garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

日本橋蛎殻町を歩く

 

ちょっと時間があったので、蛎殻町を歩いてみます。

f:id:garadanikki:20151021181323j:plain
古い家屋は今でも現役。
大切に住まわれているのがわかる。

f:id:garadanikki:20151021181320j:plainf:id:garadanikki:20151021185420j:plain
この辺りは、昔ながらの地名が残っています。

昭和37年に制定された住居表示に関する法律によって、

どんどん何丁目何番地という風に変わってしまいました。住居法事法は、同一地番に複数の人が住んでいたりして、郵便を配達する人や、訪ねていく人が迷ってしまうという理由で、制定されたらしい。

確かに現在のように、地番が時計回りに振られていれば、訪ね当てるには便利でしょうが、

歴史的地名がどんどん消滅してしまったのは、とても勿体ない話だと思います。


こんな法律に対して、住民が立ち上がりました。

各地で土地の名前を守る運動が盛んになると、流石に国も多少は配慮しするようにはなりました。

この界隈でも、そんな運動のお蔭で地名が残されたんじゃないかしら。

 

f:id:garadanikki:20151021192521j:plain


日本橋浜町、日本橋人形町、日本橋蛎殻町、日本橋古伝馬町、日本橋小網町、日本橋兜町などなど。

いいわよねぇ、こういう町名の方が。。。

浜町とか、人形町とかっていう地名なら、もっといいのにと思う。



蛎殻町は、谷崎潤一郎の生誕地でもあります。

目下マイブームの百花文庫の『幇間 他二篇』が手に入ったので、読んでいたところなんですが、

丁度『秘密』という小説にさしかかったところなんです。

f:id:garadanikki:20151021181325j:plain

f:id:garadanikki:20151021181326j:plain
 『秘密』の2頁目に、こんな記載がありますの。

私は最初から、澁谷だの大久保だのと云ふ郊外へ隠遁するよりも、却って市内の何處かに人の心附かない、不思議なさびれた所があるであらうと思つてゐた。
谷崎潤一郎著『祕蜜』より

 

 

谷崎潤一郎が、この小説を書いた頃 ( 大正元年 ) は、渋谷もそこそこ発展し始めた頃なのではないかしら。でもまあね。日本橋で生まれ育った彼にとっては「渋谷なんてど田舎」なんでしょうけれど (笑)

 

ここが、谷崎潤一郎の生地。

f:id:garadanikki:20151021181321j:plain
看板がかかっていますが、その上にある紫の看板見えますか?

「幻の羊かん 細雪」と書いてあるけど、

多分に谷崎潤一郎を意識してのネーミングですよね。

f:id:garadanikki:20151021181322j:plain

もっと凄い。

このビルの二階のお店は『谷崎』というしゃぶしゃぶ屋さんでした。