読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

佐賀町を歩く ~ 清澄排水機場

おでかけ かなり散策

 

f:id:garadanikki:20140916015701j:plain 上之橋あたりには、興味深い所が沢山ある。
平賀源内電気実験の地だって。
へぇ?なにそれ。



 

ここが、『大川端』著:小山内薫に出てきたセメント工場か。

実際にあるのか、見たかったんだ。

f:id:garadanikki:20140916015703j:plain f:id:garadanikki:20140916015702j:plain

正雄 ( おそらく小山内自身 ) が、お酌の君太郎に会いたいがため入り浸った新布袋家 (料理屋)から見た景色として、セメント工場が出てくるんだけど、こんな描写。

セメントの煙突も忘れられない。あの白い砂のやうな色をした太く圓 ( まる ) く丈の高い怪物は、昼間は眼に痛い烟 ( けむり ) を深川に靡 ( なび ) けたり、中洲河岸に靡けたりしたい、夜は怪しい火を縦に吹いて、正雄さ君太郎とを恐れさせた。
暗の夜は煙突がまるで見えないで、赤とも紫ともつかぬ火の色が、唯中天に浮いて見えるのである。正雄も君太郎も承知でゐながら、それには幾度か新しい驚きを味ふのであつた。
小学館『大川端』48ページより

 

f:id:garadanikki:20150114111042j:plain

さて。

上之橋があった所が何になっているかというと、清澄排水機場。

f:id:garadanikki:20150128134356j:plain f:id:garadanikki:20150128134354j:plain

この地域は、隅田川と荒川に挟まれて、ゼロメートル地帯と言われてるんだって。

満潮時には大部分が水面下となって、過去に多くの大水害になっているんだそうです。

 

昭和33年 台風11号の時には、亀戸地帯がこんなことになりました。

f:id:garadanikki:20150128134353j:plain f:id:garadanikki:20150128134352j:plain

京葉道路 ( 亀戸付近 )         亀戸丁目

 

その為に作られたのが排水機場。

f:id:garadanikki:20140916015710j:plain f:id:garadanikki:20150128134355j:plain

排水機場っていうのは、どういうものかというとポンプ施設です。

 

f:id:garadanikki:20140916015714j:plain江東三角地帯には、小名木川、大横川など堀状の内部河川が縦横に流れていて、その入口に水門が設けられているのね。
普段は開いていますが、台風や津波など高潮のおそれのある時には閉鎖します。
水門が閉められると、内側の河川の氾濫を防止するため、このポンプで外側の河川に水をくみ出すんだそうで、その排水能力は、毎分 2,880㎥。
2,880㎥って。。例えばお風呂何杯分なのかしらねぇ。


水門や排水機場に守られて、堀端はなかなかの景色です。

f:id:garadanikki:20140916015716j:plain f:id:garadanikki:20140916015717j:plain

f:id:garadanikki:20140916020413j:plain f:id:garadanikki:20140916015720j:plain

f:id:garadanikki:20140916020422j:plain