garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

湘南台の図書館に行く

こう暑いと家の中でじっとしているよりも、どこかを歩き回りたくなる。

 ( ※ スミマセンこれ2012年の8月のお話 ) 

暑くなくてもだろうに・・とセルフ突っ込みして、ともかく心身のリフレッシュには散歩が一番と出かけます。

目的地は『湘南台』にしました。藤沢で一番大きな図書館があるらしいので。

初めて降りる駅だけれど、地下で小田急江の島線・相鉄いずみ野線・横浜市営地下鉄ブルーラインの3路線が地下で繋がってまして、想像以上に大きな駅です。

【駅地下から地上に出る階段】

f:id:garadanikki:20161004132851j:plainこの階段の石、ヒタッ、ヒタッと足に吸いつくような、ガタつきのない感覚です。

継ぎ目のない重厚な石です。

表面は擦れ切っていて、白茶けた薄ピンクになっているけれど、磨いたらもっと深い、

ピカピカの赤御影石になりそうにも思う、そんなお高そうな石にみえました。


帰宅してから写真とサイトの石図鑑とを見比べてみたが、何という石だか結局わからなかったけれど。

 

 
通りの向うに、なにやら丸いドームのようなものが見えます。

『湘南台文化センター』という施設で、ドーム部分はプラネタリウムなのかしら。

f:id:garadanikki:20161004132852j:plain

いつものパターンなら、迷わず寄り道しそうな場所だけど、

たぶん今の時期は夏休みのお子たちで賑わっていることでしょうから、またにします。

 f:id:garadanikki:20161004132853j:plain

駅から湘南台公園をぬけていきます。

約10分ほどのところにある『藤沢総合市民図書館』は駐車場も完備されているらしい。

f:id:garadanikki:20161004132857j:plain

閑静な住宅街の一角にあるということだけどそろそろ心配になってきた。

「こっちでいいのかな」と思っていたら、図書館シールのついた本を持った男性とすれ違いました。

リタイヤされた年頃とお見受けられる男性。

こんな環境の良い所にお住まいで、余暇に歩いて図書館通いが出来る生活なんて。。。

うーん、憧れ。

 

f:id:garadanikki:20161004132859j:plain

ありました。

藤沢総合市民図書館

f:id:garadanikki:20161005100659j:plain

 

「図書館館内を撮影なんかしていいの?」と、帰ってからMOURIに言われました。

私もNGなんじゃないかと思ったけれど、『禁煙』『飲食禁止』などの表示のほかに、

撮影を禁止する貼り紙がなかったのよ。

f:id:garadanikki:20161004132903j:plain f:id:garadanikki:20161004132901j:plain

f:id:garadanikki:20161004132902j:plain f:id:garadanikki:20161004132904j:plain

f:id:garadanikki:20161004132906j:plain f:id:garadanikki:20161004132905j:plain


この図書館、想像以上の高水準で、蔵書の数も半端ではない。

例えば、都内で『川上眉山』『巖谷小波』あたりを読みたいと思っても、一番大きい図書館に、全集が一冊あるかないかというところ。ここでは 普通に3~4 冊置かれています。

居住地が隣接していない(どころか、かなり遠い)為、直接の利用(借出し)が適わないのが悔しいです。

どうしても読みたい本は、渋谷区の図書館に藤沢から借り受けてもらうしかないから。

後ろ髪をひかれながら、宝の山を後にします。