garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

斉魚 ( えつ ) 姉さんに会いたくて。。。

 

21日から24日にかけて、年に一度のお楽しみがやってきました。

斉魚 ( えつ ) 姉さんが、ウィーンからの里帰りの時期なのです。

斉魚姉さんとは、にゃんこ先生に紹介していただいてから、猫のこと、文学のこと、音楽のことと色々と話が合って仲良くさせていただいてるんですが、それはそれは美人で、上品で、賢くて、気さくで、カッコよくて、凄い人なのです。

職業は、音楽家。

これ以上はこじんじょーほーがあるので言えませんが、素敵なお姉さん的存在なのです。

 

姉さんは、にゃんこ先生と一緒にここらあたりの猫の面倒を見たりしていたのですが、

ウィーンに渡り、ワタシがその後を引き継ぐような形になったのです。

そんな斉魚姉さんが久し振りに猫たちに会いに来るというので、猫たちもソワソワしてます。

 

いつも寝とぼけているコタヌも、ムクッと起きて緊張してる。

f:id:garadanikki:20160125122258j:plain

あげくはいいとこ見せようと、木に登った。

f:id:garadanikki:20160125122256j:plain

先日もお話ししたように、木登り、餌取り、寒いのが苦手な

「猫としてどーなの」なコタヌが、木に登ったんだから、みんなビックリポン。

f:id:garadanikki:20160125122257j:plain

なんだ、お前もやるときはやるんだなぁ。

 

いつもはご飯を食べたら、すぐに引っ込むような子たちまで、ずっとくっついて歩いてる。

私達が移動すれば、どこまでも。。。まるでハーメルンの笛吹男状態。

3人の後を、猫が何匹もゾロゾロ付いて歩くものだから、通りを歩いてる人たちも笑ってます。

 

にゃんこたち、よっぽと嬉しかったんでしょうね。

良かったねぇ、みんな。

f:id:garadanikki:20160125123518j:plain