読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

<流れる> おぼえがき

 

一年に二度くらい、清水から飛び降りる思いで、古書を買ってしまうことがあります。

 

<流れる>おぼえがき

f:id:garadanikki:20160120100238j:plain

発行部数も少なかったであろうし、大衆向けではない売り方であろうし、、

綺麗に保存されたものはなかなか少ないらしい。

f:id:garadanikki:20160120100241j:plain

幸田文さんが「流れる」を書いて、それがラジオになって、映画になって、

その後、賞を取った記念に作られた本です。

f:id:garadanikki:20160120100242j:plain

当時のパンフレットのために執筆された文章や、

出演者との座談会なども掲載されている。

私にとっては、貴重な興味深い資料です。

f:id:garadanikki:20160120100243j:plain

冒頭の「雪」というコラムは、「流れる」を書くまえの唯一のエチュードと見られるもので、

「三越」のパンフレット ( 昭和27年11月発行第十二号 ) に掲載されたもの。

 

3ページほどの短編。

用足しに出た帰りの柳橋の、雪の中を歩く作者と、もう退 ( ひ ) いているお姐さんの会話が、

とてもいい。

 

読んだらふいに、柳橋をぶらついてみたくなりました。

暖かくして、ちょっと出かけてこようかな。