読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

柳橋 ルーサイトギャラリー 再訪

おでかけ 本をよむ 観光・見聞

 

前回、ルーサイトギャラリーに行ったのは「劇団まるおはな」の公演でしたが、

普段は、喫茶店として営業されているのだと、横チンさんから教わりました。

 

「だったら、行ってみたい」

ずっとそう思っていたので、柳橋散歩の〆は、ルーサイトに決めていました。

                   ( 20日のお話しです ) 

f:id:garadanikki:20160120203913j:plain

良かった。

営業してる。 ( 特別企画展や公演などで一般に入れないこともあるので、、、 ) 

 

「ごめんくださ~い」

いや

「ただいま~」と言いたくなる。

f:id:garadanikki:20160120203932j:plain

靴を脱いで、細い廊下を通り、二階へ上がります。

f:id:garadanikki:20160120203931j:plain

前回来た時には、芝居の公演だったので、椅子やテーブルはなかったけれど、

通常はこんな感じで座れるのか。

さて、どこに座ろうかな。

f:id:garadanikki:20160120203924j:plain

 

あそこがいいかな?

f:id:garadanikki:20160120203928j:plain

 

ソファーという手もあるが。。。

f:id:garadanikki:20160120203925j:plain

 

奥は、景色が見づらいからなぁ。

f:id:garadanikki:20160120203926j:plain

あっ、入店した時に、この和テーブル  ↑↑↑ に、先客がいらっしゃいまして。

私が来たのをキッカケに帰られましたが、

映画とか、ナレーションとかの打合せをしていた様子。

面子は、いい感じに年を重ねた演出家風の方、作家風の方、マスクをした女優さん。

そして、離れたソファに付人さんが座ってました。

「鏡花の朗読は、それは苦労しました」とか何とか言っているのが聞えてきた。

隠れ家的なお店だから、お客さんも少ないし、打合せには最適なんでしょうね。

何だか、お邪魔をしてしまって、追い出しちゃったようで気が引けます。

 

 

写真は、その方々がお帰りになって、

小一時間誰も来店されなかったので撮ったもの。

結局私が選んだのは、この席。

f:id:garadanikki:20160120203929j:plain

窓際のカウンターからは、大川が一望できて、、、

f:id:garadanikki:20160120203915j:plain

 

持ってきたのは、「<流れる>おぼえがき」

f:id:garadanikki:20160120203920j:plain

 

ああ、至福の時

f:id:garadanikki:20160120203922j:plain

 

店のオーナーは、この家のお隣に住んでおられる方とかで。

実は「流れる」のロケ地のこと、お聞きしたいという気持ちもあったんです。

わからず仕舞いに終わった、あの横町がどこだかを。。。

昔から住んでいらっしゃるなら、わかるんじゃないかと。

 

でも。断念。

お店には、美大生のような彼女と、厨房には学校帰りの女子高生しかいなかったんだもの。

流石に彼女たちじゃわからんだろうし、自分で探さなきゃ面白くない。

 

      f:id:garadanikki:20150114111035j:plain

 

浅草の元芸妓、市丸姐さんの家で、流れるを読むというのもこれまた妙だが。

窓の外には、芸者さんたちも見ただろう大川が、ゆったりと流れているのです。

f:id:garadanikki:20160120203914j:plain