読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

酔狂倶楽部の 観桜会に行く

 

f:id:garadanikki:20150410124932j:plain

今日は、酔狂倶楽部の観桜会です。
酔狂倶楽部というのは、気の合う同士が集い、特別何をするでもない倶楽部。

専ら酔い遊ぶ。

呑んでいる内に盛り上がって「それじゃ今度野球をしよう」とか「○○の芝居を観に行こう」とか

「○○の滝を見に出かけよう」とか、その時々の行事をしてきました。

 

f:id:garadanikki:20150107135101g:plain

 倶楽部の年少組、当時25歳の女の子に彼氏が出来たと聞けば、

 年長組の男どもは、娘に彼氏ができた父親の気分になり、

 その彼氏を招いて「腕相撲で俺に勝たなきゃ娘はやらん」なんぞと、男ども束になってかかり。。。

 そんな2人が結婚して、生れた娘が今年で二十歳だっていうじゃないの。 

                                    f:id:garadanikki:20150107135101g:plain

年とったものだ。 

30代だったワタシたち夫婦も50代となりますが、最長老は益々元気、

ワタシたちは未だ「ウチの若い衆」という格付けです。

 

こんなに長く続いたのは、

利害関係がない人たちの集まりということもあるけれど、

倶楽部のみんなが、綺麗なお酒のみだったことと、

リーダー的存在である 恒沢・杉田の両巨頭とその奥さまたちの吸引力にあります。

 

f:id:garadanikki:20150408132739j:plain

今回の。。というか観桜会の会場は、恒沢親分の家。

のどかな公園を通って向います。

観桜会はもちろんのこと、道すがらも楽しみのひとつ。

 

おや、さっそくの小桜

f:id:garadanikki:20150408132736j:plain

 

桜の下草の花、ジャガって言うんだそうです

f:id:garadanikki:20150408132738j:plain f:id:garadanikki:20150410094112j:plain


今年の開花は、例年に比べて2週間も早かったから、今日はもう桜は望めないかと思ってました。
しかし、花吹雪の観桜会も また よし。

f:id:garadanikki:20150408132744j:plain


綺麗なピンク。

  「桃」と書いてある。

f:id:garadanikki:20150408132746j:plain

 

 

           f:id:garadanikki:20150114111042j:plain

 

 

ベランダの目の高さに 桜

f:id:garadanikki:20150408132752j:plain

団地の抽選会の時、桜の木の高さを見て、3階を選んだそうです。

 

本日、恒沢親分のセレクトは北秋田

f:id:garadanikki:20150408132748j:plain

 

恒沢親分の奥様 ( さんぽ先生 ) の手料理は何回かアップをしていると思いますが、

10人以上、集まってもノープロブレム。

沢山美味しい料理が並ぶんだけど、更に凄いのは集まった人に気をつかわせないこと。

「さりげないおもてなし」とは、こういうことなのかと、いつも感心します。

 

みんなで餃子作り

f:id:garadanikki:20150408132751j:plain

あらかじめ具を作っておいてくれて、みんなで包む。

f:id:garadanikki:20150408132749j:plain f:id:garadanikki:20150408132750j:plain

普段、料理なんか したこともない保田パパも頑張る      

 

さんぽ先生のことだもの、餃子を完成させることはワケない。

でもこうやって、みんなで作るのが楽しいのを知っている。

 

酔狂倶楽部の観桜会は、こんな風に、作ったり、呑んだり、食べたり、笑ったり。

30代から80代と幅広い、様々な職種の人が集うので、話題も豊富で面白い。

 

今回も観桜会を主催してくださった。

恒沢親分とさんぽ先生に感謝。

ごちそうさまでした。

f:id:garadanikki:20150408132743j:plain