garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

「娘・妻・母」 成瀬巳喜男監督

 

「娘・妻・母」を鑑賞。

成瀬巳喜男さんは、「山の音」という作品を観てファンになった監督。

同世代の小津安二郎監督も素晴らしいが、登場人物の動かし方の巧さの点でいえば、成瀬監督の方が好きです。

 

今回の作品も、お正月のご祝儀番組のような豪華絢爛のキャスティング

f:id:garadanikki:20150225172350j:plain

まあ、よくも集めた集めたという面々。

物語は、山の手の高台に住む長男一家と、その兄弟たちの人間関係を描いたもので、お金が物凄く絡んでます。

 

母親 は、

f:id:garadanikki:20150225172339j:plain

長男夫婦 と

f:id:garadanikki:20150225172340j:plain

三女 と

f:id:garadanikki:20150225172344j:plain

代々木上原あたりに住んでいる。

 

長女 は、

f:id:garadanikki:20150225172341j:plain

日本橋の旧家に嫁いでいる。

 

次女 は、

f:id:garadanikki:20150225172342j:plain

学校教師の夫 と結婚し、狭い家で夫の母と同居。

 

カメラマンの次男 は、

f:id:garadanikki:20150225172343j:plain

妻 が経営する銀座の店の2階にスタジオを持っている。  

 

次男 ( 宝田 ) 夫婦と、次女 ( 草笛 ) 夫婦は、お互い共稼ぎ所帯だが、

羽振りの良い次男夫婦に比べ、次女夫婦は経済的にかつかつの暮らしをしている様子。

 

長女 ( 原 ) の夫が不慮の事故で亡くなると。

f:id:garadanikki:20150225172139j:plain

次男 ( 宝田 ) は、通夜の香典に、他の兄弟に相談なく大盤振る舞い。。。

f:id:garadanikki:20150225172140j:plain

 

次女 ( 草笛 ) の方は喪服もなく。。。

f:id:garadanikki:20150225172202j:plain

吝嗇家(りんしょくか)の義母 ( 杉村 ) に

「会ったこともない人なんだから香典は500円 ( 現在の5,000円ほど ) で十分」

などと言われ、肩身の狭い思いをする。

 

長女 ( 原 ) が嫁ぎ先から戻されることになった。

家族会議では母親の眼前で、家屋敷がいくらだの財産分与の計算まで始める始末。

f:id:garadanikki:20150225172145j:plain

 

長女 ( 原 ) が実家に戻ることに決まると、

長男の嫁 ( 高峰 ) はさっさと女中に閑を出してしまう。

f:id:garadanikki:20150225172143j:plain

 

三界に家なし。

長女 ( 原 ) は、三女 ( 団 ) が家に入れているという額の2倍を申し出るが、

そんな娘が、母 ( 三益 ) は不憫でならない。

母を心配させてはならないと、長女 は、

夫の保険金100万円 ( 現在の1千万円程度 ) があると打ち明けるが、

それを聞いていた甥っ子が、

f:id:garadanikki:20150225172154j:plain

伯母さんに漏らしてしまう。

 

長男 ( 森 ) と次女 ( 草笛 ) は、その金をあてにする。

実は長男 ( 森 ) は、家を担保に妻 ( 高峰 ) の伯父 ( 加東大介 ) に金を貸し、

利ザヤを稼いでいたのだが、伯父から更なる融資を頼まれて困っていた。

f:id:garadanikki:20150225172148j:plain

 

次女 ( 草笛 ) の方は、義母 ( 杉村 ) と別居をしたい為の費用。

f:id:garadanikki:20150225172302j:plain

嫌と言えない長女 ( 原 ) は、30万だけ手元に残して兄弟に貸すことに。。。

 

もう結婚はこりごりという長女 ( 原 ) だが、想いを寄せる年下の青年 ( 仲代達矢 ) に、

好意を持つようになる。

f:id:garadanikki:20150225172220j:plain

 

しかし親友 ( 中北千枝子 ) の計らい  ( 策略 ? )で、

京都の茶道の家元 ( 上原謙 ) と見合いをさせられたりもする。

f:id:garadanikki:20150225172224j:plain

 

一方、金を貸していた義伯父 ( 加東 ) の会社が倒産し、

義伯父が雲隠れしてしまう。

f:id:garadanikki:20150225172318j:plain

そうなると困るのが長男 ( 森 ) で、貸していた金は返るどころか、

兄弟に内緒で家と土地を抵当に入れていたのだった。

f:id:garadanikki:20150225172320j:plain

 

さあ大変。

兄弟がうちそろい、家族会議です。

f:id:garadanikki:20150225172349j:plain

財産分与をあてにしていた兄弟たちは長男をなじる。

兄弟たちの話題は、

母親を誰が引き取るかという話にまで至る。

 

長女 ( 原 ) は、年下の青年 ( 仲代 ) に別れを告げ、

母を連れ、家元 ( 上原 ) の元に嫁ぐ決心をする。

f:id:garadanikki:20150225172327j:plain

 

長男の嫁 ( 高峰 ) は、夫 ( 森 ) に

「お母さんはわたし達が面倒をみましょう」と持ちかける。

 

f:id:garadanikki:20150225172347j:plain

物語は、母が誰と同居をするのか、わかる前に終わるのだが。。。

ラストシーンで、いつも公園で挨拶を交わす老人の事情があきらかになる。

 

       f:id:garadanikki:20150114111042j:plain

 

とまあ。こんなお話なんですが、お金にまつわるごたごた話の連続で、

母親を押し付け合うような話を、本人の前で繰り広げる子供たちの凄まじさも尋常ではありません。

でも見終わって、それほど後味が悪くはないのが不思議でした。

原節子、高峰秀子、草笛光子など、出演する女優陣の「根っこの部分に卑しさがないからではない」からのような気がします。

 

また、子供たちに邪魔もの扱いされる母親の背中が、

寂しげに見えるラストシーンでしたが、

f:id:garadanikki:20150225172338j:plain

 

幸せそうに見えた老人が、

f:id:garadanikki:20150225172336j:plain

実は自分同様、不幸な境遇におかれているという顛末にしたことにより、

後味の悪さが薄れ、感慨深いものに一変されたのかも知れません。

またここでも、笠智衆という気品のある方を抜擢したことが功を成している、

この辺に、成瀬監督のセンスを感じた次第です。

 

本作の主役はというと。。。

f:id:garadanikki:20150225172104j:plain

原節子・高峰秀子の二枚看板なんだけど、

長女の原節子の話が多い為、高峰秀子は分が悪い形になってます。

まあ主役はどちらでも、、というより脇役に目が行くたちなので、

 

モデル役の笹森礼子や。。。

f:id:garadanikki:20150225172114j:plain

 

狂言回しとして重要な役回りの中北千枝子や。。。

f:id:garadanikki:20150225172124j:plain

 

塩沢ときが面白い。

f:id:garadanikki:20150225172159j:plain

 

だが、秀逸なのが淡路恵子。

f:id:garadanikki:20150225172112j:plain

浮気性の夫 ( 宝田明 ) に、姉さん女房としてハラハラしながらも、

毅然と対する姿が愛おしく。。。

 

f:id:garadanikki:20150225172308j:plain

背筋が伸びた、きりっとした女っぷりが素敵です。

 

淡路さんは、

夫や息子のことで苦労も重ねられ悲しいことの連続だったのに、常に毅然としてらして。

ドラクエ好きだったというイメージのギャップも可愛らしく。

何よりも、淡路さんの煙草を吸う仕草の美しくて。

大好きな女優さんでした。

 

 

   f:id:garadanikki:20141219124902g:plain

 

実は本作でも「ロケ地探求」の発作が起こりましたが、今回は無理でした。

f:id:garadanikki:20150225172205j:plain

代々木上原あたりという設定のようだけれど、ロケ地がそうとも限らない。

f:id:garadanikki:20150225172142j:plain

Googleを駆使して戦ってはみましたが。

f:id:garadanikki:20150225172117j:plain

流石に50年も昔のこと。。いつものようにはいきません。

 

こうなったら人海戦術か。

上原で生まれ育ったという米屋のオジサンに、

今度お米を届けて貰う時にでも、聞いてみようかなと思ってます。