garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

カラスの災難

 

今日は何だか様子が違う。

f:id:garadanikki:20150610131811j:plain


赤ちゃんガラスが巣ごと落ちてしまい、親ガラスがパニックを起こしてもう大変。

事情がわからず子ガラスの近くを通ろうものなら、親ガラスがダイブして人間を威嚇します。

 

f:id:garadanikki:20150610132235j:plain
ただならぬ雰囲気に、にゃんこたちも動揺。
特に子育て中のにゃんこは、安全なところにお引越し。
カラスにも、にゃんこにも、人間にも、みんなにとっての災難

 


毎年この時期になると、カラスは子育てで気が荒くなり威嚇行動に出るんだけど、今回のは特別な話。
親にしてみれば、わが子が心配で心配でたまらないもん。

子ガラスはまだ自分でエサを取ること出来ないし、飛べないと、猫にやられてしまうらしい。

でもそれはお互いさまで、猫だって子どもの内は、カラスにやられてしまうらしい。

んんん。弱肉強食。自然の姿なんだから、仕方がないのかも知れない。

f:id:garadanikki:20150610131813j:plain f:id:garadanikki:20150610131814j:plain
巣から落ちてピョンピョンさまよってる子ガラス 木の上で心配そうにしている親ガラス



今日の子ガラスは、大きな怪我はしてないみたい。
『今日の』というのは、昨日に続き2羽目なの。
昨日は、もっと動けなくなってる子がいてね、実は大捕物があったんです。
にゃんこ先生が

「このままだと猫のためにも、カラスのためにも、人間のためにも良くない」

「子ガラス捕獲してウチで治療する」
と言い出しました。


昼間は、親鳥が攻撃してくるから、“鳥目になった頃を見計らって実施” ということになり、19時に集合。

いや、もう大変でした。
鳥目で目は見えなくても、子ガラスの声に反応して木の上でギャーギャー騒ぐ親ガラス。
興奮すると、飛べない代わりに、木の枝とか糞とかを落とすんだから。。。

にゃんこ先生は、崖の茂みに降りて子ガラスを確保。

洗濯ネットで優しくつつんで崖を登ってくる。

ワタシたちは、親ガラスの気を引く位しか出来ないから、手を叩いたりするだけ。

1時間近くかかって、子ガラスはキャリーバックに入れられて、にゃんこ先生の家につれて行かれました。

 

            f:id:garadanikki:20150114111048j:plain


こういうことがあった親ガラスって、( 生死に関わらず ) 子どもの姿が確認される間じゅう、気が荒いままなんだって。


次の日、カラスの興奮が収まったか見に行ったんだけど、まだ騒いでます。

3羽目のはぐれ子ガラスを発見。

ワタシと同様カラスの様子が気になったらしく、にゃんこ先生もやってきた。

 先生に「落ちた子ガラス、もう一匹いるみたい」と言ったら、愕然としてました。

 

親カラスの攻撃が凄いので、先生にはヘルメットをかぶってもらう。

f:id:garadanikki:20150610131815j:plain

 

「おいおい、そっち行くと危ないぞ」優しく語りかける

f:id:garadanikki:20150610131816j:plain

 

寄り添うように歩くふたり

f:id:garadanikki:20150610131817j:plain



f:id:garadanikki:20150610131818j:plain


にゃんこ先生の苦労、知ってか知らぬか、親ガラス