読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

フランス菓子専門店 Occitanial (オクシタニアル)

おでかけ まるさん食日記

水天宮って、何気に凄いです。

古いものと新しいものが混在している町は、実に素晴らしい。

もう少し範囲を広げて言えば、東京の、、日本橋はやっぱり日本の真中なのでしょう。

 

ぶらぶら歩いていると、古の文豪が住んでた住居跡、落語に出て来る地名、

由緒ある寺社仏閣と名所、それにフランス菓子専門店まである。

 

おお綺麗な、気持ちが明るくなる店じゃないですか。

f:id:garadanikki:20161007191443j:plain

今の時期、ハロウィン色いっぱいのウィンドウですが、

マカロンで作ったタワーが目を惹きます。

 

店内はこれまたゴージャス。

なんか撮影するのは気がひける、というか勇気がなかったので止めました。

なので、勇気と根性と熱意のある方々の写真を見てください。凄いんだから。

下はお店のホームページです。↓ ↓ ↓         

 

昔はマカロン嫌いでした。

歯にくっつくような皮の感じと悶絶するほどの甘さがね。

ところが うん十年経ってマカロン好きになっちった。

マカロンの味が変わったのか、私の嗜好が変わったのかはわかりません。

でも、ここんちのマカロン、一個270円ですってよ。

一個270円の小さなお菓子か、店の写真どころの比じゃなく、勇気がいる。

 

「ふたつください」

「かしこまりました。ご進物ですか?」

「いえ家用です」

「お持ち帰りのお時間は?」

「2時間ほど」

「1時間以上の場合は、有料でドライアイスがございますが、いかがいたしましょう」

「・・・お、お願いします」

「雨用の袋もおつけしておきますね」

「あ・・ありがとう」

 

二つのマカロンご購入に、これほどのサービスですもの。

ひとつひとつ、こんなパッケージになってます。

f:id:garadanikki:20161007185742j:plain

栞もオシャレ

f:id:garadanikki:20161007185741j:plain

うおーーいーーー

この美しいフォルム、非の打ちどころがない

f:id:garadanikki:20161007185743j:plain

 

頂戴いたしまする

まずバニラから

f:id:garadanikki:20161007185744j:plain

おいしーーーー

甘いです、甘いですが、外のコーティングの薄さと中のサクッと軽い食感、

そしてバニラの厚みがとても とてーも計算しつくされています。

神業か? これは。

 

それではフランボワーズを

f:id:garadanikki:20161007185745j:plain

なんじゃこれはーーーー

中央にジャム入りです。

こちらも外の堅さと中のサクっと感が小気味よい。

白いクリームとジャムの酸っぱさがまたいいコントラストではないですか。

 

いやいや。

これなら270円でも仕方ないかも、と思えてきました。

 

商品を手渡された時、こんなことも言われました。

「とても壊れやすいので、お持ち帰りにご注意くださいませ」

そうだわよね。

帰って箱あけたら、潰れてたなんてことになったら、ショック大きいですよねマカロンの場合。

 

通りを隔てた向う側、甘酒横丁には老舗の人形焼きや、うまい煎餅の店があります。

日本では昔から、製造過程で欠けてしまった煎餅なんかを集めて、

家庭用に安く提供する習慣、ありますね。久助だなんて可愛い名称つけて。

 

しかしマカロンに関しては、久助じゃあシャレにもならんかも。