garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

THE VERY BEST OF NAT KING COLE

 

ナット・キング・コールの声が好きだと言ったら、

MOURIがベストを買ってきてくれました。


2枚組、50曲。何とも聞きがいのあるアルバム。

f:id:garadanikki:20150620124525j:plain
ナット・キング・コールの歌で、特に好きなのが、Unfogettable, Mona Lisa, Smaile,

それと Fly me to the moon

ところが50曲も入っているのに、Fly me to the Moonが収録されてない。

ショック~

仕方がないから、YouTubeで聞こうと検索したら、彼の他にも沢山の人が歌ってる。
名曲だもの。

代表的なところが、フランク・シナトラ、トニー・ベネット、アンディー・ウィリアムス。
女性では、ドリス・デイ、ジュリー・ロンドン、ダイアナ・クラウル。

ウェス・モンゴメリーのギターや、オスカーピーターソンのピアノでも楽しめる。

日本人では女性が随分歌ってるね、小野リサ、いしだあゆみ、伊東ゆかり、八代亜紀がアップされてる。
アップはされてないけど、美空ひばり、ちあきなおみも歌っていたと思うな、しびれる程ウマいよね、きっと。

 

聞きくらべてみるのも面白いかも(笑)



ナット・キング・コールは、当初ピアニストだったそうで、ベストの2枚目(古い方)では、弾き語りをしています。だけど録音技術の問題か、ピアノの音が悪いのよね。これで名ピアニストだったかどうかを判断できないので、ワタシはやっぱりオスカーピーターソンの方が、ピアニストとして好きです。

何故、突然オスカーピーターソンが引合いに出たかというと、若い頃2人の歌声が似ていたので「かぶるからキングは歌、オスカーはピアノで、やってこうね」と、取り決めをしたんだっつ~有名な話がある。
真偽のほどはわからないけど、同時代にしのぎを削った2人の天才のエピソードとして興味深く思います。

ところで、ナット・キング・コールの声って、バリトンなのに伸びが良くて、ソフトじゃない?
あの声で「Fly~Me the moon~」と歌うと、ホントに月に届きそうに伸びやかに響くよね。
彼の口内の広げ方、声の発し方、声の届け方 (こんな表現があるかどうかわかんないけど) みたいなものが、白人が歌ってるみたいに聴こえるのはワタシだけでしょうか。

差別が激しかった当時、唯一白人にも支持されたと聞いているんだけど、白人の耳に心地よい響きだったから、なんてことではないのかなあ。



FLY ME TO THE MOON / ナット・キング・コール