読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

早稲田に行く

おでかけ かなり散策 古書 花鳥風月

 

筑摩現代文学大系を購入することにして、代金を支払いに早稲田に来ました。
「三幸書房」の若旦那 拓 (仮名) ちゃんは、代引きでいいですと言うんですが。。。
何故かまた足が向いてしまうの、早稲田に。

そういうば、はらぺこ…

f:id:garadanikki:20150418171255j:plain f:id:garadanikki:20150415095049j:plain
一風堂がある。

どれどれ と、メニューを見るし「白丸元味」と「赤丸新味」がある。
初めての場合、やっぱりメニューの上段にあるのを頼むのが鉄則かなと白丸を注文。

誰が考えたんでしょうか、キクラゲと小梅を乗せるのって。

・・・豚骨スープのだしが、思ったより薄い感じする。もっとコッテリしてるのかと思ったんだけど。

カロリーオーバー覚悟で食べた割りに意外でした。最近、なんでもかんでも出汁をきかして食べるからかしら。
カップの一風堂の方が濃厚な気がするのは何故・・・・なんつったら張り倒されるか ww

うぉっ、マンションの入口に綺麗な花が…。

f:id:garadanikki:20150418171444j:plain f:id:garadanikki:20150418171445j:plain
綺麗。花はつつじに似ているけど、葉っぱが違う。
※ 植物園へようこそ! で、調べてみたところ、どうやらアズマシャクナゲ(東石楠花)ではないかと思います。

 

f:id:garadanikki:20150418171257j:plain f:id:garadanikki:20150418171256j:plain
三幸書房 は、お父さんとお母さんと息子さんで経営されているようです。
皆さんとても感じよく接してくださって、本のことも色々教えてくれました。
「日曜日、よろしくお願いします」

テクテク徘徊していたら、ビブリア古書堂 6・7話で取り上げられていた晩年のレプリカもありました。
ある古書店の店先に「シェークスピア全集」坪内逍遥訳 (函無) が、紐で結ばれて何気に置いてありました。
函もないし、あんまり状態は良くないけど、先日 演劇博物館の逍遥記念室の書棚にあったのと同じだぁ。
どうしようかしばし考えたけど、今日は大きな買い物したからよそう。

【本日の街灯】

f:id:garadanikki:20150414214453j:plain

【今日であった本】 伊丹十三『問いつめられたパパとママの本』

f:id:garadanikki:20150418172037j:plain f:id:garadanikki:20150418172038j:plain
懐かしいなあ、伊丹さんのエッセー。
装幀は、これまた懐かし、大橋歩さん。

f:id:garadanikki:20150418172039j:plain f:id:garadanikki:20150418172041j:plain
何気に、カバーをめくってみたら、拍子に別のイラストがありました。
思わぬ幸せ♪