garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

日曜日は オスカー・ピーターソン

 

昔からジャス好きのMOURIだが、ここにきて拍車がかかった様子。
古いジャズのCDや、ブルーノートに関する書籍に、埋もれて楽しそう。

熟年になると、パーソナルスペースが広くなるのか、お互いの趣味志向を尊重しながら、

気配を感じ、声をかければ届く絶妙な距離感というものが築かれる。

居間のワタシと、和室のMOURIとの距離 約3メートルが丁度いい。

向い合う形に座しながら、液晶テレビを挟み、視線が絡まないところがまたよろしくて、

読書をしたり、パソコンをいじったりするのが、休日の過ごし方なんです。

音楽は大抵ジャズですが、アンニュイな曲ではなく、昼 聞くのに良いものも沢山あることを教わった。

そんなジャズのCDで、ワタシが必ず反応するのが、オスカー・ピーターソンなのだという。
「これ、いいね」とワタシが言うものの8割方がピーターソンなのだと、MOURIに言われるまで認識していなかった。

昼過ぎに出支度を整えたMOURIは、新しいCDをプレイヤーにかける。

ワタシの好きそうな曲を選んで出かけるそうで。。。

そうしてワタシは、日曜の午後、オスカー・ピーターソンを聞く。

 

 

【TIME AFTER TIME】

f:id:garadanikki:20150502142414j:plain
このアルバムを録音されたのは60歳を過ぎた頃だそうだが、華麗なタッチで、めまぐるしく鍵盤を走る彼の指使いに唸る。コロコロ、ポロポロと、何て心地よいタッチなんだろう。

アルバムの中で一番好きなのが、2曲目の“LOVE BALLADE” これはもう、聞くたびに鳥肌が立つくらい沁みる曲。
主旋律がひととおり終わると、転調し、さらに見事な旋律が繰り返される。なんて可憐で優雅で美しいメロディーなんだろう。いつからかワタシは彼のことを、大将と呼び崇めるようになりました。 

 

f:id:garadanikki:20150114111041j:plain

 
実は、初めてこの曲を聞いたのは、演劇のBGMとしてでした。
デヴィッド・ルヴォーが演出するピンターの『背信』を観ていた時だけど、佐藤オリエさんが演じるエマという女性が、ワイン片手にソファーに斜め座りになって、男に何か語りかけるシーンだったと思う。彼女が彼にチャーミングな視線と言葉をなげかけたその瞬間、絶妙なタイミングで “LOVE BALLADE” が、ポロ~ン♪と鳴りだした。


もうもうもうもう、なんてオシャレな演出なんだろうと思った。
オリエさんの上品な真紅のワンピースと一緒に記憶に留められている一曲でした。

●tpt『背信』1993/07/10~08/05
 演出:デヴィッド・ルヴォー 作:ハロルド・ピンター
 出演:佐藤オリエ・木場勝己・塩野谷正幸・晴海四方
 音響:高橋巌

 

 

【SKOL(乾杯!)】

f:id:garadanikki:20150502142413j:plain
このアルバムで好きなのが“SOMEONE TO WATCH OVWER ME”。 邦題「誰かが私を見つめてる」。
野村不動産プラウドのCMでも使われてるので「ああ、聞いたことがある」という人は多いはず。高級マンションのイメージアップにピッタリの曲だよね。

このアルバムは、大将(Oscar)はもちろんだけど、JOE PASSのギターとSTEPHANE GRAPPELLIのヴァイオリンが素晴らしい。特にステファン翁の音色にはうっとりしてしまう。優しくて、ソフトな弓の置き方なのに、緊張感のある音がして優雅な響きが広がっていく。
Oscar& JOE& STAPHANEのお三方をみていると、品格ある者が、品格ある者を引き寄せてるっていう感じがする。

 

【WE GET REQUESTS】

f:id:garadanikki:20150502142415j:plain
このアルバムで、驚いたのが4曲目の“Peaple”
言わずと知れたバーブラ・ストライザンドの名曲が、大将(Oscar)の手にかかると、抑制のきいたオシャレな作品に生まれ変わるから不思議。