garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ふかざわせんせいのこと

 

深沢先生 ( 仮名 ) は、小学校高学年の時の担任です。

今なら思いっきりまずい言いぐさですが、( 本人が言っているので良しとさせてもらいますが )

先生はオールドミスでした。

f:id:garadanikki:20160113112954j:plain

「結婚したい」というのが口癖でしたが、もうひとつの口癖は、

「なんですか女の子が」というものでした。

 

細くとんがったメガネの中の目は、メガネよりもっと細くてとんがっていて。

声はドラ声、女らしいという表現から一番遠いところにいるような才女でした。

怒ると、それはそれは怖いのです。

凄く、すごーく、轟くような大声で、どなるのだから。

どこに怒りの地雷が埋まっているのか、生徒はビクビクものでした。 

f:id:garadanikki:20160113113859j:plain

ある日の給食で、ポテトサラダの味付けが薄くてマズかったことがありました。

薄いなんていうものじゃない、全然味がしなくて、、、、

多分マヨネーズも手作りだったんでしょうが、マヨネーズ作りの段階で塩を入れ忘れた感じ。

f:id:garadanikki:20160113113929j:plain

隣に座っていた由香ちゃんが、「塩 貰ってくる」と言った途端、教室から飛び出しました。

私達の教室は校舎の3階の端っこ、給食室は地下1階の逆側の端っこにあります。

 

先生の目が「キラリ」と光ったのを見た生徒は、私だけではないと思います。

怒られる

皆 瞬間そう思って身を縮めました。

f:id:garadanikki:20160113112704j:plain

セブルス・スネイプ先生 (アラン・リックマン) 

            「 ハリー・ポッター」より

 

先生が「我儘を言うんじゃありませんっ!!!」と怒り出すと思ったからです。

ところが、先生の口から出た言葉は意外なものでした。

「偉いですね」

「ご飯を美味しく食べるために、面倒を惜しまない由香さんの行動は。

 女は、そうであって欲しいです」

 

あれ~? そうきたか。 本当に怒られると思ったんだもの。

「キラリ」と光る先生の目とその言葉は、今でもときたま思い出すことがあります。