garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

披露山庭園住宅団地

 

披露山公園から、西側のなだらかな階段を降りると、披露山御殿です。
御殿というのはワタシが勝手に言っているだけ、正式には『披露山庭園住宅団地』と言います。

f:id:garadanikki:20150708113932j:plain

階段を降りてしまうのが勿体ない、足が止まってしまうほど美しい眺め。

そんな人のために、ベンチ。。。

f:id:garadanikki:20150708113933j:plain

実は、この場所のことをずっと “ヒロウヤマ” だと思っていましたが、
今回 “ヒロヤマ” ということを知りました。

f:id:garadanikki:20150708113937j:plain f:id:garadanikki:20150713100518j:plain

海に張り出す山に造成された宅地ですが、家から海が見えるエリアは意外に少ない。

こんな風にチラリズム ww

 

 

【披露山庭園住宅について】

披露山庭園住宅は、昭和43年 (1968) 、㈱TBS興産によって逗子市小坪の標高約80mの小坪山で造成が始まり、昭和46年 (1971) から分譲が開始。第一期の披露山庭園住宅南側は、1区画300坪、色々な建築協定附きで販売されました。

当時の規定はそれはそれは厳しくて、垣根を作っちゃいけないとか、建物の高さにも制限があった。
現在も、新しく家を建てる際は、住民に説明会をしなくちゃいけないっていうんだから大変だ。
そのくらいしないと、こんな街並みは維持できないのかも知れないから、仕方ないんだろうケド ww

 

f:id:garadanikki:20150713100517j:plain

ここの建築協定で厳しいのが、建ぺい率。
通常の都市計画では30%~80%の範囲て制限されている。商業地なんかは80%、住宅地だと60%だったりというのが平均的だと思います。ところがココ、20%なんですと! 300坪の敷地の8割、240坪は庭じゃなきゃいけないというんだから、ホントに名称に“庭園”という文字が入っているだけのことはある。

 

f:id:garadanikki:20150713100510j:plain

人工物による塀を建てる事にも制限があるらしい。不連続な生垣や低木によって、
ようやく境界が判別できる程度の設えになっているから、ゴージャスな感じなんですな。

 

f:id:garadanikki:20150713100516j:plain

 


あれ、この家は柵がある。

立地条件とか防犯の問題とか、ちゃんとした理由があって、

説明会で容認されているんでしょうね。

f:id:garadanikki:20150708113934j:plain

披露山御殿の写真を撮った時、すっきり綺麗に見える理由は、電線がないから。

f:id:garadanikki:20150713100524j:plain

造成の時に、電線など全てを地下に埋設したんだって。

f:id:garadanikki:20150713100519j:plain

よくここのことを“日本のビバリーヒルズ”と言われたりするけど、

人気のひとつはセキュリティーなのかも知れません。

f:id:garadanikki:20150713100512j:plain

今では、セコムをはじめ、沢山の警備会社があるけれど、ここのセキュリティーは40年前から凄かった。
披露山庭園住宅団地全体がひとつの私有地になっていて、入口の管理棟で、部外者車両をチェックしてるんです。

f:id:garadanikki:20150713102825p:plain40年前、母と弟と来たことがあるんです。披露山公園に来たついでに偶然見つけたんだけど、ゲートの監視員さんに母がニッコリしたらスルーされたのね。
入れてくれたんだもの、いいんだろうと思って、ウロウロ走り回ってたら、警備の車両がやってきて、「どちらのお宅に行かれるんでしょうか」って。自衛団だから逮捕とかはできないよ、けど、やんわり丁寧に退去を促されました。

母もワタシも弟も、メチャクチャ物件マニア。
3人して、あんぐり口開け馬鹿面してただろうし、傍目ですぐ部外者と見当ついたことでしょう。


当時と違い現在では、もう1つ入口が出来たみたいだけど、至るところに監視カメラがあります。
じゃ、部外者は絶対入れないかといえば、そうでもない。

何故なら、大崎公園にはどうしても敷地を通らないと行かれないからです。

披露山公園と大崎公園を結ぶルートとして歩く人のみどうぞって感じかな。

だけど挙動不審だったら、やっぱり警備員、飛んでくるんだろうな www

 

 

開発されてから42年も経てば、世代交代とかもありますし、手放す人もいるでしょう。
でも300坪ですからね、バブル崩壊の頃は、売りたくても買い手がつかず大変だったそうです。

今でも、かなりダンピングした市場に出ていたりする、複雑ですね。

ゴージャスな空間だけど、一番近いバス停まで15分はある。コンビニもないし、生活をするのに便利とはいえません。車とお手伝いの人がいなかったら絶対に無理。

 

 

分譲されたと後、全ての土地が売れたわけではありません。

f:id:garadanikki:20150713100513j:plain

売れ残ったままの手付かずの敷地も多かった。

バブル崩壊後は、300坪ではなく小さい区画に分割して売買されたので、敷地内を見回ると、古くからの居住者の家と、新興購入者の家がすぐわかります。

まあ、そんなこと考えながらウロウロしていたら、40年ぶりの御用となりそうなので、この辺で。
キチンと前を向いて、セッセセッセと大崎公園に向かいましょう。