読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

柳橋~洋食 大吉

おでかけ まるさん食日記

久し振りに柳橋を歩きました。

やはりこの景色はいいです。

f:id:garadanikki:20161103100519j:plain

頂き物をしたので、そのお返しに小松屋さんで佃煮を買います。

色々あって悩む、、、うーん。

f:id:garadanikki:20161103100853j:plain

やっぱり自分の好みで、しらす山椒にいたしましょ

佃煮を買ったら、お昼ご飯。

とぼとぼ歩いていたら、ルーセントギャラリーのT字路を行った先に気になる看板。

f:id:garadanikki:20161102130124j:plain

洋食 大吉

渡ってみよう。

f:id:garadanikki:20161102130116j:plain

地下のお店か、、、

おやおや?

f:id:garadanikki:20161102130117j:plain

ショーウィンドウに池波正太郎さんのコーナーがある。

f:id:garadanikki:20161102130118j:plain

f:id:garadanikki:20161102130119j:plain

このお店のことが書いてあるんですね。

ランチタイムのメニューはこれか。良さそうじゃないですか。

f:id:garadanikki:20161102130121j:plain

入ってみます

f:id:garadanikki:20161102130114j:plain

階段を降りて、右側が厨房。左側が食堂。

f:id:garadanikki:20161102130113j:plain

広い。赤いチェックのテーブルクロスも古き良き食堂の感じ。

f:id:garadanikki:20161102130105j:plain

さーて何にしよう。

f:id:garadanikki:20161102130104j:plain

岩中の豚ロースカツ、、、これが人気メニューらしいですね。

一頭から10枚しかとれない一番美味しい部分とある。

それではカツではなく、その豚ロースのステーキというのにしてみましょう。

値段も張りますが、折角だからその美味しいというやつに挑戦。

 

5分ほどして配膳されたのがこちら。

おおおおーっ

f:id:garadanikki:20161102130106j:plain

凄い量です。200gだったか

 

切ってみた

f:id:garadanikki:20161102130111j:plain

「堅っ」

・・と思いました。ところが違った。

堅いと思ったのは悪いことではなく、身がしまっていて弾力があって、

良い肉を噛むのはこんなに幸せなことなんだと気づかされてくれる。

 

日本の、例えば牛肉は綺麗なサシが入っていて溶けるほど柔らかいでしょう?

あれはあれで美味しいと思う。

だが「肉を噛む」という行為を忘れてしまいがち。

噛むほどに肉汁が出て、アミノ酸と焼き目の醤油味と合わさって口の中に広がる。

口中にとどまる時間が長いというのも嬉しいものだとわかりました。

 

何より驚いたのが脂身です。

f:id:garadanikki:20161102130108j:plain

レモンの上、肉の1/3くらいが脂身なんですが、それが感動するくらい美味しいのです。

いい脂は、こんなにも美味しいものかと吃驚。

これは凄い。

宮内庁からも礼状が届いたとありましたが、わかるわかる。

 

こういう味噌汁は微妙なものだと思っていたけれど、これまた美味しいのですよ。

f:id:garadanikki:20161102130109j:plain

もしかしてお肉のお出汁? そんなことはないか。

でも、かつおでもなく昆布でもなく、何だかわからないんですがキチンと奥深い出汁がきいていて、それが味噌と良く合うのです。

 

いやぁ。感動しました。

久し振りに「ごちそう」を食べました。

 

最期の晩餐に何食べたい?と聞かれたら、

しばらくは「洋食 大吉の岩中豚ロースのステーキ200g」と願うと思います。

本当に美味しかった。ごちそうさまでした。

f:id:garadanikki:20161102130123j:plain