garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

今度は、お孫さん。

 

先日、にゃんこ先生が生後1か月の、あかちーのひ孫にあたる子を連れてきたんですが、

帰ってから大変だったんですって。

その子の名前をキャプテンフックに因んで、フックということにします。

 

にゃんこ先生の家には、怪我をしたり野良では生きていけそうもない子が沢山いるんです。

その子の中から、一番若いフックが外出したんだから、もう大変。

家のにゃんこたちは、お外の様子が知りたくて、フックの周りに車座になったんだって。

フックは、にゃんこが沢山いる丘の様子をみんなに話します。

「そんでね、風がふ~っと吹いてきたんだよ」

「僕は頑張った、おっきなにゃんこがフーって言ったんだよ」

フックの話にみんな興味深々。

 

たちまち人気者になったフックを見て、同世代の子供たちも頑張ります。

「にゃんこ先生、僕も一杯ご飯を食べて大きくなるから連れてって」

ホントはまだ、離乳食前だっていうのに、大人と同じにカリカリ食べて、

大人だっていうこと判らせないと。

 

 

で。美里の出番です。

美里はあかちーの娘-葵の子供だから、孫ってことですね。

 

「寝不足のフックの代わりに、外の世界を見てきてみんなにお話するんだ」

って、なんか眠そうだけど。。。

f:id:garadanikki:20150520224117j:plain

・・・疲れ切った顔をしてるのは、さんざん野原を駆けまわったから。

フックは、ゲージから出られなかったけど、

美里はゲージから出て、野原を駆けまわったの。

 

「おっきいにゃんこが寄ってきたけど、元気な声で『こんにちは』って言ったもん。

 匂いだってクンクンて嗅いだもんね。帰ったら、みんなにお話するんだ。」

 

おやおや、張り切り過ぎて疲れちゃった?

f:id:garadanikki:20150520224118j:plain

 

美里は、大きくなるわね。

だって、あんたのお耳、こんなに大きいんだもの。

f:id:garadanikki:20150520224119j:plain

今日は色んなにゃんこに会えたでしょう?

野原もピョンピョン歩いたし、枯葉もカサッといったよね。

帰ったら、ゆっくりお休み。

お家のにゃんこたちへのお話は、明日でいいからさ。