読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

羊さんの タマリンド

すてきな人 まるさん食日記 ドラマ

 

吉田羊さんが大好きです。

「たべものがたり 彼女のこんだて帖」では、料理上手のアラフォーOLを好演していました。

「彼女のこんだて帖」という角田光代さん原作のドラマ化でしたが、

一話の脇役が、二話目の主役となっていくというように、人間関係が繋がっていく仕立てが、大変効果的でした。

 

吉田羊さん演じる葉山ちかげは、3話の主人公 円山千香子 ( 佐津川愛美 ) の会社の先輩で千香子の恋愛相談相手。

千香子のお弁当をつっつきながら、「ふーん」とか言ってるキャラクター。

 

それが4話「食卓旅行 タイ篇」の主役として活躍するんです。

圧巻なのが、料理を作るシーン。

とにかく手早い。セリフをいいながら、野菜をトントン切り、鍋のスープをかき回し、手をふいて皿を並べる。

それが段取りではなく、本当に自然にやっているんですよ。

「この人ホントに料理出来る人なんだろうな」と感心して釘づけになりました。

 

 

葉山ちかげは、会社では上司に「まだ結婚しないのか」的なイヤミを言われながら、「は~い、そうですねぇ」と軽く受け流すジミなOLさん。

ところが週末の彼女は凄い才能を発揮する。

仲間を集めて、スペイン料理、ドイツ料理と、その時々に各地の料理を作って披露するんです、食卓旅行と言って。

今回はタイなんですが、お1人さまで色々な店に行っては、味を研究する。

大皿の料理をパクリ。頭の上に?マークがついた顔をした途端 つぶやく。

「タマリンド」と。。。

 

格好いいーー

憧れなんです、味を分析したりして、再現できる人って。

 

吉田羊さんの「タマリンド」を聞いて、どんな味なのかずっと気になっていました。

f:id:garadanikki:20150616105353j:plain

f:id:garadanikki:20150616105354j:plain

おお、タマリンドとは、こんな味だったのか。

そうだなあ、このペーストは梅干しのような感じです。

これなら、魚や肉の臭みが消えそうだし、暑い夏には食が進むメニューに役立ちそう。

カレーとかにも使うそうですが、今回は挽肉炒めのベースに使ってみました。

 

豚ひき肉と紅みずな タマリンド炒め

f:id:garadanikki:20150616105350j:plain

挽肉は普通の豚バラを食べる分だけ、フードプロセッサーで挽きますのん。

紅みずなは、先日食べて美味しかった食材。

普通のみずなと全然違う食感で、炒めてもシナッとしない。

結構個性があるから、タマリンドのような個性的な味付けにしても負けない気がします。

 

今日の全体像

f:id:garadanikki:20150616105348j:plain

はは全体ではないか。

 

生ラッキョウを使ったサラダ           海老とブロッコリーのにんにく炒め

f:id:garadanikki:20150616105351j:plain f:id:garadanikki:20150616105349j:plain

 

だんだん だいたんになり過ぎた 鶏のつくね ( 爆 )

f:id:garadanikki:20150616105352j:plain

鶏の軟骨・モモあたりの肉をフードプロセッサーで挽いて、

今回は黒胡麻と大和芋とインカの塩を入れた。

つくねといったら、コロコロに丸めて串に刺して焼くのがろうが、

ドバッとフライパンに入れてフライパンの形に焼く。

食べる分だけ、お箸でくずして取ればいいじゃんという感じ。

雑っぱですが、これ結構おいしいんですのよ。