読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

あかちー ひ孫と対面す

 

にゃんこ先生が、生後一か月の仔猫を連れてきてくれました。

あかちーの娘 ( 葵 ) の娘 ( ツクヨミ ) が産んだ子だそうです。

ということはあかちーにとって、ひ孫か。。。

 

彼は、野良猫の世話をしつつ、病気や虚弱体質の猫を引き取って家でも面倒をみています。

この辺りにいた猫も、何匹かお世話になっているんです。

この子はその一匹、葵の子孫。

f:id:garadanikki:20150512201953j:plain

こんなに小さい子は、久しぶりに見ました。

自然界では、まだ親猫の保護下の元、人眼にふれさせない大きさだからです。

 

真剣にのぞいているのはグレゴリー。

f:id:garadanikki:20150512202000j:plain

従妹の子にあたるんだけど、わかんないよねグレさん。

「ミィ、ミィ」 言うから気になるんだね。

f:id:garadanikki:20150512201958j:plain

守っているつもりなんだと思います。

f:id:garadanikki:20150512201956j:plain

 

カイさん登場。

f:id:garadanikki:20150513133847p:plain

カイさんも面倒見のいいことでいったら右に出るものはいない。

右側からやってきたのは、あかちー。ひいおばあちゃんだ。

f:id:garadanikki:20150513133849p:plain

あかちーったら「シャー」だって。

血がつながっているとはいえ、もう匂いが違うのかも知れないわね。