garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

本郷。三島霜川と徳田秋声の住んだ家。

 

今回の街歩きは、5月に訪れた本郷6丁目9番地の奥長屋の続きです。

 

 

まだまだ歩き足りないところばかりで。。。

鎌倉歩きじゃないけれど、今まで行ったところのある場所の、点と点を線でつなぎたい。

位置関係がわかると、もっと面白く感じられると思うのです。

 

あの本郷6丁目9番地の奥長屋も、

f:id:garadanikki:20150524101837j:plain f:id:garadanikki:20150524101841j:plain

都心の真中で、とても便利な場所なのに、そのまま拓けないのにはワケがある。

周りがお墓で囲まれていたから。

f:id:garadanikki:20150725131225j:plain

ぐるっと回ってお墓の方から見ると、

奥長屋のドンツキにあった藤森稲荷の赤い屋根が見えます。

f:id:garadanikki:20150725124345j:plain

今、どこから撮っているかというと、、、

下の地図、台町第二児童遊園と書いてある場所の隣のアパートの所。

アパートの外階段を2段上がらせてもらったところから塀越の写真です。

f:id:garadanikki:20150725124343j:plain

もう少し、見える所はないもんか。。。

あ、隙間からお稲荷さんの赤い屋根。

f:id:garadanikki:20150725124344j:plain

・・・カメラは、この辺にしておこう。

これ以上、塀の向こうの墓を撮ったりしていたら完全に不審者だ www 

でもやっぱり、奥長屋はレトロだなあ。

立地条件がこれだから、車の通行もないまま、静かな一角として現存するんですね。

 

       f:id:garadanikki:20150114111029j:plain

 

裏道から西片に向かう道を歩いていたら、こんなお屋敷を見つけました。

f:id:garadanikki:20150725124356j:plain

徳田秋声の旧宅ですって。

f:id:garadanikki:20150725124352j:plain

奥長屋から目と鼻の先

f:id:garadanikki:20150725124354j:plain

 

 

実は、徳田秋声と三島霜川は、本郷で一緒に住んでいたというのです。

その話は、以前から参考にさせていただいている「めぐり逢うことばたち」記事で知ったのですが。。。。

秋声は、その後一度神楽坂の方に転居。

霜川は、本郷の奥長屋に転居したのだそうです。

 

霜川が本郷6丁目9番地の奥長屋にいたのは短い期間でしたが、霜川が転出したその3年後 ( 1905年 ) に、秋声の方が本郷に舞い戻ってきている。徳田秋声は亡くなるまでこの家で生活をされたというから、二人にとって本郷は縁のある土地だったんでしょうかね。

 

KAGURAGAWAさんがお調べになったところによると、

徳田秋声と三島霜川が同居したのは「本郷区向ヶ丘弥生町3番地ト11」との由。

所蔵地図データベース「携帯番地入東京區分地圖 本郷区分之部」より 1910年 ( 明治43年 )

 

f:id:garadanikki:20150725124348j:plain

東大の北隣りにあたります。

f:id:garadanikki:20150725124349j:plain

 

二人が移り住んだ場所の位置関係をまとめると、こんな感じ。。。

 

   三島霜川             徳田秋声

a  本郷区向ヶ岡弥生町3番地ト11に、霜川と秋声同居 1901 ( 明治34年 ) 10月

b       本郷6丁目9番地

    1902 ( 明治35年 ) 5月まで

                  c 本郷6-6-9 ( 現在の表記 )

                    1905 ( 明治38年 ) ~1943 ( 昭和18 )

 

前述の地図をひっくり返して見ると、a. b. c. のように二人が移り住んだ位置関係がわかります。

f:id:garadanikki:20150725124351j:plain

 

ぽえ~っと歩いていたら、徳田秋声さんちを発見。

島木健作さんから、齋藤弔花さん、弔花さんから三島霜川さん、霜川さんから秋声さんと、気になっている人がお数珠でつながっていくようです。

三島霜川、徳田秋声といえば尾﨑紅葉門下。

紅葉といえば、もうひとり重要な門下生が泉鏡花。

鏡花といえば、大好きな里見弴さんがとても尊敬していた作家だもの。

この先、歩いている内に、これらの点がまた線でつながっていったりして。。。

 

そしたら感動するけれど、これ以上つながったら、それはそれでちと恐い。。。