読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

なにを考えているかわからない猫

おでかけ 沙羅


八幡様で、お初のにゃんこに会いました。

f:id:garadanikki:20160630110346j:plain

この子、呼んでもいないのにワタシの所に一目散で飛んできたんだけど、その時の様子が不可解です。


「ニャー、シャー! ニャー、シャー!」

   (シャーっていうのは猫が吹いてる音)


友好的なのか非友好的なのか、さっぱりです。

長年猫とつきあってきましたが、こんな接せられ方は初めて。

【禁じ手の餌付作戦】

ワタシにとって禁じ手なのですが、緊急用の猫スナックを上げたところ、手から食べるじゃありませんか。
食べてる間も、ニャーシャー、ニャーシャー忙しい。
食べ終わると、手を伸ばすと届きそうな石の上で、手をまるめてウトウトし始めました。もちろん触ろうとするとシャーと言うけど逃げる素振りはありません。

【沙羅と名づけました】

「沙羅、いい子だね」「沙羅、可愛いね」「沙羅、シャーはないでしょうゴロゴロと言いなさい」と、うるさいほど話しかけました。

(こうやって何回もやっていると自分が沙羅だと自覚するはず…)

沙羅は私をじっと見ています。

f:id:garadanikki:20160630110345j:plain


「沙羅、また明日ね」、そう言って立ち上がると、ニャーと言ってじっと見ます。

こんなに すがる様な目をされるのは久しぶりだ。

(一度でいいから人間にされてみたいww)


全く何を考えているのか、分らないにゃんこでした。

しばらく動向を見ていこうと思います。

 

2012年6月29日、4年前の昨日の話。

これが沙羅に初めて会った時のできごとでした。