garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

江ノ電の線路づたいにウネウネ歩く

 

久しぶりの鎌倉です。 ( あっこれ2013年の記事です_(._.)_ )
久しぶりのオネエチャマ ( 親友Aney ) との鎌倉散歩。今日の目的は、報国寺で竹を見ること。
これだけは決めておいて、あとは風のふくまま、気のむくまま。

極楽寺から出発して、成就院の紫陽花の具合を見よう。
成就院の階段の所に、おじいちゃんがいて、みんなに声をかけてます。
「まだね、見頃じゃないよ。登り口のこの花が一番きれいかな。これ、見といた方がいい」
ご近所に住んでいるのかな、いらした !  本日の鎌倉大使 !!

 

f:id:garadanikki:20150606192747j:plain f:id:garadanikki:20150606192748j:plain

おじいちゃんおススメの紫陽花をパチリと撮って階段を登ると、

おっしゃる通り、まだ全然咲いてない。

f:id:garadanikki:20150606192746j:plain
長谷方向に下る階段は、まだ広いまま。

紫陽花は咲くと階段までせり出してきて、道幅が狭くなる。

f:id:garadanikki:20150606192745j:plain f:id:garadanikki:20150606192749j:plain


紫陽花はまだだけど、新緑が綺麗です。

f:id:garadanikki:20150606192750j:plain



オバチャマたち、2人並んで、何見てるのかな?       

f:id:garadanikki:20150606192752j:plain

 

「大仏」「海岸」 あの道表示、ワイルドじゃねっ?

f:id:garadanikki:20150606192753j:plain


今の時期、松葉菊が見頃です。海と松葉菊。

f:id:garadanikki:20150606192754j:plain

 

f:id:garadanikki:20150606192755j:plainAney オネエチャマも「ビブリア古書堂」見てたっていうので、
江ノ電の線路に沿って、ロケ地散策していこう。

ここは、第1話で大輔がお母さんに「古本売ってきて」と言われ、

路地の迷い込んだ先でビブリア古書堂を見つけるシーンで使われた

路地です。

ドラマ見てない人は、なんだかな~だよね。_(._.)_

 

f:id:garadanikki:20150606192803j:plain f:id:garadanikki:20150606192805j:plain
ドラマの舞台になったのは、『鎌倉彫 わや』というお店。

わやと書いてある部分、ドラマでは造花で隠されてましたね。

栞子さんが出てきそうな雰囲気のある佇まいに感動。

 

f:id:garadanikki:20150606192757j:plain f:id:garadanikki:20150606192758j:plain

f:id:garadanikki:20150606192800j:plain左上写真) あの松、幹の途中でUターンしてる。
右上写真) 不動産屋の看板が見えるけど、

      入口にはどう行くんだろう。


長谷駅に停留中の電車。うん、いい感じ。
江ノ電の線路を縫うように歩き回ること、1時間。
長谷から鎌倉までの江ノ電沿線は、絵になる景色の多いこと。


 

f:id:garadanikki:20150606192801j:plain f:id:garadanikki:20150606192802j:plain

この辺は、民家と線路が凄く近い。

自分の家に行くには路地を通ったり。。。。

「立入禁止」と書いてあるけど、やっぱり線路を横断したりもするんじゃないかな。

 

「お腹が空いたね」

f:id:garadanikki:20150606192807j:plain f:id:garadanikki:20150606192808j:plain


『BITTER SWEET』 ( カフェビタースイート ) は、去年の7月に、Aney オネエチャマと初鎌倉した時にお邪魔した店。

今度は、Aney オネエチャマが20種類の野菜のドリア。ワタシが魚介類のドリアを食べます。

うん、やっぱりウマい。
去年来た時はテーブル席だったけど、今日はカウンター。

カウンターに座った特典は、聡明なお店のお姉さんとお話できたこと。

お姉さんは、ワタシたちの会話を聞くともなしに聞いていて、季節の花の見どころを教えてくれました。

このお姉さんの接客は凄い。ホントにさりげなくて、会計のタイミングなんかも絶妙。

別に帰りをせかしてるんじゃない、会計でモタモタお待たせしない配慮なんです。

「美味しかったです」と言ったら、お姉さんの腕がカウンターの下で、シュシュッと動いてる。

奥からシェフを呼んだみたいで、シェフが顔を出されました。

「美味しかった」「ごちそうさま」という言葉は、食べた人が直接作った人に言うのがいいんだとお姉さんは思っているようです。さりげなくシェフを呼ぶなんて、やはり素晴らしい。

 

お腹もいっぱい、気分は上々の2人組は鎌倉駅に向かいます。

報国寺は東方向なのに、何故か西口をウロウロする2人。
確か「鎌倉の3大洋館」のひとつが、この辺にあるらしいので探してる。

f:id:garadanikki:20150606192812j:plain f:id:garadanikki:20150606192811j:plain

f:id:garadanikki:20150606192813j:plainこの洋館、80代の老婦人が1人で住んでいるんだって。

友人に教えて貰ったバラエティー番組での情報です。
おばあちゃまのご主人は、日本初のカーレーサーだったそうで、

ご主人が亡くなられた後、ひとりで住んでいるらしい。

 

そんなことテレビで公開しちゃっていいのかと心配になったけど、敷地をドッグランとして公開していたりして、ご近所の方も防犯に目を光らせてくれているみたい。

Aney オネエチャマとワタシの鎌倉歩きは、もはや散歩の域を超え、行軍のようだと言われます。

普通バスで行くところ、なにか と理由をつけて歩く。

2人とも、歩くのが好きなんです。

「バス通りは混んでるから」とか「バス来るまで、もうひと停留所歩けるよね」とか言って、結局全部歩いちゃったり。。。


15:35  鎌倉にやってきてから4時間も経って、やっと報国寺に到着。

f:id:garadanikki:20150606192818j:plain

f:id:garadanikki:20150606192821j:plain f:id:garadanikki:20150606192820j:plain

f:id:garadanikki:20150606192823j:plain f:id:garadanikki:20150606192824j:plain

f:id:garadanikki:20150606192826j:plain f:id:garadanikki:20150606192827j:plain

実は、あっちこっち徘徊してたもんで、ギリギリセーフだったんです。
報国寺の閉門は16時だから。

ワタシたちの友だちに、とんでもないこと ( 笑 ) 言う人がいて。
Aney オネエチャマに「竹のお寺に行くんなら、売店とかあるんだよね、あのね、素麺食べる時の竹の器あったら買ってきて」と言ったとか。Aney オネエチャマの方も報国寺、初めてだから「うんうん」と返事したんだとか。
きみたち 何を考えとるんだ まったく!!!

行きと帰りを違う道を行くのは、暗黙のルール。

f:id:garadanikki:20150606192832j:plain

 

f:id:garadanikki:20150606192833j:plain f:id:garadanikki:20150606192834j:plain

 

f:id:garadanikki:20150606192842j:plain

 
釈迦堂切通しを見せたくて立ち寄ったけど、何年か前に落石があってから通行禁止になっちゃったんだそうで。。。
通れなくても景観くらいは拝めるかと思ったけどダメでした。大分手前からバリケードが出来てて全然見えなかった。ぐすん。

 

 

f:id:garadanikki:20150606192837j:plain f:id:garadanikki:20150606192848j:plain

今日のにゃんこと                    今日の街灯

 

f:id:garadanikki:20150606192844j:plain思いっきり歩いて、流石に疲れて、鎌倉駅に着いた時に、甘いものが食べたくなった。
どちらともなく、以前行った『納言しるこ屋』を目指してたけど。着いた途端、氷ののれんが仕舞われて、もう店じまい。
そんじゃホットケーキということで有名コーヒー店を目指すが、こちらは定休日。

甘いもの欲しさにさまよって見つけたのが『扉』でした。
へええ、豊島屋は、鳩サプレーだけじゃなく、喫茶もあるんだ。

豊島屋は、社員寮も完備しているそうです。

新宿にあった喫茶滝沢と同様、アルバイト店員を置かず、全員が正社員で、社員教育を徹底していると聞いたことがあります。『扉』の店員さんも、キビキビしていて綺麗な働きぶりでした。

f:id:garadanikki:20150606192846j:plain f:id:garadanikki:20150606192847j:plain