garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

北陸旅行 白川郷 柊

 

峠を越えようと国道に入ったものの、通行止めの看板でUターン。

ちょっと早いけれど、食事をしようということになりました。

そういえば。

途中にちょっと気になる食事処があったわねぇ。。。

f:id:garadanikki:20151011101849j:plain

飛騨牛って書いてある。

ここにしよう。

f:id:garadanikki:20151011101850j:plain

中は、普通のお家をぶちぬいてるのね。

f:id:garadanikki:20151011101843j:plain

あっちこっちにテーブルがあって、、、

押入れかくし www すだれがお茶目

f:id:garadanikki:20151011101842j:plain

 

どれどれメニューは、、、

f:id:garadanikki:20151011101844j:plain

ステーキは時価なんですね。

串焼丼定食は、3本の串が丼ぶりに乗っています。

お店のオカアサンによると、

牛串の味付けは、たれ・塩コショウ・辛いの から選べるんだそうです。

3本とも違う味でもいいし、たれ1&塩コショウ2とか、好きな組み合わせでもOK。

 

じゃ、2人とも串焼丼定食をお願いします。

「ちょっと待っててくださいね」オカアサンは、私たちの横にあったテレビのスイッチを点けます。

テレビを見せてくれるのかと思ったらそうじゃなくて。。。

既にDVDがセッティングされてて、番組がスタート。

 

はじまり はじまり~

飛騨トンネル先進坑工事の記録

正確なタイトルは忘れましたが、飛騨トンネルの着工から開通までの記録映画のようです。

・・・なんだか小学校の授業みたい。

流石にカーテンで部屋を暗くはされませんが、見るしかない雰囲気 w

 

テレビには、プロジェクトX並みの迫力映像で、トンネルを掘削していく様子が映し出されます。途中で大水が出て、それをポンプで排水したり、数々の困難を乗り越えて完成するまでの記録が面白いこと、面白いこと。釘づけです。

30数分の作品でしたが、興奮の内、観終りました。

※ 多分これだったと思います。 動画:大地との対話
大地との対話

 

終わった。。と思ったら、料理が運ばれてきました。

f:id:garadanikki:20151011101845j:plain

凄い。

お盆や器はちゃちい ( 失礼 )  m(__)m ですけど、味はさいこーです !!!

オカアサン 美味しいよ~ A5特級牛肉。

3本の串焼きの味を3種類にしたのは正解。

手前の塩コショウは、キリッした味。真中のたれは甘目、奥の辛いのは豆板醤ぽい味。

一口ずつ食べたら、串からはずして、好きな順番で食べたりできて、面白い。

f:id:garadanikki:20151011101846j:plain

 

お蕎麦が、また最高。

ぷきぷきした歯ごたえの手作り感が楽しめて、おつゆもまた良し。

f:id:garadanikki:20151011101847j:plain

 

このお豆腐もまた良し。

f:id:garadanikki:20151011101848j:plain

堅めのお豆腐が東京のとは全然違う味で、濃厚です。

 

その他、すぐきの漬物も、赤紫蘇で漬けたらしい大根も、

デザートのメロンも、全部 美味しくいただきました。

 

飛騨牛は、前夜高山で食べたものよりも質が良くて柔らかく、旨みもある。

もちろん焼き方も良いんでしょうが、さすが A5特級 です。

こんなに美味しいなら時価だというステーキも食べてみたい。

 

お勘定の時に、オカアサンと話をしたんですが、

A5ランクでも、昨日入荷したのは驚くほど特上のものだったそうです。

「昨日食べられたお客さんはラッキーだったと思いますよ」

お値段は、7,000~8,000円といったところらしいですが、こんな美味しいお肉なら安いんじゃないかしら。東京では、とても8,000円では食べられないでしょうから。

でも、一見で時価のステーキを頼むのは、やっぱり勇気がいるね。

 

白川郷の柊さん、おそるべし。

もっと近かったら、今度はステーキを食べに来たいです。

f:id:garadanikki:20151011101852j:plain

お休み処 柊 (旧 花いちりん) 白川郷観光協会

・・・それにしても、あのDVD、食事が出来る時間と同じだったけど、

計算された演出だったんでしょうか。。。

 

f:id:garadanikki:20151011101851j:plain

北陸での最後の食事は大正解。

美味しかったねぇと、何度も言いながら、

あの ( 苦労して完成した ) 飛騨トンネルを通って帰路につくこつにします。

 

 

 

北陸旅行のお話。これでおいまいです。

帰ってきてから、一か月半もお付き合いいただきまして、ありがとうございました。