読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

garadanikki

日々のことつれづれ 駄目駄目さんのガラクタ日記

豊橋 5 渥美線

美味しいカレーうどんを食べた「大正庵」さんは、

渥美線の柳生橋駅の近くにあるお店です。

f:id:garadanikki:20161217161808j:plain

大正庵の女将さんは気持ちの良い方で、会計の時に話込んでしまいました。

 

「カレーも、うずらも、それからすぐきも美味しかったです」

「そうですか? 良かったです。とろろ飯ってカレーと合わさると洋風に変りますよね。」

「そうなの、ビックリしちゃった。

 お蕎麦屋さんのカレーうどんって、和風だしでしょう。

 玉ねぎじゃなくて長ねぎの青いところもふんだんに使ってるし、、、

 でも和風のはずが、大正庵さんの手にかかると、洋風ドリアになっちゃうのね」

 

≪ 福神漬けなどの漬物をつける ≫ という決まりも、自家製のすぐきで成功してますもの、すぐき独特のキリっとした風合が、フライにしたウズラを引き締めてる。

 

「すぐき、上手に漬かってますね」

「嬉しい。渾身の作」と、笑顔の女将さん。

 

「スタンプラリーされますか? だったらハンコを」という女将さんに、

「残念ですけど明日東京に帰るので」と、辞退し帰りの道をお聞きしました。

 

女将さんのおススメで渥美線に乗ります。

f:id:garadanikki:20161217161809j:plain

ローカルな駅なので、歩いた方が早そうと考えてましたが、

「いえいえ、かなり頻繁に来るんですよ。

 この辺の人の大事な足なの。本当に便利なんだから」

そりゃ失礼しました。

f:id:garadanikki:20161217161811j:plain

無人駅なんですね、今ではこういう機械もあって便利だわ。

スイカを「ピッ」で、いいんだもの。

f:id:garadanikki:20161217161810j:plain

のどかな風景。

綺麗な町、豊橋。

f:id:garadanikki:20161217161812j:plain

電車がやってきた。

ホントに待つこと数分

f:id:garadanikki:20161217161813j:plain

渥美線「ばら」号ですか。

可愛い。

 

ほんの数分で新豊橋に到着。

晴れた空にそびえるは、駅前に建つ「ホテルアソシア豊橋」

いいホテルです。

f:id:garadanikki:20161217161816j:plain

 

おまけの楽しいもの )))
f:id:garadanikki:20161217161748j:plain

柊に、消火栓。

流石豊橋!!! 消火栓も手筒花火なんだから www

f:id:garadanikki:20161217161746j:plain

 

おまけのおまけ

かれーうどんの件がなければ食べたかった提灯定食

f:id:garadanikki:20161222110354j:plain