読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

ひれ肉 HOUZAN

おでかけ まるさん食日記

祭り ( 好楽ちゃん祭り ) の後、何か食べて帰ることにしました。

銀座か、久し振りじゃ。

 

「新橋にウマい店があるから、歩こう」

「だったら電車に乗った方がいいんじゃない?」

「いや、すぐだろう」

「・・・・そうかな?」

 

うちのMOURI の唯一の欠点は、、、方向音痴なこと。

有楽町から新橋といえば一駅ありますし、まあ ( 私の足で ) 歩けないわけはないけれど、

お散歩しているより、チャッチャと入店して美味しいビールをぐぴーっとやりたいところ。

でもいいや。歩こうっていうんだもの。。。

 

ところが歩き出して数分して、遠いと気が付いた様子。

東京にお住まいでなければ わかりにくいかも知れませんので地図です。f:id:garadanikki:20161007113444j:plain

赤丸が読売ホール。

新橋に行くのなら、有楽町から一駅乗るのが一番早い。

線路に沿っていわゆる銀ブラをするのもアリなのですが。。。

その線路下の風景、実はずっと同じなんですよね。どこまでも煉瓦造りの店が続いてます。

MOURI が行こうといった新橋の店も、そんな店のひとつだったらしく距離感が狂うのも仕方がない。

 

突然立ち止まり、ニーっと笑って「ここでいいか」と言い出した。

「いいよ、どこでも」

方向音痴のMOURI ですが、ウマい店への嗅覚は犬並みです。

行き当たりばったりでも、彼が「ここにしよう」と言った店は失敗が少ないから嬉しい。

f:id:garadanikki:20161002155051j:plain

ヒレ肉という看板と、牛のオブジェが派手な店。

店内にも席はありますが、通りに張り出したテーブルが空いてます。

「1~2品頼んでダメだったら、すぐ出よう」

外のテーブルにしたのは、なるほどそういう魂胆か。

 

まずはビールで乾杯。

f:id:garadanikki:20161002155039j:plain

呑兵衛ですが、大きなジョッキは飲めない性質です。

でも何故か、落語の後の一杯は、このくらいヘッチャら。

笑うと喉が渇くのかも知れぬ。

 

つまみ系のメニュー

f:id:garadanikki:20161002155047j:plain

 

こっちは肉のメニュー

f:id:garadanikki:20161002155038j:plain

肉がウリのお店ですもんね、イチボの230gを食べてみよう。

それからアボカドとエビのアヒージョ。

 

ビールをグビグビ飲んでいましたら、そんなに待つことなく配膳されました。

f:id:garadanikki:20161002155043j:plain

美味しそうなんだけど、暗いから、美味しそうに見えない。。。

f:id:garadanikki:20161002155044j:plain

こっちも暗闇で、美味しそうに写らない。

 

仕方ない。こんなロケーションだもの ↓↓↓↓↓

f:id:garadanikki:20161002155040j:plain

 

ところが。。。

ウマイのなんのって

f:id:garadanikki:20161002155042j:plain

柔らかくて、肉の味がガツンとくる。

ステーキソースも絶妙で最高!!!

 

「いいじゃないかこの店」

そうなれば、追加注文ぞっ

 

ニンニクの丸揚げ

f:id:garadanikki:20161002155045j:plain

ブロッコリーとインカの目覚め アンチョビオイル和え

f:id:garadanikki:20161002155046j:plain

 

ステーキ肉が高い分、こういったスモールプレートが沢山あって楽しめる、しかもリーズナブル。

これなら若いサラリーマンが皆でワイワイ食べるのに最適。

f:id:garadanikki:20161002155050j:plain

奥のカウンターにワインの樽があります。

ハウスワイン ( 赤 ) を飲もうよ。

 

美味しいねぇ、楽しいねぇ。

店内の大画面のビヨンセも、楽しそうに踊ってます。

f:id:garadanikki:20161002155049j:plain

 

調子に乗って頼んだメンチカツ

f:id:garadanikki:20161002155048j:plain

玉ねぎがゴロンと入っていて、凄く美味しいんですが、食べ過ぎで苦しい。

深夜に食べるメンチカツ、私は全然平気でしたがMOURI は若干胸焼けしたそうな。

「もう若くないんだかんね」と言われてしまいました。

 

楽しく笑って、フラッと入った店が美味しくて、もう最高の夜でした。

しあわせらーーーー