読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

mAAch ecute ( マーチエキュート ) 神田万世橋

 

mAAch ecute にやって来ました。

f:id:garadanikki:20150304105102j:plain

川に映るアーチ型レンガ、いい眺め。

今回の目的は、3階のカフェ。

去年来た時 は、時間がなくて断念したところです。

 

入口は・・・と。

f:id:garadanikki:20150304105103j:plain

あったあった。

f:id:garadanikki:20150304105104j:plain

古~い、駅の階段。

f:id:garadanikki:20150304105107j:plain

幻の駅「万世橋」の駅開業時 1912(明治45)年に造られた階段です。

mAAch の開発にあたって公開され、現在は「1912階段」という名称で利用されています。

 

なんだか。天国への階段みたい・・・

f:id:garadanikki:20150304105106j:plain

幻というのは、31年という短い間だけ、ここに「万世橋」という駅があったんです。

  • 1912(明治45)年、中央線の昌平橋〜万世橋間が開通し、
    万世橋駅は東京市電(路面電車)の乗換ターミナルとして栄えました。
  • 1943(昭和18)年、太平洋戦争激化の中、乗降客減少に伴い、
    万世橋駅は休止となりました。

お目当ては、この先にある N3331  というカフェ。

 

昼は、こ~んな感じで

f:id:garadanikki:20150306165839j:plain

 

夜は、こないな感じ

f:id:garadanikki:20150306165902j:plain

 

要するに線路と線路の間にあるんです。

f:id:garadanikki:20150306170024j:plain

 

どうせなら、デッキでと思ったけど、寒い。。。

f:id:garadanikki:20150304105112j:plain

それと、元気な子供たちが駆け回っている (笑)

f:id:garadanikki:20150304105113j:plain

お母さんたちは、ここなら大丈夫と思って来たんでしょう。

たまに「○○ちゃん、走らないのっ!!!」とか言うけれど、ママ友とのお喋りに夢中。

 

そうだよね。

電車は右っ側も左っ側も走るし、この騒音を考えれば子供の声なんて問題ない。

お母さん、いいとこ見つけたねwww

 

まあ、あんまり長居をする感じでもないので、

反対側のデッキに向かいます。

f:id:garadanikki:20150304105115j:plain

あはは、こんな柱建てちゃったりして (笑)

 

f:id:garadanikki:20150304105118j:plain

こっちの階段は、「1935階段」と言って、鉄道博物館の新館が建設された時、

1935 ( 昭和10 ) 年に設置されたそうです。

 

1912階段より、23年も新しいのに、何だかこっちの方が古い感じが。。。

f:id:garadanikki:20150304105122j:plain

 

これが当時の写真

f:id:garadanikki:20150304105121j:plain

天井は木造だったのね。

 

階段を降りたり登ったりしていたら、警備員さんが通りました。

その写真なんだけど、警備員さんだったんだけど・・・

f:id:garadanikki:20150304105119j:plain

幻の駅員さん?

 

こわっ