garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

小学生にいじられる日々

f:id:garadanikki:20160710071438j:plain 【小学生の男の子にいじられるの巻】

雨上がりの坂道を登りきったところで、後から声をかけられた。
「すみませ~ん」
見ると小学校 3~4年生ぐらいの男の子が、追いかけてきた。

道を聞かれるのか? 私は自転車を降り、彼を待った。

「ヤクルトスワローズの関係者の方ですか?」
いきなりで何のことだか分らなかったが、

私が着ていたウィンドブレーカーを見てそう思ったようだ。

「あっ、これ? ただのファン。

 ヤクルトのファンクラブで購入したグッズなの。」

「ああ、そうなんですか。てっきり僕はヤクルトの関係者の方かと思って。

 いや~ヤクルト、いいですよね~。僕もファンなんですよ。だって僕、東京生まれだし。

 東京のチームはヤクルトしかありませんからね。巨人が東京のチームだって勘違いしている人多いです

 けど、巨人は全国区ですから東京のチームというわけじゃない。

 いや~でもヤクルト最近勝てないですね~。たまに神宮も行くんですよ。

 いいですよね~神宮は。やっぱりドームと雰囲気が違う。」


少年の熱弁は続く。

私はハァとか、そうですねぇとか、相槌を打つしかない。

ひとしきり喋った少年が、ふと黙ってこう言った。

「それでは僕は用があるので、この辺で失礼しますね。じゃっ」

「あっ、はい、さようなら」

・・・なんだか違う気もするが、まあ、いいか。

しかしまあ、なんとおっさんくさい口調なんだろう。

お父さんが、いつも家でこんな話をしているのだろうか。


f:id:garadanikki:20160710071437j:plain【小学生の女の子にいじられるの巻】

道端に座って、にゃんこのご機嫌を取っていたら、すごく近くに気配を感じた。

ふと見ると、私にぴったりくっつく近距離に女の子が座り込み、猫と私を見比べていた。

「ねぇ、知り合いの猫なの?」

「えっ、別に知合いというんじゃなくて、今日初めて会ったんですけど・・・」

「じゃ何してるの?」

「えっ、何してるって…ねえ。『怖くないよ』って言って、仲良くなろうと思って・・・」

「ふうん、怖くないよって言うと仲良くなれるの?」

「そう、野良ちゃんは怖がりだから、いきなり手を出したりすると、逃げちゃうの。

 だから時間をかけて少しずつ慣れてもらわないと駄目なの。」
「ふうん、時間がかかるんだ、大変だね、じゃっ頑張ってね」

「あっ、はい。さようなら。」

翌日自転車に乗っていたら、小学生に声をかけられた。

「ねえ、昨日会った人だよね!」

「えっ?、あっ、はい」

なんかおかしい。

最近、やたらと小学生に声をかけられるが、なぜ子供は上から目線なんだろう。

その時、私はなぜ丁寧語なんだろう。