読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

北陸旅行 金沢から高山へ

 

金沢の東茶屋街を歩いたら、おなかがすいた。

かなり遅くなってしまったけど、近江町市場で何か食べましょう。

 

二階から見た近江町市場

f:id:garadanikki:20150926170224j:plain

平日なので、すごく空いてます。

かえすがえす残念なのは、新鮮なお魚が買えないこと。

旅の途中で、まだ一日あるからなあ。

MOURI が「じゃ、魚買って、今日帰る?」と言うのです。

や~だ~、魚はあきらめる。

遅いお昼を、海鮮丼といきたかったが、回転ずし屋さんにしよう。

f:id:garadanikki:20151008110055j:plain

しかし、この旅行の昼食、寿司が多いわねぇ。

昨日も番屋街でお寿司だったし。。。

ここの回転ずしも、回転しているのじゃなくて、タッチパネルでお願いするのがいい。

地場三点盛とか、いか三点盛とか、白身三点盛とか、三つでひとつのお皿が面白いわね。

もう3時30分か、あんまり食べると夜ご飯が入らないので、適当に。。。。

 

お店を出ると、加賀野菜が斜めに綺麗に並んでいるお店があります。

f:id:garadanikki:20151008111636j:plain

お野菜なら、一日おいても大丈夫か、、、買って帰りましょう。

f:id:garadanikki:20150918111425j:plain f:id:garadanikki:20151008111808j:plain

あっ、このにんにくの芽みたいなの、いもつるっていうそうです。

北川食品:加賀野菜を買えるお店

 

さて。次の宿泊地は。高山に決定。

飛騨高山、いい響きじゃない(?_?)

 

ところが。。。金沢から高山までの高速、これが大変厳しいルート。

とにかくトンネルが多い。

1キロくらいのトンネルが20穴近くあるんだもの。

それもね、トンネルが窮屈で、車線が狭いんです。

初めてだし、薄暮だし、ゆっくり走らないと危ないな。

いや~きっつい。

f:id:garadanikki:20151008112421j:plain

 

今日の宿と、居酒屋は、例によってMOURI がスマホで探しています。

「リーズナブルな宿でいいよな」「うん」

ということでカントリーホテル高山にチェックイン。

 

部屋に入って笑った!!!

足の踏み場がないんだもの(笑)

このベッドの並べ方、大爆笑よ。

ベッドとベッドの間は、蟹さん歩きしないと入れないじゃん。ちょっと大げさ。

f:id:garadanikki:20151008113048j:plain

ふつうドアを入ってすぐの所に、ハンガーとか、スリッパとかあるスペースがあるでしょう? 

それもないんです。荷物はドアを入った通路に置くしかなく、どこに行くにも跨ぐしかない。

いいねぇ。こういうコンパクトを極めたのも www

 

とにかく今回は、徹底的に宿代を圧縮しましたの、ほん。

 

荷ほどきをしたら、さて飲みに出よう!!!

f:id:garadanikki:20151007212606j:plain

樽平 

f:id:garadanikki:20151007212607j:plain

実はここも太田和彦さんが日本百名店として紹介していたお店。

いい感じの民芸風の造りですが、残念ながらカウンターは満席。

小あがりに二人だけって、ちょっと寂しい。。。

f:id:garadanikki:20151007212611j:plain

さて、どんなものが食べられますかね。

f:id:garadanikki:20151007212608j:plain

f:id:garadanikki:20151007212609j:plain

ここの女将さんは秋田の出身だそうで、お料理は秋田&高山が楽しめるようです。

とりあえず、飛騨ビールで乾杯。

f:id:garadanikki:20151007212610j:plain

「迷ったら、まずこれ」と書いてあるざいご盛りをオーダー。

f:id:garadanikki:20151007212613j:plain

 

面白いねぇ、コレ。

f:id:garadanikki:20151007212612j:plain

芋の煮っ転がし、美味しい。

おばあちゃんちで食べるような味だ。

手前の唐揚げみたいなのが不思議なんですが、この辺りの子供が三時のおやつとかに食べるものなんですって。空煎りした大豆に、お砂糖を入れた衣でさっくり揚げたらしい。

大豆がカリコリ、ふんわり甘くて、こりゃいいや。

・・・お酒には合わないけどね。

そうそうお酒。

飲み比べの3種というのがあるそうで、冷酒3種と純米3種をお願いしました。

f:id:garadanikki:20151007212616j:plain f:id:garadanikki:20151007212617j:plain

f:id:garadanikki:20151007212619j:plain

どりゃどや

f:id:garadanikki:20151007212618j:plain

お店には女将さんがひとり。

お客さんが口開けに6人入られたようで、てんてこまいの様子。

3種のお酒を提供するのも手間がかかりそうだし、、、

実は、陸の孤島 ( 小あがり ) のワタシたちがビールにありつけたのも、結構待った ww

 

ナスの味噌焼き

f:id:garadanikki:20151007212614j:plain

秋田の女将の味噌焼きは、さすが秋田だ。

うん、酒がすすむ、すすむ。

 

飛騨牛の串焼き

f:id:garadanikki:20151007212615j:plain

一応おやくそく、飛騨牛。

ちょっと固いかな。

 

天然あゆの塩焼き

f:id:garadanikki:20151007212620j:plain

今日の天然あゆは大振りだというのでお願いしてみました。

あゆは背が手前なんですってね。

 

カウンターのてんてこ舞いが続いているところに、もう1人のお店の人がやってきました。店内の空気がガラっと変わります。忙しい時に頼んでいるのか、女将さんより20歳ほど若いその人は、女将さんが手に回らなかった段取りをキビキビこなしていきます。

 

カウンターでトマトの注文が入ると、、、

「おいしいですよ、このトマト。今お客さんに出す前にひとつ摘まんじゃったけど、あはは」ってその若い人。

じゃ、うちもトマト頼もう。

f:id:garadanikki:20151007212623j:plain

ほんとだ。

なんの変哲もないトマト。いや失礼、今日びマーケットには色んなデザートトマトが並んでるでしょう? そういうのじゃないという意味。

これも。おばあちゃんちで採れたトマトみたいで美味しい。

 

お酒の3種も飲み尽くしたところで、天領を冷でお願いしました。

f:id:garadanikki:20151007212622j:plain

お猪口選べるんだって。

 

若い人が、やっとお話がてら来て下さったので、何かおススメをお願いしました。

 

ふるさと焼き

f:id:garadanikki:20151007212624j:plain

おーおーおー、考えもつかない料理です。

若い人に「ふるさと焼き」って何ですかって聞いたら、

「漬物を焼くんです」という答え。

すぐきとか、かなり漬かった系の白菜としめじを炒めて、卵でとじてある。

長ねぎも散らしておかかがかかってて。。。。

 

面白い。漬かった白菜の塩気だけです。それで一品料理になるんですもの。

地元の料理って不思議なものがあるんですなあ。

f:id:garadanikki:20151008121056j:plain

お客さんが落ち着いて、店が一段落したら、

若い人はいつのまにやらいなくなってました。

忙しい時の、隣のスナックのママさんだったのかしら。

 

ああ、おいしかった。ごちそうさまでした。

 

※ 後日、知ったのですが「若い人」はここの女将のお嬢さんで、この店は2人で切り盛りしてるんだそうです。