garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

我が家の日常

家に帰ってきました~

入院に際し、着る物や洗面道具、コップや箸など、旦那さんに持ってきてもらったのですが、

普段私が着ているものの在りかが全然わからなかったそうです。

かなり家探ししたとのことなので、家の中がひっかきまわされているかと思ったのですが、

それほどでもなくホッとして次第。

 

その代わり。

「着ないものは整理した方がいいな」と言われてしまいました。

宝飾品は一切なし。お洒落にも全然興味なし。

洋服も着られりゃいいや的な方向なのですが、それでも洋服はたまる。

いつか着られる ( sizeが戻る ) と思ってとっておいたものを捨てることにします。

 

おはずかしい

プチ断捨離します。

私などが断捨離などと言ったら、ほんもののミニマリストの方々に笑われてしまうな。

 

押入れをゴソゴソやっていたら、MOURI もつられて洋服箪笥をゴソゴソし始めた。

「これさ、黒だったら着れるのになぁ」

はいさ、染めますよ、出しといて。

MOURI の着れる着れないは、色が詰まったとか、やぶれたとかそういうこと。

私の着れる着れないは、、、、サイズです。 ( 笑うな~ ) 

 

先日「成城の桂屋でダイロンを買った」って言ったのを思い出したみたい。

あとはボタンつけと、マジックテープの取り換えね、

はいはい。

f:id:garadanikki:20160529103922j:plain

退院してすぐやることではないかもしれんが、これが我が家の日常です。

 

 

           f:id:garadanikki:20150107135105g:plain

皆さま

入院中は、励ましとお見舞いのお言葉、ありがとうございました。

「なんだ大したことなかったんだね」と言って呆れてください。

どうもお騒がせしました。

 

今回は仕事場でぶっ倒れ、救急搬送だったんですが、

運ばれてすぐ胃カメラやCTやレントゲンなど全部やってくれました。

数名 ( 7~8人はいらしたと思う ) の医療スタッフに囲まれて、

同じことも何回か聞かれましたが、とても手厚く対処をしてくださいました。

 

検査の結果は、胃潰瘍だとのことでした。

軽いものだそうです。

念のため細胞を取って悪いものかどうかを調べて下さるんだそうです。

10日後その結果が出るまでは、薬を飲んで、胃に負担をかけないようなものを食べて、ストレスのない生活を送るようにとのこと。

担当の先生は「日曜日か月曜日くらいに退院としましょうか」と言って下さったので、

MOUURI と顔を見合わせて、「あの土曜日じゃ、ダメでしょうかね」とダメ元で聞いてみました。

「ううん、土曜日ですか? そうだなあ。。。。まあ、いいか」

言ってみるものです。

そんなワケで退院することになったワケですが、退院を急いだワケは・・・また別のお話。