立許可を得て、次郎兵衛、藤左衛門、他六人の者に依って漁師町八ヶ町が出来上がり、上之橋の方を次郎兵衛町、中之島より南を藤左衛門町とした。元禄八年(1695) 検地の際、次郎兵衛町・藤左衛門街を合併し、佐賀町と改めた。町名は地形が肥前之国 佐賀長崎 佐賀湊に似ていたことに因むと云われる。

 干潟を埋め、町造りの基礎を固め、漁村から海上運送の起点として繁栄をたどる通りの両側は、各地の産物を集めた各種の問屋の暖簾がはためき、川筋には倉庫が建並び、舫(もや)った大小の船の間を忙しくたち働く人々の声が終日行き交じった。

 先人相諮り、佐賀町に住む人々の除厄招福を願い、永世鎮護の祠を穿(うが)ち佐賀稲荷神社の額を掲げた。時に 寛永七年(1630) 祭神は、生成発展を司る稲の霊である所の宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと) である。

 明治以降は正米市場がたち、米問屋が集い、当社は商売繁盛の稲荷として栄えた。倉庫業に携わる人々の余技として生まれ伝承された深川の力持は、まさに佐賀町の特性を活かした伝統技能である。境内には、力持技芸者の奉納した力石。明治初期に米問屋で出来た米仲間が寄進した鉄製の天水桶が現存している。

 代々尊栄奉仕の心怠りなく、平成八年の春を迎え、茲(ここ)に社殿を修復、境内を整備し碑を建てる。後人永くこの町佐賀町を愛し、佐賀町に住む誇りを失わざることを切に願うのみである。
平成八年五月吉日
佐賀稲荷神社 世話人代表 桑畑喬彦氏著『佐賀稲荷と佐賀町』より



これかな、その力石って。

f:id:garadanikki:20140916015645j:plain


天水桶は、お狐さんの横のがそれらしい。

f:id:garadanikki:20140916015646j:plain


参拝をして、境内の横を抜けると…

f:id:garadanikki:20140916015648j:plain


社殿の後ろに、また社殿。

f:id:garadanikki:20140916015649j:plain


古い方が本殿で、前のが拝殿なのかな、面白い。

f:id:garadanikki:20140916015647j:plain