garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ロバと花売り

 

f:id:garadanikki:20150222135234j:plain瑞穂の豆大福が食べたくて来たけれど、やっぱり完売。
午前中じゃないとダメだと聞いてが、本当なんだなぁ。

こうして店先の写真を撮ってる間も、3人お店に入っていきました。この時間は、最中しかないみたい。
今日は、お芝居の楽屋見舞いにと思って立ち寄ったけど、

また来よう。

それで。。。

時間もあることだし、このまま銀座まで歩いて行こうかな。

 

f:id:garadanikki:20150222135236j:plainテクテクテクテク。
隠田を歩いていると、ロバを連れた花屋さんがいました。
「そうだ。大福の代わりにバラを買って行こう」
近づいていくと、花売りのお兄さんの声が聞こえます。
「その話、まだ続きます?」
何言ってるのかと思ったら、カップルの彼女が、ロバの年とか色々聞いてたらしいんだな。

そしたらこの花屋の兄ちゃん。

「普通に花、売りたいだけなんですよね。

 花を買うんでなければ、仕事させてください」

おいおいおい。なんて言いぐさだ? カップルもどんびき。
原宿で、ロバに花籠背負わせて、花売りしてて、どう見たってあなた、普通 じゃあないでしょう。

それは、花買う人よりロバ珍しさに立ち止まって声をかけてくる人の方が多いかもしれないわ。

でもそれが嫌なら、普通に花を売りなさい、普通にっ!!!

そもそも花を売るというのは夢も一緒に売るんです。

「あなたの売り方、どう見ても普通じゃないだろうっ!」って、ツっ込めば良かったな。

取りあえず花を買う気も失せてしまいました。

なんてざんねんな花売りなんだろう。。。