garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

コウケンテツさんの「鶏のてり焼き」

 

コウケンテツさんが、久し振りにあさイチに登場しました。

お弁当の定番「鶏の照焼き」を作っていました。

あまりにも笑って、あまりにも簡単だったので、早速ランチに作ってみます。

 

フライパンの油を熱する。

f:id:garadanikki:20160106131546j:plain

鶏の皮を下にして入れる。

f:id:garadanikki:20160106131547j:plain

皮を下にしたまま、触らない。

f:id:garadanikki:20160106131550j:plain

皮はこんな感じで焦げ目をつける。

でも絶対にひっくり返さない。

f:id:garadanikki:20160106131551j:plain

フライパンに直に砂糖を入れる。

( 我が家は三温糖です )

f:id:garadanikki:20160106131552j:plain

砂糖の上に、皮を下にした鶏を乗せる。

f:id:garadanikki:20160106131553j:plain

中火にして、しばらくジュージューやる。

酒と醤油を入れる。

f:id:garadanikki:20160106131554j:plain

蒸し焼きみたいにしてジュージューやる。

スプーンで、タレを上からかける。

そしたら初めてひっくり返して、、、、あっ焦げた。

f:id:garadanikki:20160106131555j:plain

 

実は、コウケンテツさんも焦がしました。

本当は、砂糖を入れた段階で、少し火を弱めるはずだったのが、

そのまま強火でジュージューやったらしい。

「ほら、こうすると。。。」と皮目の照り具合を見せようと思ったら、焦げてたんです。

イノッチに「焦げちゃったじゃないですか」と言われて、しまったという顔をしながら、

「焦げじゃない、照りですテリ」だなんて言ってたけど、火が強かったんですね。

大笑いしてしまいました。

 

で。同じようにやっちまいました。私も。

 

丼に、ご飯を入れて、海苔をパラパラして、、、、

f:id:garadanikki:20160106131556j:plain

照焼きを切って乗せたら、出来上がり。

f:id:garadanikki:20160106131557j:plain

緑は、正月用に買った「京丸姫ねぎ」です。

f:id:garadanikki:20160106131559j:plain

美味しい。

色はしっかりしていますが、色ほどしょっぱくない。それに硬くないんです。

 

コウケンテツさんの狙いはコレだったんですね。

皮を下にしたまま絶対にひっくり返さないことによって、肉が堅くならないんです。

砂糖を直に焼くことによって、カラメル効果?

化学変化ですね、アミノ酸も出るらしい。

だから、柔らかくてとても照りの豊かな「鶏のてり焼き」が出来たんです。

 

焦がさなければ、ね。。。。